YUKIYAMA日記

YUKIYAMA日記

アラフォー→アラフィフ まだまだ育児中!


テーマ:

 

 

 

ご無沙汰しすぎのYUKIYAMAです。

忙しくなると途端にブログが止まるYUKIYAMAです。

キャパが小さすぎるYUKIYAMAです。

(しつこい)

 

 

さて本題に。

 

 

3才息子のけーち。

 

 

 

 

はいきたー!

「なんでなんで期」!

 

 

この「なんで」ですが

2人目育児ならわかる!

 

 

「なんで」=「Why」

とは限らないんですよ、、、

 

 

まだ言葉による伝達が未熟な3歳。

「What」「How」「Where」「When」「Who」、、

つまり5W1Hを全て

「なんで」の一言で

表現している可能性があるのです!

 

 

なんなら「isn’t it?」の時もありますからね、ええ。

 

 

なので

 

 

 

 

と思っても!

 

 

 

 

の一言で返してみると

 

 

 

 

案外着地します。

 

 

これ、失敗すると

えんえん続くんですよ、なんでなんでが。

 

 

そこで思い出すのがみーな3歳のころ。

 

 

 

 

近所の道路を歩いていると。

マンションから見知らぬ人が出てきた。

 

 

すると

 

 

 

 

始まったっ。

 

 

なるべく、「知らない」って

言わないようにがんばってた私。

 

 

 

 

「なんで」

オワンネーーーー!

 

 

で、行き詰まった時はもう最後の手段。

 

 

 

 

この一言で

「なんで」攻撃終了!

 

 

「ママもわからないな。みーなはどう思う?」

なんてのも効果ありました。

つまり、逆に質問しちゃうのです。

 

 

すると

 

 

 

 

3歳なりに考えて、

勝手に答えを編み出してました。

 

 

未だにこの質問が5W1Hのどれだったのかは謎です、、、

 

 

 

こどもの「なんで」。

なるべく質問に答えてあげたい、

一緒に図鑑なんかを調べたり、、、

と夢を描いていましたが

実際のところ、

大人からするとなぜそれが知りたいのか

よく分からない質問も多いです。

でも、毎日のほとんどが「生まれて初めて」の幼児にとって、

世界は「なんで」に満ちてるんでしょうね~。

改めて「確かになんでだろう?」と考えて調べてみると

面白い発見があったり

私自身がそれについてどう考えているのか、

哲学的な部分で見つめさせられる時もあります。

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス