子どもの『強み」を伸ばせる親になる!

豊川、豊橋、オンライン

 

親子キャリアラボ「子ども才能発見手帳」認定講師の富田 裕子です。

 

 

子どもが不機嫌なときって、どうしてますか?

 

我が家には小学1年生の長男がいます。

 

昨日は学校から帰ってくるなり玄関先で「うおー」と雄叫びをあげ、

家の中に入ってきたかと思いと壁を蹴り、、、

 

明らかに機嫌が悪い!!!!


 




私「どうしたの? 何かあった?」

 「嫌なことでもあった?何かあったなら話を聞くよ」

 

息子「、、、、」

 

(その時は何も言わなかったんですが)

しばらくしてから、ボソッと

 

息子「今日嫌なことがあった」

 

私「そっかぁー、良かったら話聞くよー」

 


息子 (少し怒った口調で)

「家の近くで大きい子たち(中学生)に笑われた、、、」

 

私「そうだったんだねー。なんで笑われたのかねー」

息子「、、、、」

 

 

いつもだったらそんな風に感じてしまう息子が心配になり、なんだかモヤモヤ。

 




そして、「ただ可愛くて笑っただけかもよー」なんて楽観的な思考を押し付けてしまいがちでした。

 

だって息子には楽しく笑っててほしい、傷ついて欲しくないから、、、、

 

 







でも、今日はただただ「そうだったんだねー」と受け止めることができました。

 

それは、長男は五感が敏感なことを知っているから。

 

暗闇やちょっとした音も怖がるし、きっと相手の表情や声のニュアンスで相手の気持ちを敏感に感じ取ってしまったんだろうなあと思います。

 

 

息子の特性や大事にしてることを理解できると、

 

「もう!なんでそんなことするの?」

「この子、この先大丈夫?」

 

って思うことがなくなって、

ありのままを理解できるようになって、

 

そしたら前より愛おしく思えるし、

信頼できるようになって、

 


「どうにかしなきゃ!!」って思わなくなったら、

見守れるようになりました♡



 


息子にはこの感性を大切にしてもらいたい。


だってそれがあなたで、あなたの強みだから、、、


そして、感性が鋭いからこそ環境が大事。知らなかったら選べないけど、知ってたら選べます。


マイナスに思える行動からも、子どもの「大事にしてること」「強み」が見えてきます!!




「子ども才能発見手帳」を通して

そんな視点を持てるようになったら、

子育てがグンと楽しくなってきましたよ。




最後までお読みいただき、ありがとうございます♡