今日は七夕なんですが…(^^;) | ~ちょんちょんふわり~優しい刺激の鍼灸治療 ふわりはり灸院

~ちょんちょんふわり~優しい刺激の鍼灸治療 ふわりはり灸院

それぞれのライフステージの女性の身体のことや
鍼灸治療のこと、食養生やたまに私のこどものこと
なども書いています。良かったら読んでくださいね。
読者登録は随時受付中です(^^)。お気軽にどうぞ。


テーマ:

こんばんは@ゆきたまりんです。

 

 

 

このところの連日の大雨の話が今日も患者さんとの

 

話題の中心となりましたね(^^;)。

 

その中でも今日の午前中の患者さんからの

 

「七夕なのにこんなに雨が降ってたら天の川も見れないよね。」

 

という話題にその時初めて今日が七夕で

 

あったことに気が付きました(^^;)。

 

 


 

我が家のこどもたちが保育園や幼稚園の頃は

 

七夕が園の行事で笹飾りや短冊を書くことを

 

していましたが、小学校に上がってからは

 

そういった行事は学校では全くなくなっていたので

 

外出先で笹飾りを見て

 

「あ、七夕だ!」

 

と気づくぐらい最近ではちょっと縁が少ない行事(?)と

 

なっております…(^^;)。

 

 

 

 

ちなみに七夕の織女と牽牛の伝説は『文選』の中の漢の時代に

 

編纂された文献があるそうです。

元々、前漢の采女が七月七日に七針に糸を通すという乞巧奠の

 

風習があったと記されていて、これが織女のモデルではないかと

 

考えられているようです。

その後、南北朝時代の『荊楚歳時記』には7月7日に牽牛と織姫が

 

会合する夜であると明記されているそうで、それにあわせて

 

夜に婦人たちが7本の針の穴に美しい彩りの糸を通し、

 

捧げ物を庭に並べて針仕事の上達を祈ったと書かれていて、

 

7月7日に行われた乞巧奠(きこうでん)と織女・牽牛伝説が

 

関連づけられているんだそうです。


日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が

 

奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)

 

の伝説と合わさったもののようです。

日本では、雑令によって7月7日が節日と定められ、

 

七夕の詩賦、乞巧奠などが奈良時代以来行われるようになったんだとか。


日本でも乞巧奠(きこうでん)は7月7日の夜、織女に対して手芸上達を

 

願う祭で宮中や貴族の家で行われたそうです。

 

また『平家物語』によれば、貴族の邸では願い事をカジの葉に書いていて

 

笹に飾る短冊の原型にもなっているようですし、二星会合(織女と牽牛が合うこと)

 

や詩歌・裁縫・染織などの技芸上達が願われていたようです。

 

江戸時代には手習い事の願掛けとして一般庶民にも広がりました。

 

実際、日本において機織りは、当時もそれまでも、成人女子が

 

当然身につけておくべき技能であった訳ではなかったようですが

 

行事として長い間かけて定着したものだったようです。

 
    

JR・阪神・阪急・神戸市営地下鉄 三宮駅より

 

 

南に徒歩5分!

 

 

ももの木三宮ビル 6階 603号室
 

 

女性鍼灸師による女性専科 

 

 

「ふわりはり灸院」 です。

 


特にめまいや耳鳴り、自律神経症状、


 

生理不順や不妊症、また妊婦さんの体調管理の


 

ための施術などを得意としております。


美容鍼灸や身体のコンディションを整えるための


 

施術もございます。


ぜひ一度ご予約の上、お越しください。


 ℡(078)251-0533


ホームページは⇒ふわりはり灸院ホームページ



メールは⇒ふわりはり灸院あてメール

 


ご予約は⇒ふわりはり灸院予約フォーム



どうぞ!

 

不妊治療鍼灸・マタニティ鍼灸・小児鍼・こどもはり灸・

美容鍼灸・女性専門全身鍼灸治療をしています。

神戸市内全域・明石市・加古川市・尼崎市・伊丹市・芦屋市

・西宮市・三木市・小野市・姫路市・洲本市・加古郡・丹波市

 

・西脇市・揖保郡・豊中市・吹田市・泉大津市・枚方市・大阪市

 

・寝屋川市岸和田市・堺市・貝塚市・大東市・岡山県

 

・京都府・和歌山県東京都・千葉県・神奈川県・長崎県

 

・香川県・大分県・宮崎県・福岡県からもお越しいただいています。

 

 

三宮から徒歩5分女性専科  ふわりはり灸院 ゆきたまりんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス