続けてパート2。

どうしても字数オーバーになっちゃうので分割して

 

お見送り。

 

まずは、この日お誕生日のヲタさん。

温かい拍手と「おめでとう!」の声が飛ぶ。

 

続いて、6列目が誘導され、

そのあとに最前列のヲタさんが移動、

さらに7・8列目にも声がかかって、

2・3列目が同じくそれぞれのあとに。

 

いつもと違うなあと思っていたら、この3列はインバウンド組。

最後列のボクたちのあともシアター内に残され、

どうやら、そこでメンバーとの記念撮影があった模様。

 

メンバーが再び登場。

声をかけたいももっちとしおりちゃんには離れてほしいのに

半月前に続いてまた隣同士。

てか、この並び、ほとんど前回とおんなじ。

 

この日も「初恋至上主義」のBGMに乗せて、

なぎちゃんの替え歌リサイタル。

しかし、よくもまあ、つっかえることもなく、

そのうえ、ちゃんと意味の通じることを歌えるもんだと感心。

(この日は、ファンへの感謝の気持ちがテーマだった)

 

待っている間も、目(メンバーの笑顔)と耳(なぎちゃんの歌)で

最後の最後まで心惹きつけられる、チームMのおもてなし。

 

インバウンド組3列を客席に残し、

最終列にも誘導の声がかかる。

 

先頭は今回も、おんたん。

ま「おんたん、お疲れさま~」

し「ありがとうごじゃいました~」(←ニュアンス)

 

5・6人目あたりに、ももか&わかぽん。

ボクの中では、握手歴も推す熱量もほぼ同水準の二人。

 

ももかは、ボクの顔を見るなり、

も「あ~、ありがとうございました~(笑)」

(例の「持って帰る」ネタで覚えてくれてるんだろうか)

 

わかぽんとは、目が合ったような、合わなかったような。

 

あみまるには、

ま「あみちゃん、卒業公演も頑張ってね」

あ「ありがとうございます(笑)」

 

半月前、これが最後と思って声をかけたのに、

まさかそのあとにさらに二度見られるとは。

 

なぎちゃんは、替え歌で忙しそうだったので会釈のみ。

 

ラスト3人、まずは、しおりちゃん。

ま「しおりちゃん、月のかたち、マジかっこいい」

し「あら。ありがとう(笑)」

 

ラス前、ももっち。

も「お~、ま~ちゃん」

ま「真正面から、(曲の)“真正面”見たで」

も「あははは」

 

感想は、モバメへの返信と週末の握手会でたっぷりと。

(結局、握手会は延期で叶わず)

 

しんがりは、あんちゅ。

ま「お疲れさま」

あ「ありがとうございました~」

 

今日は調子がよさそうだった。

 

出口を出たところでキャメロン氏と挨拶を交わし、

集合写真を買って、外へ。

 

 

遅れて出てきたインバウンド組が

名残惜しそうになかなか立ち去らず、

ロビーがしばらくごった返して、

この写メを撮るのにかなり時間を要してしまった。

 

 

その気持ちもよく分かる。

 

帰りは久しぶりに、なんばウォークの「古潭」で遅めの夕食。

 

 

日本を含め、11の国と地域の連合軍だったけど

NMB48という魅力的な核のもとに

見事に一致団結した夜だった。

 

ヲタクに国境はなく、アイドルは世界の共通語。

 

インバウンド組の皆さんには、

このあともぜひ大阪の街をたっぷりと楽しんで

いい印象だけを持って母国へ帰っていただきたい。

 

次回は、公演レポの締めくくり、

恒例のオールメンバーレビューを。