トルコの民族舞踊

テーマ:











Rixosという世界有数の五つ星ホテルが、

ドバイをはじめ、

イスタンブール、ベレック、アンタルヤ

とトルコ国内にもいくつかある。



シネマコンプレックスやショッピングモール、

プライベートビーチまで備わった、

エンターテイメント融合型マンモスホテル。











ちっちゃな子供が駆け回っていたり、

水着の金髪ねーちゃんたちが日光浴してたり、

裸のおじーちゃんたちがポーカーをしていたり。

人間観察すら楽しめる、Orange Beach。














思いがけず、催し物に遭遇。

フードフェスティバルとライブステージ。


来場者にはトルコ伝統品のスカーフが巻かれる。



















のびーーーるトルコアイスを堪能♡

昔日本で流行った市販のあれとはちょっと違ってミルクっぽい味。





そこに突然、トルコ民族舞踊のパフォーマンスが始まった。



男女5人ほどが手をつないで並び、

フォークダンスというよりは、

コサックダンスのような細かいステップを刻み、

時に雄叫びのような甲高い声をあげる。








Wikipediaによると、

地域によって踊り方は異なりますが、いくつかのパターンがあり、集団でしっかり手をつなぎ列になるもの(ホロン、ハライ)、集団で一人ずつが両手を挙げるもの、2列になって相対し踊るもの(カルシュラマ)などがあります


だそう。



ロマンスグレーのおじさま達がカステラ一番?

最初はプッと笑ってしまったけど、

気づけば目が釘付け。



しまいには観客のこちらも、

手を叩いてステップを踏んで、

ノリにのっているではないか!




必死に躍るおじさま達と、

それを横目にケバブサンドを喰らう少年と、

最後に泣き出す坊やにご注目。↓↓