グルメ

裏渋谷にある猟師の山小屋! 荒木山 @ 神泉にて、前菜、サラダ、焼鳥串6本、野菜串1本、本日の一品の梅コースとワインを楽しみました。


 

コメント


▶ コースの前菜 :  自家製のぬか漬け 

大根、きゅうり、にんじんが一人一皿ずつ。
塩気が少なく、しっかり発酵した酸を感じさせる、好きなタイプの味です。




▶ 焼酎のソーダ割り

大きなグラスで!と、わがままを言ったところ、ワイングラスが1番大きいとのこと。
一刻者 (いっこもん)の 赤でつくってくださいました。




▶ コースの前菜 :  だんご汁

だんご汁とは、ひっつみ汁に入っているような小麦粉のお団子に、ゼンマイ、蕨、きくらげ、きのこなどの山菜に、ごぼう、にんじんなど根菜が入った、豚汁にも似たレシピでつくる、九州の郷土料理です。
かつおとジビエ (いのししと鴨)でお出汁をとっているそう。
胃がほんわりとあたたまります。




▶ コースの前菜 :  長芋のゆかり漬け

長芋を梅しそで食べるのも大好きです。
紅しぐれのような、美しいビジュアル!




▶ コースのサラダ

紅芯大根、フリルレタス、水菜、赤・黄パプリカなどを、クリーミーで香ばしいごまドレッシングでいただきます。
焼き鳥までにたっぷりお野菜が出るのは、大歓迎です。




▶ ネプリカロッソ

イタリア プーリア産のグラスワインをいただきます。
ワインは50種類ほど揃っていて、ビオワインも充実しています。




▶ さび焼き

備長炭で焼き上げる、焼き鳥のスタートはさび焼きから。



ささみをレアでいただきます。
お口でつるんと溶ける、しっとり、むっちり具合。
お好みで山椒をかけて。




▶ いのししのバラ肉猪肉串  ~ そば味噌添え ~

いのしし、と言っても、イヤなえぐみはなく、パンチェッタ・アッフミカータのようなバラ肉感と薫香があります。
いのししとお味噌は相性抜群ですが、添えられたそば味噌は、白味噌仕立てで好みのタイプです。
アテにもぴったりでした。




▶ 野菜串 (厚揚げ薬味のせ)

表面はさくっと、中はジューシーに焼かれた厚揚げに、香りのよい、シャキシャキのねぎと薬味がたっぷりトッピングされています。
鬼おろしも気がきいています。




▶ カイケン マルベック レゼルヴァ

ビオのグラスワインをいただきます。




▶ おでんの盛り合わせ (追加)

鶏白湯スープのおでんがおすすめというので、コースに追加しました。
このお皿で500円とはお得!
脂分はなく、あっさりした純博多風のスープ。
絶妙に玉子、だいこん、がんも、車麩、まいたけに鶏のエキスが上品に染み込んでいます。
柚子胡椒をお好みで。




▶ ふりそで

肩周りのお肉を柚子胡椒で。
ぷっくりとボリューミーです。




▶ 北海道産鴨のネギ包み焼き

カモネギ!
ベーコンのようにかりっと焼き上がった鴨が、肉厚でみずみずしい極太ネギを包み込んでいます。
焼き加減が絶妙でした。




▶ 鴨肉入り棒つくね

北海道産の鴨を混ぜたつくねです。
お肉を支えるためか、アイスキャンディーの棒のような、太い串でつくられていました。
スモーキーな香りと、鴨入りならではの奥深い味わいを楽しみました。

▶ 白レバーのムース

鳥かどでいただいたのと同じく、昔懐かしいミルクせんべいにはさまったスタイル。
ミルキーでよわいトースト感のあるおせんべいと合わさると、フレンチでいただくようなクリーミーなレバーの魅力が引き立っていました。




▶ 極上レバー串

鳥てるを思い出させる大ぶりのポーションと美しいツヤにうっとり。

 

むっちりトロントロンのレバーは、まさに極上でした。




渋谷マークシティ出口から、きになるきの手前を左に曲がった神泉・円山町。
お向かいには、ワイン食堂がっとがあり、もう少し行くと産直屋たかさんがある、グルメストリート!
このあたりは、鍋島藩の荒木氏が所有していたため、「荒木山」と呼ばれていたそうです。




メニュー構成、串の出る順番、お酒のマリアージュ、店内の雰囲気、どれも大満足のお店でした。


 

荒木山居酒屋 / 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8


線


【お店情報】 荒木山
食べログ :https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13207485/
ぐるなび :https://r.gnavi.co.jp/gd9xx8c30000/
住所 :東京都渋谷区円山町6-11 萬安ビル1F
電話 :03-6416-1748

更新情報が届きます ↓

 

〓ゆうき〓