不倫とは、ある意味「男と女の闘い」だ。言ってみれは「我慢くらべ」みたいなもの

 

で、どちらかが耐えきれず。先に手を出したほうが負けになる。だが総じて、こらえ

 

性がないのは、男ほうである。「いい女」に会って、欲しいとなると、無性に欲しく

 

なる。もう少し我慢すればいいものを、つい先に手を出して火傷をする。

 

 

不倫の恋の初期は、男が誘って先に手を出すが、いったん「女」が本気になり、恋愛

 

にのめり込んでくると、今度は男が逃げ腰になり後悔する。

 

 

女の恋心は、男に「己の理想」を求めてくるからどこか重くなり、「一途さ」を感じ

 

て痛々しい。女は一途になればなるほど、エゴイスティックで身勝手になる。世間と

 

か常識が見えなくなり、自分と相手だけの閉ざされた世界を創り始める。

 

もっと進むと最後は相手の男の思惑も見えなくなり、自分だけ孤立して、なおも走り

 

続け、男が送って来たメールや電話の一言でパニックになり、男はその言い訳に疲れ

 

果て、やがて、焦燥感や嫉妬感でいっぱい・いっぱいの「一人芝居」は、「終演」を

 

むかえることになる。

 

女性は、性の行為の前ではためらい迷うが、いったん火がつけば狂ったように身悶え

 

し歓喜の声を発しながら昇り詰めて果てる。「ごめんね、僕らの恋に未来がなくて」

 

なんて発する男の台詞など、実はキレイごとに過ぎない。本音のところは「燃え盛る

 

女」が、怖くなってしまっただけなのだ。

 

 

男は、常に、女の「清楚さや気品」に憧れている。それが、豹変するところにエロス

 

を感じるが、度を越してくると、逃げ越しなる身勝手な生き物であることを忘れては

 

いけない。

 

 

子供頃から論理的整合性とか、客観的正しさこそが大切だと教えられ、そう信じて生

 

きてきた真っ当な男性にとって、初めて直面する謎がある。それは、「女性」であり

 

また、非論理的な「恋愛」である。

 

女に悦びを与えるという極めてエネルギーの要する行為は、「高いバリケード」の先

 

にあることを実感させられる。つまり、様々な障害物を越えた先にしか、女性の悦び

 

は潜んでいないということだ。

 

このバリケードとなるものは、先ずは羞恥心である。さらに潔癖感であったり、その

 

行為に至る合理的な理由付けであったり、ときには、相手の男の「女の躰」に対する

 

価値基準だったりする。このバリケードをクリアすることが、不埒な男の恋の醍醐味

 

と言っても過言ではない。

 

性の行為は、その原型において女に「己を捨てること」を要求し、それが快感を得る

 

ための基本的な条件だということを教え込むことに男は快感を覚える。

 

 

自分が「不埒もの」と分かっている男は、修羅場になった原因を決して「女」のせい

 

にしたりしないし、言い訳もしない。さらに、己を知っているだけに、不倫の危うさ

 

「男と女のこと」も知っている。だから事前に、あらゆる手を打っているのでバレる

 

ことがほとんどない。気遣いと優しい嘘に長けているから、家庭のマネジメントもし

 

っかりしている。

 

また、相手の女性に対して、秘めごとは秘めごととして、自分の心の中でをきちんと

 

理解し、抱え込み続ける環境を作ってあげるられる余裕を持っている。恋愛における

 

男の「無様(ぶざま)さ」を楽しめる男は、虚飾を捨てている分だけ「粋な恋愛」が

 

できるということになる。

 

 

結局「不倫なんていうもの」は、一瞬の幻影のようなものであって、歳月に抗して存

 

在することは極めて難しいものだ。しかし男と女は、そう知りつつ、愛に憧れ、見果

 

てぬ夢を抱く。

 

 

不倫によって地獄を味わった人々から見れば「所詮、大人のロマンスなんて言うけれ

 

ど、周囲の人間を絶望の淵に追い込む所業であることには変わりはない。どうロマチ

 

ックに表現しようと、不倫はまぎれもない裏切り行為」なのだ。

 

しかし「この恋」には、単純な面があるのも事実だ。

 

つまり不倫は、バレれば「悪行」だが、バレなければ二人だけしか知らない「純愛」

 

そのものでなのである。

 

 

中高年男性の口説きの巧みさは、その裏切り行為に伴う「罪悪感」が、言葉豊かに昇

 

華され表現されていることだ。

 

彼らが理想とする「不倫の恋」では、人間としての賢さが、あらゆる場面で要求され

 

る非常に高等な恋愛と位置付けられている。

言い換えれば、情熱と純情(雄の本能)を持ち合わせた男と、それを、あるがままに

受け止めようとする女との間で、倫理に反するとか、反しないとかを、はるかに超え

 

たスタンスで繰り広げられる知的なゲームであるとうことだ。

 

 

不倫がかくの如く「社会性」を持てたのは「聡明な大人の女」と「完成度の高い男」

 

が、その経済面と知恵の限りと尽くし、一部の人々からの批判は免れないものの、あ

 

る程度の憧れに似た「婚外恋愛」の基本形を完成させたからに他ならない。

 

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 浮気・不倫相談へ
にほんブログ村

 

 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(9)