しなやかで美しいあなた色の花ひらく アート作家「アトリエ優有」

しなやかで美しいあなた色の花ひらく アート作家「アトリエ優有」

あなたに寄り添い、励ます絵を描かせていただきます。
宇宙、龍、鳳凰、蓮の花、日本の女神など
オーダーであなたのためだけの特別な一枚を

NEW !
テーマ:

 

 

今日は秋分の日。

 

 

秋分とは春分と同じように、太陽が真東から昇り
真西に沈む、昼と夜が同じ長さになる日のこと。


秋分の日を中心とした1週間が秋のお彼岸です。

 

 

昨日、わが家もお墓参りへ行ってきましたが、
お彼岸にお墓参りに行く風習は、
太陽に関係しているそう。


仏教では、生死を超えて到達する悟りの世界を「彼岸」、
その反対側の私たちがいる迷いや煩悩に満ちた世界を
「此岸」(しがん)といいます。


彼岸は西に、此岸は東にあるとされていて、
太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、


彼岸(あの世)と此岸(この世)が

最も通じやすくなると考え、
先祖供養をするようになりました。


また、お彼岸は春の種まき、

秋の収穫とも結びついていて、

 


自然への感謝や祈りが

ご先祖様に感謝する気持ちにもつながって、

大切な行事となっています。


ご先祖と魂をつなぐ日なので、お墓参りはもちろん、
神社仏閣へのお参り、しばらく会われていない方は、
ご両親を訪ねてみられるのもおすすめです。


忘れがちですが、一番近いご先祖様は両親。
風水の先生によると、開運の基本は
親子関係が良好であることだそうですよ。


「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉の通り、
残暑も落ち着き、秋の気候へ。


この日を境に日の出が遅く、日の入りが早くなり、
読書や趣味に没頭できる秋の夜長へ向かいます。

 

 

 

アトリエ優有からのお知らせ
アート注文制作のご案内
→詳しくはこちらから
メルマガ「色のこころ、和のこころ」
→ご登録はこちらから

※お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ    

テーマ:

 

 

こちらは亡くなった祖母が入院中に

ベッドサイドで見てもらえるように描いた絵です。


どうしてうさぎを描いたかというと、

祖母と私は同じうさぎ年なので。

 


40代で孫がいたなんて、

今の私からするとピンときませんが・・・

 


この頃、もう話せる状態ではなかったので

感想は聞けませんでしたが、

見てはくれていたので良かったかなと。


昭和ひと桁生まれで、自分にも他人にも

もちろん、孫にも厳しかった祖母。

 


でも、家族に言わせると、

「あんたが一番かわいがってもらっていた」とのこと。

 

 

俳画(俳句と絵が一体となったアート)を

描いていた祖母。

絵を描くのが好きなのは祖母の遺伝かも。

 

 

昨夜、会話の内容は覚えていませんが、

祖母と電話をしている夢を見ました。

 

 

何か言いたいことがあるのかもしれませんね。


今はあちらの世界で見ていてくれると思うので、

祖母にも喜んでもらえるように
納得のいく絵を描いていきたいと思います。

 

 

 

アトリエ優有からのお知らせ
アート注文制作のご案内
→詳しくはこちらから
メルマガ「色のこころ、和のこころ」
→ご登録はこちらから

※お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ    

テーマ:

 

 

昨日は京都国立近代美術館で開催中の

「生誕110年 東山魁夷展」へ行ってきました。

 

 

横浜に生まれ、神戸で少年時代を過ごした

東山魁夷(1908-1999)は、
昭和を代表する日本画家のひとり。

 

 

以前にも書いたかもしれませんが、

私の通った神戸の高校の大先輩なんです。

 


尊敬する画家と

同じ場所で過ごしていた時があったなんて
凄く嬉しいんですよね。

 

 

作品の多くに青い絵の具を使うことから
「青の画家」とも呼ばれました。

 

 

 

 

今回、画家の集大成とも言える

唐招提寺御影堂の障壁画が
68面全て展示されていました。

 

 

5度にわたる渡航の失敗の中、

失明し日本の風景を見ることのできなかった

鑑真和上を思って描かれた障壁画、

 

 

これは言葉で表現するより

是非、実物をご覧いただきたいなと。

 


ご覧になられた方も多いかもしれない
白馬のいる風景のシリーズ作品も展示されています。

 

 

 

 

 

ポスターや図録の表紙にも使われている

この「道」という作品。

 

 

人生という道を真っすぐ進んで行くことを

励ましてくれているように感じました。

 

 

見る人の感情とも響きあい、
素直に心を重ねることのできる風景画の数々。

 

 

会期終了の10月8日(月・祝)まで

あと2週間程ですが、おすすめの展覧会です。

 

 

 

アトリエ優有からのお知らせ
アート注文制作のご案内
→詳しくはこちらから
メルマガ「色のこころ、和のこころ」
→ご登録はこちらから

※お申し込み、お問い合わせはこちらからどうぞ    

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス