時間について。

テーマ:

・時間とは人類に課せられた重荷である。(ものぐさ精神分析)

・支那人は猫の目で時計を見る(巴里の憂鬱だっけ)

・フランス革命の時に、暴徒達は時計を打ち抜いた(史実)

・デジタル時計は焦る。四時四十四分とか見ると、良くない。

・時間は粒子であるか、線であるか。

・時計算とは皮肉な名前もあったものだ。

・妖精の舞踏に迷い込むと、十年以上踊らされる。妖精は時間間隔が無い。

・遅刻が楽しいのは時に対する反逆だ。授業をサボるのとは別の楽しみだ。

・楽しんでも苦しんでも三年の日は流れてゆく(イワンのばか)

・親殺しのパラドックスとはつまり主軸の調整ってヤツじゃないのか。

・時計に金をかける人は、時間に余裕がありますか。

・時は副次的産物なのに。僕らはそれに踊らされてばかりだ。

・気の効かぬ先祖の生んだこの「ひるこ」に、僕達は悩まされている。


・だから、恨むのなら、神を飲み込んだ、あのクソ親父を恨むんだな。

AD

ぴょん。

テーマ:

おれは、トイレ掃除をサボりたいと思ったのだ。



「先生、今日は誰もトイレ使ってないので掃除無しでいいですか?」

「え…?ああ、うん、それならいいかなぁ」


誰もトイレ使わない日なんて無いと思うんです。




「じゃあ、先生。トイレに花子さんが出たので掃除無しでいいですか?」

「え…?あ、出たの?じゃあ休みでもいいよ。」


出ませんから。男子校ですから。

男子校に花子さん出てきたら痴女だよ。小学生痴女。



こんな人の良い反応しかできないのに、

なんで授業があそこまでつまらなくて難しいのだろう。

授業上手くなったら人気出ると思うんだがなあ。頑張れ。

AD

学校から帰ってくると学校でやった事を忘れてます。


池上茜の絵をパクる!ハイ!ハイ!ハイハイハイ!

とかそういう下らない事をやって楽しんでいたのだけ記憶。

下らない人間だなあ。あ、五目並べもやった。

やってたら横の人が「あと三手完全誘導で四・三じゃね?」と

ニュータイプだかコーディネーターみたいな事言ってて怖かった。

その数学的頭脳を僕ちんに分けてくれると嬉しいよ。


QMAは16人抜きでした。全国。金剛賢者とも戦ったぜ。

白銀・金剛に競り勝った青銅の俺ツヨス。ゲーセンに才能を浪費する。

自慢したかったのです。全国ネットで。許して。


あ、トイレ掃除をしました。

和式便所に乾いたウンコが詰まってました。拭きました。

掃除は楽しいです。僕のようなバカにもできるので頑張ります。

でも自分の部屋の掃除はあんまりしません。


あと、体育祭の練習もしました。実行委員頑張れ。

他の期の事は知らぬ顔の半兵衛を決め込むのに、

少し話したことのある人というだけで応援するノータリンとは俺です。


元来、タイミングが悪い子なのです。

ブログでは全部が自己弁護で終わるから、

なんとなく「かわいそうな目にあってるなあ」だが、

現場から見ると、「どうみても雪ペドが悪いだろwww」

な事も、時々、いや、結構あります。

苦悶。

テーマ:

いやあ。シグルイまじおもろいわー。

変態だらけ。九郎右衛門は惜しい人だった。特に。



知り合いが良い同人誌を教えてくれた。

泥MIDIと別のところで見つけた、良い「ご主人様」本として。

蛸壷屋だった。


初音ちゃんの憂鬱シリーズで何度抜いたことか。

てあどろ様、くれじっと様と並べて、

僕の人生に重い一石を投げた同人誌が、

蛸壷屋のleaf本だというのに。

懐かしさで心が泣いた。


ひぐらしのシグルイパロディが見たい。

むーざんむーざん。

勉強必勝法

テーマ:

俺が通り過ぎた後でキモイキモイ騒いで、

それだけで盛り上がってる高3女子。聞こえてます。


「今のキモかったねー!」

ワザワザ声に出さないでもみんなそう思ってるから。

美味しいから記事にはするけど、あんまり気にならないコレ。

いいのだ。本当にキモいのだから、言われて当然なのだ。

別に嫌がることでもないし、ましてや興奮する必要など無いのだ。

それでも記事にするのは、一般的に言う「オイシイ出来事」だからだ。



その一言が僕に勉強する気を持たせるのですね。

町でキモい受験生を見たらキモいと言ってやりましょう。

ヤツらは復讐に燃えて、勉強するようになります。荒療治ですね。

バカ力の不足。

テーマ:

こちら、雪色エンサイクロペディア。

友達との話題の無いブログと言わないで下さい。


いつもと代わり映えの無い日常でしたが、

今日は何か、ボケ切って無い気がする。

僕は学校での会話の満足度を、

「いかに自分がボケて、相手を笑わせたか」に置いている。

ある意味では自分勝手だし、ある意味では求心的だ。

その観点で、今日は「バカして無いなあ」と思うのだ。

ヴィドールのオカルトプロポーズのイントロが、

ソフマップの「いらっしゃいませ!ポイントカード~」の曲に似ているのだ。


休み時間の体操をサボる。

「先生、頭が悪いので欠席します」 …そもそもCLANNADのパクりだ。良くない。


世界史の時間はダラダラ教科書読んでた。意外と面白かった。

「となりのアノ子は冒頓単于」がキーワードです。

いや俺世界史の先生より上手に授業できる自信あるよ!

僕の方が世界史を上手く操れるんだ!

好きだけど成績は良くないです。


放課後はマリオワールドの効果音で盛り上がった。

「ぅぃんぅぃんぅぃん」はスターロードの音だ。

「でどんでんどどどんてんてん」はアスレチックステージのイントロだ。

ヒストリカル。

テーマ:

ブルガリアを漢字にすると

「勃牙利」になるという事を、チャットで学んだ。

コレじゃあブルガリじゃないか、アはどこいった、アは。

とまあ、それは置いといて、だ。



ブルガリア出身の超人は、額に「勃」と書くのだろうか。

もしも、額に「勃」のヨーグルトマンなんて出てきたら困る。

そいつは多分、いや、間違いなく悪魔超人だ。

具体的に言うと、町行く善良な市民に、

ヨーグルトをぶっかける、そんな悪魔超人だ。

そして額に輝く「勃」の文字だ。


例えプリプリマンが許されても、

コイツはちょっと、子供には見せられない。

これじゃまるで、アメリカのマニア向け動画みたいじゃないか。


とりあえずは、「僕の考えた超人」コーナーに応募しようと思う。