フレンチおせち講座のお知らせ | 塚本有紀のおいしいもの大好き!

塚本有紀のおいしいもの大好き!

フランス料理とお菓子の教室を開いています。おいしいものにまつわる話し、教室での出来事など、たくさんお届けします。
 


テーマ:

ちょっと早いのですが・・・、年末恒例 「フランス料理のおせち」講座のお知らせをいたします。

 

大人数でいろいろ作り、ぎっしりの三段重をお持ち帰りいただきます。初めての方もどうぞお気軽に。

12月29日(土)10:30〜15:00 予備日:28日(金)

受講料:12500円 *お重をご持参ください。こちらでご用意することもできます(550円)

 

もちろんフランスの新年におせちのような習慣はありませんので、日本のおせちをフランス料理で作ったら? が主題です。

写真は過去のものですが、ざっとご紹介。

まずはサーモンの低温コンフィとまぐろの自家製コンフィにピクルスを添えて。

帆立はエスカベッシュ風味にし、仔鴨の胸肉はスモークにしてみました。

 

オマールは冷製に、フォワ・グラは小さいエクレアとフランにしました。ほかにラングスティンヌのローストがあります。

柚子釜ならぬ「すだち釜」は、中にタルタルとボッタルガ(イタリア産からすみ)のタルタルを詰めています。フレッシュなオリーヴにはクリームチーズを詰めて。

 

 

パイ生地を焼いてスモークサーモンのミルフィーユ仕立てに。テリーヌは「鶏と粒マスタード」と「豚肉と蓮根」の2種類。

チーズはカマンベール・ド・ノルマンディとマンステールを。あまおうのチョコがけも入れています。

 

今年もメニューを半分入れ替えます。

*「おせち」といいながら恐縮ですが、生ものは当日中、それ以外のものも翌日いっぱいくらいをめどにお召し上がりくださるようお願いします。
*ご自宅で31日に(つまりお正月用として)同じメニューで作り直したい方は、材料についてご相談に応じます。(フォワ・グラやラングスティンヌ、オマールなど。)
*ご試食はありませんが、お昼がわりに軽食をお出しします。

*「今年も!」の方も、「初めて!」の方も、どうぞお気軽にご参加ください。

 

12月29日(土)10:30〜15:00 予備日:28日(金)

受講料:12500円 お重をご持参ください。(3段15×15cm角、2段なら18×18cm程度の分量です)

*こちらでお重のご用意もできます(550円)。ご予約時にお重の要不要をお知らせください。お重は早く買わないと売り切れるので、締め切りは11月30日です

 

なお同時進行で、お持ち帰り講座「フォワ・グラのテリーヌ」のご予約も承ります。

(合わせるものは、ご希望によりイチジク、紅玉、レモン、柚子風味などより選択いただけます)600cc:12000円 *テリーヌ型はご持参ください。食べられるのは翌日以降です。
(なおフランス産フレッシュのフォワ・グラは、万が一産地で問題が起きて輸入が止まってしまった場合は、御本人にお伺いして決めます。)
消費は4〜5日中にお願いしたく思います(つまり切らなければお正月にも使えます)。
 

 

ご予約、お問い合わせは

igrek@yukitsukamoto.com

までどうぞ!

 

ところで。生徒さん同士が、ごそごそと「今年のお節講座の日程はいつになるのかしら」と話されているのを聞いて、おかしくなってしまいました。

なぜなら私は一言も、「今年もやります」なんて言ってないからです。それほどまでに恒例になったことを、ありがたくうれしく思います。

 

かつては全メニューを入れ替えるのは相当大変だと悩んだこともあり毎年やるのをためらったこともありましたが、「おせちというのは、定番の料理の組み合わせだから、別にメニューがかぶったっていいのですよ!」との生徒さんからの温かいご提案があり、のらせていただくことにしています。

 

でも、もう年末の話しとは!!

 

すでにいっぱいになりました。ありがとうございました。また来年お待ちしております! 11月28日

塚本有紀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス