塚本有紀のおいしいもの大好き!

フランス料理とお菓子の教室を開いています。おいしいものにまつわる話し、教室での出来事など、たくさんお届けします。
 


テーマ:

横浜・ベッカライ徳多朗でのパン・ド・ロデヴを楽しむ会にて

まずは最初に焼きたてをぜひ!と、まだ熱が残る状態のロデヴをくださいました!
会の模様はまた明日。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

台湾のお土産に、胡麻油をいただきました。
台湾通のお友達に「これがおいしい」と教わったものなのだそう。

スタッフがお昼に、おそうめんを作ってくれました。

おつゆにごま油を入れた、ちょっと中華風な味付けです。

よい香りとさらっとした油ぎれ。
見た目の濃い色に反して、軽くて上品な風味です。日本のごま油の感じと少し違うみたい。

おいしいお昼になりました!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


7月の連続講座では青森産のカシスを使ってケーキを組み立てました。
ジュレとビスキュイとシャンティの組み合わせです。

もう一つはサブレ・ノルマンドsable Normande

ノルマンディ地方は乳製品のおいしいところです。おいしいバターの産地もあって、当然おいしいサブレも。
ほろっとしたシンプルなサブレです。


白桃の赤ワイン煮と白桃ソルベに、カシスから作ったピュレをかけました。
アントシアニンが豊富で、目だけでなく、アンチエイジングにもいいなどと聞けば、嘗めるように食べてしまいたい気分です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


生徒さんが送ってくださいました。
種子島のおじいちゃんおばあちゃんの作られたパッションだそうです。

箱を開けたとたんに、ふわっとパッションが香ります。
なんといい香り! 甘くて酸っぱくて、たまりません。

パッションが大好きなので、お菓子を作っていても、ついついパッションを使ってしまいます。
家の庭にパッションの棚があるなんて、種子島はなんてお洒落なのでしょうか!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

青森産のカシス

昨年の夏に、北海道でカシスを栽培していることを知りました。
食べてみたい!

と、ほぼ一年待ってようやく7月です。

ところが北海道から大阪までは宅急便で2日かかり、休日の関係から、どうしてもお菓子教室に間に合いません。青森も2日かかるのは同じ。
八ヶ岳(からなら翌日には大阪に着きます)でも作っているのを発見しました。
電話してみると、今年は天候が良すぎて完熟になり、今年の発送は7月15日がラストとのこと。
残念です。でもこうなったらどうしても国産のカシスが食べてみたい!

というわけで、致し方なく冷凍ですが、無農薬の青森産を選びました。

食べてみると、すっぱい! 渋い! でもほんのり甘味があって、とてもフレッシュな感じです。

そして目のピント調整機能や、緑内障の抑制やら、アンチエイジングやら、かなり効能があるみたいです。
さらに大暑の昨日は「カシスの日」だそうで、あまりのタイミングのよさにおかしくなってしまいました。

お菓子教室ではシロップ煮にして使います。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


今年も製菓基礎講座でフランボワーズのムースケーキを作りました。

土曜日は前日通過した台風の影響で、あちこちで電車がとまり、来れなくなってしまった方も。
残念!
毎年当たり前に同じように作れるのは、ほんとはありがたいことなのでした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

うずらのクスクス詰め caille au couscous

8月のキュイジーヌ・デザミ講座のお知らせ
今月はうずらにクスクスのクスクス詰めを作ります。暑い時期になると、私はなぜかクスクスが食べたくなります。今回はうずらを開かずに背骨をずぼんと引き抜いて(これはなかなか技がいります)、中にクスクスをぱんぱんに詰めて野菜と一緒に蒸し煮にします。

前菜は、やっぱり夏の定番まぐろのピサラディエール pissaladiere du thonを作ります。
大きくパイ生地を焼き、トマトのソース、マリネにしたまぐろをのせて、さっとひと火入れます。
夏のプロヴァンスの味です。

デザートはピーチ・メルバ peche Melbaを作ります。
今が旬の桃をさっとコンポートにし、バニラアイスとフランボワーズのクーリと組み合わせます。古典ですが、今も変わらずおいしい定番です。
7月31日(金)8月1日(土)10:30より14:30
受講料:6200円


 キュイジーヌ・デザミcuisine des amisとは、友達amiのために作る、簡単、気軽な、でも、おもてなしの心にあふれたカジュアルフレンチです。ぜひご一緒に!



ご予約・お問い合わせはigrek@yukitsukamoto.comまでどうぞ!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

8月の米粉講座のお知らせ

8月19日(水)14:00から16:30
米粉で作るライムとココナツオイルのウイークエンド

バターの代わりにココナッツオイルを使って、ライムの香りのケーキを作ります。
手法はウイークエンドの作り方です。
周りにはちょっとすっぱいライム果汁のグラスを掛けます。もちろんココナツも香り、夏のウイークエンドになりました。

どなたさまもどうぞお気軽に。焼きっぱなしのシンプルな焼き菓子です。
8月19日(水)14:00から16:30
米粉で作るライムとココナツオイルのウイークエンド
講習料:4200円
デモ、実習、試食、お持ち帰り

ご参加お待ちしております! お問い合わせはigrek@yukitsukamoto.comまでどうぞ!


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年も夏のガレット・デ・ロワ講習会が行われます。まだお席があるようですので、ご興味のある方は是非いらしてください。
お申し込みは直接、事務局へ。
E-mail:club@galettedesrois.org


クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ伝統菓子講習会

奥の深いフランス地方の伝統菓子とその文化をクラブのシェフ達が独自のアレンジ方法などの実践的なアイディアと共に紹介いたします。講習の後は、試食ともにシェフとの懇親会がお楽しみいただけます。
大阪会場  
開催日: 7月30日(木)
会場: ㈱イワセ・エスタ内(大阪市浪速区元町3-12-20 5F講習会会場)
開催時間: 12:00~17:00(予定)
第一部: 伝統菓子デモンストレーション
第二部: 試食と懇親会
     参加費: 会員4,000円  一般5,000円
募集人数: 80名(先着順)定員に達し次第締め切り
講師: 濱田舟志(ラ・テール洋菓子店) ガレット・デ・ロワ 
三鶴康友(フランス菓子 トワグリュ) トロぺジェンヌ/タルト ピニオン
多田征二(イグレックプリュス) ガレット オランジュ ショコラ/ナベット
林周平(モンプリュ) ブラ・ド・ヴェヌス
藤生義治(パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ) ファンダン カンディ

サポート: 西野之朗 (メゾン・ド・プティフール)、林雅彦(ガトー・ド・
ボワ)、大下尚志(ブーランジェリー ビアンヴニュ)、渡邊雄二(Wボレロ)
解説:大森 由紀子(フランス菓子研究家)
*ブーランジェリー ビアンヴニュ 大下シェフが作ったサンドウイッチの
試食があります。

●応募方法:
以下の内容をご記入の上クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ事務局にメールで申し込み
(E-Mail:club@galettedesrois.org、受付はメールのみ)。 
*メールの件名に 希望会場 を必ず記載してください。

(1)氏名、(2)住所、(3)年齢、(4)電話番号*必ず連絡がとれること。携帯でも可、(5)FAX番号、
(6)携帯番号、(7)e-mail、(8)勤務先、(9)希望会場、(10)講習会を何で知ったか 

  ①事務局より参加証をメールで送付。定員に達していた場合も連絡いたします。
  ②参加費の支払い(詳細は参加証参照)。参加費の納付をもって受付終了となります。


講習会に関する問い合わせ(℡・メールのみ):クラブ・ドゥ・ラ・ガレット・デ・ロワ事務局
TEL: 090-1544-6505/E-mail:club@galettedesrois.org
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

連続講座(続き)

あなごとトマトのテリーヌを作りました。
「あなごって、フランスにいるの?」という質問を受けますが、いるのです。とくにブイヤベースには必須の魚です。
もっとも、日本のもののように開かれてはいません。(日本は便利です。ただしちょっとカモメが飛んでいるようにも見えますが・・)。

夏の野菜をたくさん使い、組み立てます。
きのこのピクルスを添えて。

アミューズには、ズッキーニのファルシーcourgette farci

南仏ニースではズッキーニだけでなく、ナス、パプリカ、トマトなどたくさんのファルシーが売られています。色とりどりたのしいものです。


新生姜を使って自家製のジンジャーエール(といっても、カヴァで割っています)を作りました。

うっすらピンクで、比重の違いからお酒の層ときれいに分かれます。
ぴりっとして、とてもおいしいアペリティフになります。

アヴァン・デセール(デザート前の小さいデザート)として、キウイのスープ

先日デザミ講座で残ったキウイのソースをなめていて、つややかできめの細かいとろみと、砂糖なしでもおいしい酸味と甘味に、スープにしてみようと思い立ちました。
上にはライムのウ・ア・ラネージュをのせて。


名残のサクランボを使って、赤ワインスープにします。

温かいさくらんぼに、冷たいキルシュアイスクリームをのせました。
はやくぅ、溶ける、溶ける! と大忙しでした。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。