東芝マテリアルさまのルネキャットブロガーイベントに参加し、ルネキャットについて学んだあとは消臭効果を実際に体験しましたニコニコ
ルネキャットについてのレポートはこちらよりどうぞ http://ameblo.jp/yukkysnowy/entry-11607311157.html

すぐに効果がわかるように強い照明器具を使用しています。

12-P9040628

実際に室内で効果を実感するまでは3時間~4時間くらいかかるとのことです。
(もちろん、匂いが発生し続けているものを取り除いてからの効果です。)

加齢臭の実験。布に吹き付けた加齢臭の元の匂いがきれいになくなりました。

11-P9040627

14-P9040630

15-P9040631

16-P9040633


アンモニア臭。

17-P9040635

18-P9040637

19-P9040638


アルカリ性であるアンモニアが発生しているとピンク色に反応する物質を混ぜた、アンモニアを吹き付けます。

20-P9040640


ルネキャットをスプレーすると、みるみるうちに中和されたことを示すクリアーな色に

21-P9040641

22-P9040642

23-P9040643

24-P9040644


匂いももちろんなくなっていました。 手でそよぐように嗅ぐのではなく、鼻を近づけても大丈夫でした。
(アンモニアに関しては、即効性があるそうです。)

実際に自分でもやってみました。
(右手にアンモニアがつかないように気をつけながら

25-P9040645

26-P9040647


自分でやってみると改めて感動

27-P9040648

今まで知らなかったのが残念なくらいすごい効果

28-P9040649


強力な光での実験が続いたので、ルネキャットが高いレベルの光でなく、室内照明でも効果があることも、色素でルネキャットに色をつけ、LEDの照射あり・なしの瓶を比較して効果を確認しました。

29-P9040650

30-P9040651

45-P9040671

片方はLEDにいれ、片方は暗闇にしまっておきます。

44-P9040669

46-P9040672

47-P9040673


おおおー
差は歴然。
ルネキャット働いています

48-P9040675

49-P9040676


グラフが表示されてわかりやすかったのが、アセトアルデヒドが排出されているところに、光触媒(ルネキャットを凝縮したもの)を設置し、光を照射する実験。

35-P9040657


とっても高級な機械だそうです……。

31-P9040652

32-P9040654


実験をグループ分けして何度かやったので、既に上下にグラフが振れています。
アセトアルデヒドの増減を示したグラフです。

33-P9040655

34-P9040656


光があたっている間は、アセトアルデヒドがみるみるなくなっていきます。

36-P9040658

38-P9040660

39-P9040661

ガクンと下がっていくのがわかります。

37-P9040659


光を遮ると、アセトアルデヒドが発生していることが確認できます。

40-P9040665


照射をやめると、グラフの数値がみるみる上がり出しました。

41-P9040666


光とルネキャットによって、アセトアルデヒドが減少することが証明されました

42-P9040667


匂いの元となっている分子を光に反応したルネキャットが分解してしまうので、このようなことが可能となっています

(この表は色素の実験のものです。)

50-P9040677


「分解」というと、なにか強い作用あるのものなのかと心配する人もいるかもしれませんが、
もちろん人体への安全性が高いことも証明されています。(残念ながら、人やペットに直接吹きかけるのはNGです。 )

強いて言えば、スプレーにアルコールが入っているので、アルコールに対して皮膚が弱い人はソファーや便座カバーなど、直に触れる場所にはスプレーしないほうがいいかもしれないです。

それでは、実際にユーキ。がこのイベントを通じて、自分ならどう使うか(さっそく実践しているのですが)、次にレポートしたいと思います。


Fans:Fans

〓ゆうき〓