会社員から自営業へ【保険や税金、経費について考える】 | 石黒商店の嫁ブログ

石黒商店の嫁ブログ

4人の子育て真っ最中に、旦那が独立したいと言い出した。
企業勤めから一変して、自営業、家族経営に!!
「ちょっと〜、生活は大丈夫?!」
初めての起業・独立についてや費用の事
お店の紹介を家族ネタのイラストと交えて紹介して行きます♪

おはようございます★

石黒商店の嫁です!

 

昨日は、長男のPTAで

朝の8時半〜昼までお手伝いでした。

 

最近は小学校のお手伝いばかりだったので

なんだか新鮮でした〜

 

帰り道、学校に係で向かう息子と偶然ばったり♪

制服姿を見ると、なんだかこんなに大きくなったんだと

しみじみしてしまいます。。。

image

 

 

話は変わって、今回はお金のお話です。

 

 

私は今まで、両親も会社勤めの家庭で

私自身も企業に属していた為

「税といえば消費税」

「保険といったら生命保険」くらいしか

頭に浮かぶ機会がありませんでした。

 

 

しかし今回起業するにあたって

個人事業主=自営業になるわけです。

 

会社に勤めていたので

今までは放っておいても

 

働いた分の給与から

税金が自動的に引かれ

年金が支払われ

年末調整までされていたのです。

 

 

全部やってもらっていた訳ですから

「節税」や「保険」「経費」についても

全く考える事すら無かった私。

 

 

でも、自営業になったら

それらを自分でやらなければなりません。

 

 

「税理士雇って、全部やってもらいなよ」

と旦那や知り合いに勧められたのですが

 

「果たして、全部丸投げしていいのか。」

とモヤモヤしていました。

 

 

モヤモヤしている中で

自営業の方が良く

「領収書お願いします。」

せっせと領収書を集めていた光景が

その時頭に浮かびました。

 

 

領収書。なんで集めてるんだろう?

 

 

全くの無知なので

専門書を取り寄せて、勉強する事にしました。

 

そこで初めて知ったのは

給与所得控除というものがあった事。

 

なに?それ?と言う方!!仲間ですね!

 

なんなのか、簡単に説明しますね♪

では、いってみましょーー♪

 

 

 

【会社員の場合】

明日は会社の大事なプレゼンだ。

今着ているワイシャツ、もう汚れているし

明日の為に新調しよう。

 

こんな時、会社員の場合

ワイシャツ代は会社からではなく

自分で支払っていますよね。

 

給与所得控除とは、簡単に言うと

会社員の必要経費を控除するものです。

 

最低65万円、最大で220万円にもなる

「給与所得控除」があるそうです。

(2020年に価格変わりますが。)

 

仕事に必要な経費(自己研鑽の費用など)を

個人が負担したとみなしてくれるもののこと。だそうです。

 

 

「俺は仕事の為に一切お金を使わない主義」

という方は控除を受けれないのでしょうか??

 

答えはNO!!

 

いいんです。一切お金を使わなくても。

 

会社員の方は

一定の金額を給与から減らして税金の計算をしてもらえてる

のです。

 

仮にこの制度が無かったら。。。

仕事の為に色々揃えても、自己出費なだけで

何の恩恵も無い訳です。

そんなの嫌ですね〜。

 

私はこの制度を会社員だったくせに知らなくて

「高いスーツ買いたくないな〜」なんて

お金を出し渋ってました。

 

しっかり控除されて節税対策されてるんだから、

割り切って買ってしまっても良かったかもしれないw

(気持ちの問題ですが)

 

 

【自営業の場合】

個人事業主(自営業)の場合は、

給与所得控除はありません。

 

自営業には、そのかわり必要経費が認められています★

 

よって自分で経費を申請する必要があるんです。

 

「経費ってなんでも経費にできるの??」

 

いやいや、できません。

 

「事業に関係する事に使用したお金が経費になります。」

 

例えば、飲食店の場合でしたら

 

「商品開発のために買った食材費用」事や

「お店の制服を買う」ために支払ったお金が

ここでいう経費とみなされます。

そのたぐいの領収書はとっておきましょう!!

 

 

しっかり領収書を集めて

「この分は必要経費です。」と申請する事で

儲け(売り上げ)と分けているんですね。

 

 

会社員との大きな違いは

経費になるといっても、

結局は自分がお金を払ったものが経費になっているということ。

 

会社員のように、お金をつかってもつかわなくても

一律に「給与所得控除」を受けられるわけではない

というのが自営業の悲しい所。

 

経費をたくさんつかって税金が減ったとしても、

手元に残るお金がさびしいものになってしまう

という現象が起きかねないのが。。。注意点ですね。

 

 

自営業になるにあたって

お金の勉強は必須だなーと感じた

未熟な私ですが

 

 

幸いにも、先日旦那の16年来の友人であり

素敵な美容室を経営していらっしゃる

 

https://www.marvelbacks.com

marvel backs straight studio 

マーベルバックスストレートスタジオの

坪井代表(めっちゃイケメン)

とても誠実な会計士さんを紹介していただきました。

 

 

その方は、良く聞く

「会計士に丸投げ」という方針は一切やっておらず。

 

こんな素人の私に

1から会計ソフトを使っての

お金の流れの把握の仕方を指導してくださるそうです。

 

 

正しい納税と、正しいお金の把握の仕方。

 

 

これって、一生の知恵になるもの。

子沢山で忙しいけれど

絶対諦めないでついていこうと心に決めた!!

 

 

私は今までリクルートにまつわる仕事をしていて

様々な職種の採用に携わってきたんだけど

「飲食店の雇用水準の低さ」に

大きな疑問を抱えていたので(汗)

(飲食経験ももちろんある)

 

 

お店で接客をしながら、

商品の善し悪しを見つめ

お店の経理を回して行くことで

 

打開策を見つけられたらいいな、なんて思いました。

 

 

自営業=働き方改革なんではなかろうか。

 

 

 

人生って、勉強の積み重ねなんですね。

 

 

 

そんな独り言をぶつぶつ言っている私です。

 

 

打ち合わせで食べたパンケーキが

異様においしかった。

image

 

 

 

今日もがんばりましょう!!

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング