うかれて、オーストラリア🇦🇺のオペラハウスの前で憲兵さんと❤️❤️

モデル時代、拒食症になり、身長172㎝で体重が40㎏の頃‼️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

私は、疲れているだけだから点滴したら、治るものだと鷹をくくっていた。

まずは、眼科に行き斜視を相談。

眼科の先生は、大きな病院に紹介状を書き、何も診察してくれなかった。

神経内科にいけと言われ、少し怖くなり、ほったらかしにして2週間。

斜視が治った‼️

私は、日常生活を送り続けた。

その後、何を食べても水を飲んでも受け付けない体になった。

変な話、水を飲んだ途端に吐いてしまうのだ‼️

一週間で10㎏以上痩せたが、ダイエット🈲🍔⚠️のようで嬉しかった。

近所の割りと大きな神経内科に行ったが、病気は分からず、半年が過ぎた。

段々、そのうち手に力が入らなくなり、お風呂を出て体を拭く力が無くなった。

当時、小学生の娘達に体を拭いて貰っていた。

数週間後、火傷をしても感じない手に違和感を覚えた。

徐々にフライパンが持てないほど握力が落ちていくのが分かり焦りだした。

段々、料理さえ出来ず洋服も着替えられなくなり、このままでは、❌だと感じ病院に行き入院♿️🏥する覚悟を決めた。


直ぐに帰れると思う軽い気持ちで🎵

それから、3ヶ月間の入院♿️🏥生活が続くとは思っても見なかった。

入院直後に、髄液を採取したのですが、その時の痛みが全くなかったのには、少しビビったけれど😃(笑)

まだ、この頃は髄液を東北病院に送り、検査結果が出るのに数ヶ月かかる時代、担当医からは、脊髄症としか言われず不安で居たたまれなかった時期でした。

半年後になっても症状はよくならず、自問自答の日々を過ごし、再入院した半年後に多発性硬化症と告げられました。

これから、おいおいと、再発と寛解期を繰り返し今の状況になった私の様子をお話致します。

難病申請しても、数ヵ月は申請が通りません。身障者手続きも、倒れてから1年半後しか手続き出来ません。
本当に、困っているヒトはどうすれば良いのでしょうか⁉️国は、そういう事も考えていただきたいです。

皆様も、体にご自愛下さいませ。

皆様、良いねとフォローをよろしくお願いいたします。