井の頭公園に来たら井之頭弁財天にもぜひ♪ 梅の時期がオススメです | 吉田裕子(塾講師)の国語エッセー | 古典(古文・漢文)・近現代文学・歌舞伎・狂言

吉田裕子(塾講師)の国語エッセー | 古典(古文・漢文)・近現代文学・歌舞伎・狂言

”国語を学ぶことで、感受性と対話力を磨いたら、人生はもっと楽しい。”という思いのもと、ブログや書籍で情報を発信する他、定期的に「大人向け古典講座」を開催しています。予備校・高校・カルチャースクールの講師、ライター。


テーマ:
{D5F494CA-1ADF-42BA-8C0C-7E830CC18809:01}


お散歩の途中、井の頭公園にある「井之頭弁財天」にお参りしました。

吉祥寺駅から来ると、公園の右奥、噴水の向こうにある真っ赤な建物です。奥まったところにある関係で、基本的には静かにお参りできるところです。(年始や1月の週末などは混み合うこともありますが……)


この堂の歴史は古く、10世紀に源経基(みなもとのつねもと、清和源氏)が弁財天女像をこの地に安置したのが始まりだといわれています。
その後、あの源頼朝が、東国の平安を祈願してお堂を建立したんだとか!

江戸時代には、井の頭池という水源の守り神として、また、財産や芸能・音楽に関するご利益のある弁財(才)天として、人気を集めました。当時の中村勘三郎をはじめとする江戸の歌舞伎役者たちも、芸の向上を祈ったと言われています。

安藤(歌川)広重の浮世絵『名所江戸百景』のシリーズにも「井の頭の池弁天の社」が登場します。


{09A9AA58-648E-4B36-ADB9-382F81FDFBFA:01}


井の頭公園といえば、都内でも有数のお花見スポットですが、桜だけでなく梅も綺麗なんですよ。この弁財天の近くには、白い梅や赤い梅が美しく咲き誇っています


{4ED23826-DF83-4FEF-BD3D-7ED963351EE2:01}

{D1BF4C57-4F7E-4E6E-BA18-0D043BB3E22C:01}


敷地内には、弁天堂以外にも見どころがありますニコニコ 例えば、銭洗弁天。

鎌倉の銭洗弁財天宇賀福神社が有名ですが、ここにも、お金を洗い清めるための水場があるのです。備え付けのざるを使ってお金を洗えば、金運がアップすると言われていますよ


{561A452E-D9BF-4AD9-AA5E-20245801A3B5:01}


弁天堂の左奥には、不動堂。

{3FA89BBB-2A87-49CA-B2BC-92064FAAC38B:01}


老人の頭を持った白蛇 宇賀神の像や、観音様の像もあります。

{5946C2C3-50EE-4129-86FB-3DEF5E98290E:01}

{9CFA8100-541C-466E-A2B3-4758FF4E56AE:01}


★ホームページはこちら。著書(『美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法』(かんき出版)、『頭をよくする整理のしかた』、『人生が変わる読書術』、『正しい日本語の使い方』、『大人の文章術』、『源氏物語を知りたい』、『東大生の超勉強法』(枻出版社)など)でも情報を発信しております。

都内の大学受験塾に勤務する他、東急セミナーBE二子玉川校産経学園 新百合ヶ丘校NHK学園 市川オープンスクールで古典入門講座を担当しています。また、月1回開催の古典サークル「吉祥寺 古典を読む会」も主宰しております。

吉田裕子(国語講師(予備校・高校・カルチャー)、ライター)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります