初戦
慶應義塾大学 2 対  1 法政大学
慶應義塾大学
高橋リレーが決まる。



二戦目
法政大学  8  対 3 慶應義塾大学

法政大学
高田、菅野ら好投




三戦目
慶應義塾大学  9 ×対  8  法政大学
延長11回

下記のように世紀の誤審もあり
慶應義塾大学粘りの勝利。

高橋亮
見事。



首位
見事な死闘
慶應義塾大学
優勝へあと少しだ。






ドラフト会議
慶應義塾大学
来季が楽しみ。

郡司裕也
など



法政大学
向山基生
→中日、ヤクルト
オリックス
あたり

イメージは谷佳知

キャプテンシーが足りず
外野手、右打者が必要な球団。


中山翔太
→千葉ロッテ、オリックス、広島
巨人、中日
福岡ソフトバンク

一発を打てる人材が
必要な球団

守備は下手だし
我慢ま必要


菅野秀哉
本格派先発、適性次第で
リリーフが必要な球団
→埼玉西武、東北楽天
ヤクルト、横浜DeNA
北海道日本ハム


森田駿哉
公式戦に復帰したばかりの
未完の大器。左腕

広島、中日、巨人
あたり




ほかはまた