不倫中の男には、ときどき訳もなく相手の女性がうざくなる時がある。

 

なぜか、昨日まであんなに愛おしく思った女性の躰が面倒なただの肉の塊にしか思え

 

なくなる時がある。

 

一番のきっかけは「こんな私って、本当は面倒で、重い女って思ってじゃない」とか

 

さらに「捨てたいなら、捨ててもいいよ」と自虐的に攻めてくるときだ。

 

 

男も、この女は「別れる気がないのに、俺を試してるな」と容易に感じ取る。そして

 

別れる気などさらさらないのに、その「お返し」として無性にいじめたくなるのだ。

 

その表現方法は、男の性格や置かれた立場で様々な違いはあるが、一般的には、女

 

からのメールや電話を一切無視して、相手の反応を見る方法をとる。心のどこかで

 

「女がどう出るか」見て楽しんでいると言った方が良いかもしれない。

 

 

不倫中の男には、無性に相手の女性に「喧嘩」を売りたくなるときがある。

 

どんなふうに言い返してくるのかを考えると、不思議なことに「ワクワク」すること

 

さえある。

 

妻を裏切り、身勝手なことばかりする理不尽な自分自身への嫌悪感で、女を怒らせ

 

「その怒りの言葉」を自分にぶつけさせることを贖罪に使っているのかもしれない。

 

何故なら、どこかホッとしている自分がそこいるからである。

 

 

不倫中の男は、見た目以上に「罪悪感」に囚われているものだ。その罪悪感から、妻

 

や彼女のさりげない言葉や態度に敏感に反応してしまうときがある。

 

つまり、妻や彼女の「言葉」のウラには「自分を責めている」という疑心暗鬼がどう

 

しても拭えされないからだ。

 

妻が「今日は日曜なのに部長とゴルフ、身体大丈夫なの、ご苦労様」と普通に言って

 

いるのに、その男には「せっかくの日曜なのに、彼女のところへ行くんだッ」と責め

 

られているように聞こえる。

 

彼女は彼女で、何気なく「昨日の休み、雨たっだね」と、ひとこと言えば、その男に

 

は「雨で、ずっと奥さんと一緒に家に居たんだァ。仲のいいこと」と皮肉られている

 

ように聞こえてしまう。

 

 

だから、どんなに紳士ヅラした男でも、妻と居ても、彼女と居ても、常に「責められ

 

ている」と感じていて、精神状態は常に緊張状態にある。それが、彼女の自虐な言葉

 

やメールで、プツンと切れてしまうのだ。

 

 

ここで不思議なことがある。己の罪悪感からか、決して妻には喧嘩を売らず「彼女」

 

に喧嘩を売りたくなるということだ。さらに、無性に「妻の笑顔」が愛おしくなり

 

胸が締め付けられる現象が起きる。

 

 

わざと喧嘩を売って、本気で怒って彼女の方から「別れ」を切り出してくれば「それ

 

は、それでイイか」と思う。そうなれば、今の不倫で疲れ切った状況から脱出できて

 

妻の元へ戻って「楽」になれると思うのである。これを、僕は勝ってに、不倫男性に

 

よく見られる、特有の「妻・回帰現象」と呼んでいる。

 

でも、それは単なる「ガス抜き」であって、彼女に辛くあたって、ある程度「疲れ」

 

というより「面倒臭さ」が取れれば、また彼女の元に戻る「一過性の現象」に過ぎな

 

いのだが。

 

 

男をじわじわ追い込ん行き、せっかくの出会いをストレス化させてしまう行動や言葉

 

がある。詳細は、前に書いた記事・「男性が不倫相手に言って欲しくない7つ言葉」

 

の通りである。

 

女性から見れば「男って、勝ってすぎるわ」と思うに違いない。しかし、不倫を充実

 

した「恋」として楽しめ、この男の「妻・回帰現象」を防ぐには、どうしたらいいの

 

だろうか。様々な不倫に関する本や雑誌などを調べ、自分自身の実体験と重ね合わせ

 

てみた結果、どうやら次のような心構えが、女性には求められるようだ。

 

    

        不倫の恋で 女性に求められる「7つのこと」

 

 

1・ お互いの家庭の話をしない。男がしてもきちんと、「自分は興味がない」

   とを態度示すこと。

 

2・ たとえ、男側から、悪口であろうと、褒めことばであろうと奥さん

   の話が出てもスルーし、常に奥さんへの気遣いを怠らない。

 

3・ Only You 感を漂わせ、男に少しでも不安感を抱かせる「脅し文句」は

   我慢して、とにかく男に「信頼感」を抱かせる女性になる。

 

4・ 清楚さをさりげなく態度や化粧で表現し、嘘でも笑顔を絶やさないという

   心構えを持つ。

 

5・ ひと先ず、不満は飲み込み、男に安らぎの場を与えることのできる女性

   になる。例えば「こんな気持ちなったのは、本当に初めてよ」と言って

   男に自信を持たせる。

 

6・ 立ち振る舞いや言葉使いは、品良く、タメ口と敬語を上手に使い分ける。

   昼間に見せる上品さと夜に魅せる淫靡さに大きなギャップをつける。

 

7・ 男は「女のわがまま」は可愛いと思うが、それを出すタイミングを間違

   わないこと。「優しさ」と「思いやり」を目で見える形で表現できる女

   になる。

 

若い時の恋は一本道だった。ひたすら相手を好きになれば真っ直ぐ突き進むだけであ

 

った。例え様々な障害があっても、乗り越えられるだけの「大義・正義」がそこには

 

あったので、胸を張って二人で頑張れた。またその恋が失敗に終わったとしても他人

 

様からとやかく言われる事などなかったはずだ。


 

だが、不倫はまったく違う。二人が結ばれるためには、様々な障害がある。特にそれ

 

ぞれが結婚していて子供までいる場合は、その障害は一層厳しいものになる。

 

つまり、誰かの不幸なくして「不倫」は成立しないのだ。男はそれが頭から離れない

 

で、淡い恋心も変質し「ストレス化」してくる。だから、不倫関係を持続するために

 

女性側には、ある程度の「心配り」と「心構え」が求められる。

 

もともと、卑怯なことに、男は不倫で家庭を捨てる気など毛頭ないから当たり前かも

 

しれないのだが、そこは鈍感になって欲しいものだ。

 

 

こうした「不倫」と言う恋の実態と感情は、女と比べて、男の精神に大きくストレス

 

として降りかかる。元来、男は「嘘」が苦手な生き物である。男は、平気で他人には

 

嘘がつけるが、自分自身に嘘がつけるほど高等な生き物には出来ていない。

 

 

男は、不倫という恒常的なストレスを抱えると、本当の卑怯で薄汚れた自分をさらけ

 

だして、楽になりたい、という「妻・回帰現象」という衝動にかられると言ったが

 

女の努力虚しく「あっち側」に行きそうになった男を呼び戻すには、たったひとつの

 

方法しかない。

 

 

それは、「私は貴方だけの いい女 になる為、秘密の舞台裏があって、とっても忙しい

 

のよ」と、相手の男に思わせることなんです。

 

もっと具体的に言えば、男の誕生日に、身体の一部が透き通って見える黒いレースの

 

上下の下着をつけて、身体にリボンを付けて・・「はい、私からのプレゼント」。

 

単純な生き物である男にとっては、それが、たとえ「ベタな演出」でもドキッとして

 

非日常を感じ嬉しいものなんです。これは本当の話なんです。

 

 

つまりは「彼の奥さんに、絶対に負けない世界」を自分自身で創らなければならない

 

ということなのです。

                   

 

 

                   参考文献:不倫のバイブル・家田荘子著 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

リブログ(3)

コメント(81)