秋も深まり、ぐっと冷え込み、街の木々が色づいてきた今日この頃。

全国各地で紅葉狩りが楽しめる行楽シーズン到来。

今週末はどこへ行こう?とお考えの方に是非オススメしたい、都内近郊から日帰りで行ける紅葉スポットをご紹介します。

 

 

 

 

8月の府中市・武蔵小金井市に続き、東京都総務局が発足した「多摩の魅力発信プロジェクト #たま発」の一環で、この秋冬も多摩地区へ取材に行ってきました。

 

今回私が選んだのは、高尾山と並び、都内有数の登山の名所として知られる「御岳山(みたけさん)」です。

都心から電車で揺られること約1時間半。青梅駅に辿り着きました。

(新宿駅からなら中央線で一本!)

 

 

 

 

都会の喧騒から離れ、山々が聳え立つ大自然に囲まれた青梅市。

同じ東京都とは思えないほど、驚くほど空気が澄んでいて、体感温度も二度くらい低いような...?

ずいぶんと遠くの田舎町に来てしまったような、そんな新鮮な気分です。

 



 

前回の妹に代わって、今回は両親を連れて行くことに!

毎年祖父母と家族旅行は恒例ですが、両親と3人で旅行なんて何年振りでしょう?

 

実家から車で来ていた両親と待ち合わせして、御岳山の麓の駅でもある滝本駅へ向かいました。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

駅前の駐車場に車を停めて、御岳山登山鉄道というケーブルカーに乗って、御嶽駅に向かいます。

 

 

日本人観光客はもちろんですが、実はひそかに外国人観光客からも絶大な人気を誇る御岳山。

車内は色々な言語が飛び交い、世界各国からここまでハイキングに訪れているようでした。

 

 

 

ケーブルカーからリフトに乗り換えて、さらに山頂に近づきます。

徒歩でも登れる距離ですが、手短に景色を楽しみたい方、体力温存した方にはリフトがオススメです。

 

後ろで母親がはしゃいでいる様子。

ちょっとしたアトラクション気分。

 

ケーブルカーからリフトと、山頂までの道のりも十分に紅葉が見られて、気分が高揚します。

 

 

大展望台駅に到着。

眼下には山々の向こうに東京の街並みが広がりました。

 

お金を入れて双眼鏡を覗くと、遠くにスカイツリーや東京タワーが望めるとか?

残念ながら父は制限時間内には見れなかったようです。

 

 

image

 

 

 

 

 

ザクザクと紅葉を踏みしめる足音が秋の音色として感じられます。

 

 

ふと見上げれば、青空と赤、黄色、オレンジの紅葉のコントラストがなんとも美しく感動的でした。

 

今年は、8月に3週連続で晴れ間がなかったり、10月に台風が二度も訪れたり、なんだか調子狂いのお天気でしたが、幸運にもこの日ばかりは絶好の行楽日和でした。

 



 

10月14にから11月23日までは天空もみじまつりが開催されています。

 

この後は、ペットのお祓いができるパワースポットとしても知られる神社をレポートします。乞うご期待→→

 

 

 

 

AD