芥川龍之介『蜘蛛の糸』のあらすじ | 吉田裕子(塾講師)の国語エッセー | 古典(古文・漢文)・近現代文学・歌舞伎・狂言

吉田裕子(塾講師)の国語エッセー | 古典(古文・漢文)・近現代文学・歌舞伎・狂言

”国語を学ぶことで、感受性と対話力を磨いたら、人生はもっと楽しい。”という思いのもと、ブログや書籍で情報を発信する他、定期的に「大人向け古典講座」を開催しています。予備校・高校・カルチャースクールの講師、ライター。


テーマ:
蜘蛛の糸 (日本の童話名作選)/偕成社



近日、九段生涯学習館にて、子ども向けの「小説の書き方」講座を担当します

読者にきちんと伝わる文章の書き方や、物語を魅力的に彩るキャラクターのつくり方など、小説を書くコツをお話しする2時間講座。お話をする上で欠かせないのが、小説の構成(組み立て)のお話です。

基本の「起承転結」をご紹介するのですが、その際に例の1つとして使わせていただくのが、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』です。

原作は3段落に分かれていますが、今回の講座資料では「起承転結」が分かりやすいように4つに段落分けした上で、あらすじをまとめてみました。

…………


 お釈迦様がある朝、極楽の下にある地獄の様子を見ると、多くの罪人が苦しむ中に、犍陀多(かんだた)という男を見つけました。犍陀多が過去に一度だけ良いことをしたのを思い出したお釈迦様は、彼を地獄から救い出してやろうと、一本の蜘蛛の糸を下ろしました。

 血の池で浮いたり沈んだりしていた犍陀多は、極楽からたれ下がる蜘蛛の糸を見て、「この糸をのぼれば助かる」と考え、糸につかまってのぼり始めました。地獄と極楽の間は何万里もあるので、なかなか到着しません。休憩がてら下を見ると、血の池も針の山もはるか遠くになっていたので、犍陀多は嬉しく思いました。

 続いて、無数の罪人が自分に続いてのぼってきていることに気が付きました。重みで糸が切れてしまうことを恐れた犍陀多は、「この蜘蛛の糸は俺のものだ、下りろ」と喚きました。すると、蜘蛛の糸が犍陀多の所から切れ、彼は再び地獄の底に落ちてしまいました。

 それを見ていたお釈迦様は悲しそうな顔をして、蓮池を離れました。極楽の蓮の花はいつもと変わらず、良い香りをただよわせています。



★お問い合わせやご依頼はホームページまで。間もなく(6/17(水))、新刊『品よく美しく伝わる 「大和言葉」たしなみ帖』(永岡書店)が発売です。

★これまでの著書…『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など。産業能率大学総合研究所の通信講座『文章力を磨く』のテキストも執筆いたしました。

都内の大学受験塾に勤務する他、NHK学園 市川オープンスクール産経学園 新百合ヶ丘校で古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。

吉田裕子(国語講師(予備校・高校・カルチャー)、ライター)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります