研修会とハンドボールOB会

テーマ:

昨日は、コバス(自己採血による糖質・脂質の検査)の研修会でした。


広島大学大学院の森川則文先生の話をwebでの講義でした。





アルツハイマー型認知症と生活習慣病は深く関わっていて、


65歳の高齢者で糖尿病(HbA1c7%以上)の49%が認知症の発症頻度を示していること。


糖尿病から人工透析になる人も多く、多額の医療費がかかっていること。


などを考えると、


いかに早期に糖尿病を見つけて


生活習慣を改善するかで、


大きく変わってくると思います。




いかに健康寿命を延ばすかですよね。




本当の意味でのセルフメディケーションを考えていかないと、いけない時期に来たと思います。









夕方から、母校の女子ハンドボール部がインターハイ出場を決めたのでOB会がありました。


それまでに時間があったので、ビールを美味しくいただくために、


ランナーの聖地である大濠公園を5周走って温泉で汗をながして、


参加しました。



大濠公園 この暑い中でも走っている人がいる







高校を卒業して早33年、


会うたびに同じ話を昨日のことのように話します。(^O^)




監督やコーチの先生には、


私生活まで犠牲にして頑張ってもらっていて、


頭がさがります。

後輩の活躍は僕らの誇りですね。

全国制覇してもらいたいです。