愛知県警察学校視察レポート 2014-5-21 | 東ゆうこ(ひがしゆうこ)オフィシャルブログ「小さなチャレンジ、大きな未来!」Powered by Ameba
2014-05-21 18:12:02

愛知県警察学校視察レポート 2014-5-21

テーマ:ちゃれうさ日記
今日は春日井市廻間町にあります愛知県警察学校の視察に行って参りました。



(愛知県警察のHPの写真より)


こちらの警察学校は、昭和43年3月に約12万平方メートルある広大な敷地に建てられました。
現在では、495人(うち女性83人)の在校生徒がるということです。

警察官になる人は、みんなまずはこの警察学校で職場実習も合わせて15ケ月~21ケ月行い、警察官として必要な知識・技能を習得した後、交通課の巡査として勤務し、その後2~4年後に試験を受けて巡査部長へと昇進し、さらに昇進後最低4年の経験を積んだ後に試験を受けて警部へと昇進をして行くのだそうです。

計算すると、大卒ですぐに警察学校に入校すると24歳で巡査部長になり、その4年後の28歳に警部に昇進するというのが、ストレートに昇進した時の形になりますね。

この後、それぞれの部署でまた昇進のための試験があると思うのですが、昇進し続けようと思うと警察官もなかなか大変ですね。


さて、今回の視察では、英語の授業逮捕術の訓練を見せていただきました。

まだ警察学校が始まって2ケ月目ということもあり、生徒のみなさんはみんな緊張していたような気がしますが、しっかり頑張ろう!という意気込みはその空気から感じられました。


英語の授業はアメリカ人の先生が道を聞かれたときにどう答えるのかという内容のものを行っていました。
(It was very good)

これから愛知県は特に、3年後のラグビーや4年後のフットサルなどのW杯の招致を目指しているので、海外からの訪れる外国人の対応も多くなるとも思います。
現場を担当する交通課の若手の警察官は特に、実践的な英語をぜひとも身につけていただきたい!と思います。


逮捕術の訓練は、みんな大きなかけ声を出して汗をたくさんかいて頑張っていたと思います。
女子も男子に混じって訓練しておりました。

女子でも技や術を身につければ、一般の男性を相手に十分対応できると思うので、ぜひとも女子も頑張って強い警察官になっていただきたいと思います。

最近では女性の警察官志願者が増えてきたので、警察学校の寮の建物などのハード面の充実も今後もっと必要になってくるだろう、と警察学校の副校長はおっしゃっていました。


ということで、警察学校の視察は簡単ではありましたが、普段中で何が行われているのかなかなか見させていただく機会がないので、今回の視察はとても有意義でした。




ゆうたんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース