鹿追町立瓜幕小学校 | 東ゆうこ(ひがしゆうこ)オフィシャルブログ「小さなチャレンジ、大きな未来!」Powered by Ameba
2012-11-07 06:06:10

鹿追町立瓜幕小学校

テーマ:ちゃれうさ日記

 
子どもたちが作った新聞。新聞コンクールで賞を取ったということです。
 


<町村俊彦校長先生インタビュー>


 

 (町村校長先生は、とっても面白くて楽しくて熱い方!

これくらい親しみやすくて生徒一人一人を大切に思う校長先生だったら生徒たちも、そして他の先生方も自然に一生懸命頑張れるのではないかと感じました。)


 

★カナダ学、新地球学が特徴である。

★昭和63年開設であり、昭和とともに歩んだ歴史である。


 

★留学生と地元の子供が交流し成長する効果がある。

実数は200人、のべ400人以上が留学した。


 

★毎月発行される学校だより内に、留連協コーナーを載せている。


 

★カナダ学通信を発行している。

PTAも、ヌプカウシという通信を発行している。


 

★留学生の親も運動会に参加し、学習発表会では夜に合唱練習を行い、母親が合唱を発表する。

★留学の効果として、先生、留学生と生徒の交流が主に挙げられる。

名も知れぬ村に、色々な人、親、かかわる人たちが来る・・・


 

★4月は運動会、学習発表会があり、親も訪れる。


 

★地元の子が留学生の家に遊びに行く事も起きている!


 

★愛知のNPO留学は進んでいない。教育委員会がかかわっていないとなかなかすすまない。委員会には「地域が盛り上がってくれないと行政は口出しできない」と言われてしまう・・


 

★校長室は塾状態で、休み時間には算数苦手な子が習いに来ている。


 

★可愛い子には旅をさせろ、ではないが、たくましく育っている。歴史があるおかげで、地元の生徒も留学生をすっと受け入れる。来て一週間もするとわからなくなる。とけこむのが速い。


 

★四味一体で、今までやって来られた。留連協、地域、家庭、学校 

★留学生OBは、夏休みにサマーキャンプなどに来る場合があるが、個人的に学校にぷらっと来る事はない。

★土日の中心は釣り。ライディングチームで馬の世話もする。馬に興味があって来る子もいる。馬近くで生活したいと見学に来た子が今年は5組もいた。

★指導員の方が勧誘に(本州に)行くついでに元留学生の様子を見る事もある。

 
明日の学習発表会に向けて、劇の最終リハーサルをやっていました。70分に渡る大作ということです。  

yk

ゆうたんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース