タイムマネージメント

テーマ:
今日は、タイムマネージメントに関していい話がメールで廻ってきたので
それの紹介。
手抜きです。。。


以下//

元シンクロナイズドスイミング日本代表・田中京さんの著作本で
タイムマネジメントについて印象的な例を用いて述べている箇所がありました。

めちゃくちゃ面白く、そして納得させられました。
では始めます〓


ある哲学の講義で、教授がおもむろに大きなガラスの花瓶を卓上に出してきた。

そしてその花瓶の中に無言でゴルフボールを入れて花瓶をいっぱいにした。

教授は学生に尋ねた。

「この花瓶の中はいっぱいか?」

学生はゴルフボールでいっぱいになっている花瓶の中を見ながら、当然のようにうなずいた。

次に教授は小石を取り出し、コロコロと花瓶の中に入れた。

そして軽く花瓶を振ると、小石はゴルフボールの隙間に流れ込んでいった。

教授はいった。

「さて、この花瓶の中はいっぱいか?」

学生は大きくうなずいた。

今度は砂袋を取り出し、花瓶の中に砂を全部、流し込んだ。

当然のように、砂はゴルフボールと小石の隙間をぎっしりと埋めた。

教授が同じ質問をすると、学生は声を揃えて「花瓶はいっぱいです!」と答えた。

最後に教授は、ビールを二缶取り出して、すべてを花瓶に注ぎ込んだ。

ビールは見る見るうちに砂の中に流れ込んでいった。

学生達はそれを見て笑った。

「さて

教授は花瓶を見ながら話し始めた。

「この花瓶はあなたたちの人生です。

ゴルフボールは『人生の中で何よりも重要なこと』を意味します。

家族、自分の子ども、自分の健康、友人、何か 自分が情熱を注いでいること

そういった人生の中で最も重要なことで、たとえこのゴルフボール以外のものをすべて失っても、それでも『自分の人生は十分に幸せだった』と思えるものです。

小石は次に重要なもの。

仕事、自分の家、車

あとの砂はそれ以外の『くだらない日常のこと』です」

教授は続けた。

「もしあなたが花瓶の中に砂を先に入れてしまったら、小石やゴルフボールを入れる余裕はなくなってしまう。

つまり、人生においても何が大事かという優先順位をつけずに、いつも『砂』ばかりを気にしてそのことにエネルギーを注ぎ続けていたら、大事なことに時間を使えなくなるということなのです。

だからみなさん、まずは自分のゴルフボールを大事にしなさい。

人生の幸福に絶対必要なものは何かを忘れてはいけません。

家族を大事にしなさい。

自分の健康を気遣いなさい。

親孝行をしなさい。

成りたい自分を探しなさい。

いくら幸福に絶対必要なものを優先しても、日々のさまざまな雑事()はこなせるものです。

優先順位を考えなさい」

教授の話が一通り終わった後、一人の学生が手を挙げた。

「先生それでは最後のビールにはどんな意味があるのですか?」

教授はニッコリ笑って「よくぞ聞いてくれたね。

このビール2缶の意味は、たとえどんなに仕事で時間的にも精神的にもいっぱいになっていたとしても、ビールを飲む時間はつくれるものだ、という意味ですよ」と答えた。

この話のたとえにあるように、優先順位をつけるためには、まず自分のゴルフボールは何なのかを見極めることが大事である。

私たちは仕事に追われ、時に人生の中で一番大切なものを忘れてしまうこともある。

失ってからでは後悔のしようもない。

かけがえのない大切なことですら仕事や雑事に追われて「そのうち気にかければよい」と後回しにしてしまうことがある。

思い出してほしい。

私たちの人生はたった一度きり。

そして誰にでも一日は24時間しか与えられていない。

しかし、その24時間をどう使うか、どう活用するかで人生の勝負は変わってくる。

自己プロデュースを超えた自分だけのライフ・プロデュース。

時間の使い方を考える、物事に優先順位をつける。

簡単なことからでいい。

一瞬一瞬を大事にしながら、常に輝いた自分でいられるように、上手なライフマネジメントをしていくことが人生を豊かにするためには何よりも大事なことだよね。




それでは、今日の言葉です。

【本気になると時間ができる】
よかったら皆さんの大切な方々にもお伝えください。

たぬきのボールペン

テーマ:

子供の思考回路ってほんとに純粋で、大人になってからでは



理解できない。




先日、2歳半の娘が “パパ、たぬき取って!”と聞いた。



たぬき??何のことだろう? と思い、回りをみると犬のぬいぐるみがついた本があったので



それをたぬきと勘違いしているのかと思い、取ってあげた。



すると“それじゃないよ!たぬきだよ!”と娘。


いよいよわからなくなり、娘に聞いた。



すると娘は、たぬきの絵が描いてあるボールペンを指差して、“これだよ、たぬき”と言った。



娘はたぬきの絵が描かれたボールペンをたぬきと言っているのだ。



大人は勝手に、たぬきは動物で、ボールペンは字を書くものだと考える。



子供はそれが字を書く道具かどうかは関係なく、たぬきが描かれていればたぬきなのだ。



たぬきと言われてボールペンを想像する大人はいないだろうな。









娘の話

テーマ:

2歳半になる娘(長女)がいます。


コレが最近段々と物事が分かってきた。


都合の良いときは“パパあそぼうよ。”と機嫌が良いが、


気にいらないことがあるとさっぱり


最近では嘘をつくようになった。


自分がお茶をこぼしたのに、こぼしてないと言い張る。


でもこの頃の嘘は、人間の成長の過程で必ず皆が通る道であり、


非常に重要なことだと聞いた事がある。


小学生くらいになると“嘘は泥棒の始まりだ!”と叱られるようになる。 



明らかに悪意のある嘘になるからだ。



いつかかわいい娘も厳しく叱らないといけない時期が来るだろうな。(;^_^A