ユーカリのリースを作って以来、リース熱が冷めず、庭の植物を刈り取っては、いろんなリースを作ってます。

何か理由をつけて、植物を刈り取りまくってるんですが、「あ、そろそろオリーブ剪定しなきゃだな」とか「タイムが生い茂ってきてるから、冬が来る前にちょっと刈り取ろう」とか、

植物たちは、私が庭に一歩踏み込むと、「今度は俺たちが刈り取られる番だ」って、戦々恐々としてます。

 

昨日作ったオリーブのリース。

 

 

 

 

とっても可愛くて、頭にのっけて走りたくなりますね。なりませんね。

 

今までは、クルクル巻きつけて丸める方法でしかリースを作れなかったんですが、さすがにこの作り方ばかりでは同じようなものしかできないので、

やっと新しい作り方を覚えました。植物で小さなブーケ(小束の花束のようなもの)を何個も作って、土台(輪っか)に縛り付けていく、という作り方です。

リース作りの基本なんだろうと思うんですが、なんとなく難しそうな気がして、今までやったことがなかったんですが、やってみたら時間はかかりますが、

難しいことはなく、いろんな種類の植物を一つのリースに取り込めてものすごくいいです。

今までのリースは、ユーカリならユーカリ、オリーブならオリーブ、っていう単体しか作れなかったので、レベルアップした気がして嬉しいです。

 

こちらが、新しく覚えた作り方で作った渾身のハーブリース。

 

 

 

 

 

蔓みたいに育ったタイムをグルグル巻いて作った土台に、フレンチラベンダー 、イングリッシュラベンダー 、ローズマリー、タイム、オリーブ、チェストベリーで小束を何個も作り、ワイヤーで縛りつけました。なんという可愛さ!

 

 

 

 

そして、こちらがリースオールスターズ。

もう可愛さが止まらない。

 

 

 

 

そして今日は、創作意欲が湧き過ぎて居てもたっても居られずテーブルリースも作りました。

 

 

 

 

 

 

もう飾る壁がないから、テーブルリースはいいですね。ガラスの器に水を張って、野葡萄の蔓をグルグル巻いて入れ、蔓の隙間にミントやセージやラベンダーを挿して作りました。これだとお水がないとすぐに萎れてしまう植物でもリースが長く楽しめて良いですね。カラフルなお花を挿しても可愛くなりますね。

 

 

 

 

 

 

 

さっそく、お昼にテーブルに飾ってイワシフライと味噌汁を食べましたが、食卓の内容とハーブリースが合わなすぎて残念でしたが、満足でした。

 

突然、家中にリースを飾りまくって、義父に頭のおかしい嫁って思われてる感がなくもないですが、優しいのでいつも「いいね」って言ってくれます。笑

犬にまでリースを強要するひどい飼い主ですが、彼も優しいので「しょうがないワン」って言ってくれます。

 

 

 

 

 

 

また何か作ったらアップしますね!

 

 

 

 

 

Margarita (マルガリータ) は小さな料理教室です。 アットホームな雰囲気で美味しい料理を作り、 楽しい時間をお過ごし頂けると思います。異国情緒漂う世界の様々な料理を中心に、 色々なジャンルのお料理を一緒に作りましょう! お気軽にお問い合わせくださいませ! 

E-mail: yuko@margaritashome.com  

万が一、24時間以内に返信がない場合は、お手数ではございますがもう一度メールを送信して下さいますようお願い致します。通常、24時間以内にお返事させて頂いております。その際、アドレスに間違いがないかも、確認をお願い致します。

website:http://margaritashome.com 

Instagram:margarita_kitchen 

Facebook:https://www.facebook.com/margaritahome/