プラバンホオズキ作り方 | マイペース冒険記

マイペース冒険記

雑食人間の何でもありの日記。
腐発弾・妄言・自絵・自作物・ネタバレを垂れ流すので注意。

何か作るのが好き。
「無ければ作れば良いじゃない、なけつく」がモットー。


テーマ:

※はじめにお読み頂けますと幸いです




【材料】
プラバン(私は厚さ0.3mmを使用しています)
油性ペン(オレンジ・黄色)
カーネリアン8mm玉
ヒートン
接着剤


【型紙】
ベースは5枚花びらのお花
今回は折り紙から切り絵で用意(9.5cm四方くらいです)



プラバンの下に型紙を置いて油性ペンで塗る。
まず薄い方の色(黄色)で外線。
花びらの先端のみ黄色、他はオレンジで塗る。
(色を好みで変えたり、花びらの一部分のみ網状の透かし模様を描いても)




グラデーション
(ちょっと外道な方法ですが…)
オレンジの上から黄色を重ね塗りして境界をぼかす
(焼くと縮むので雑でもわりときれいにグラデーションになりますよ)




「色を塗った面」にカッターで浅くスジをつけ、花びらの根本部分5ヶ所に長めに切り込みを入れる
(完成時、切り込みが短めだと丸く、長めだとスリムになります)




オーブンシート(またはクシャクシャにしたアルミホイル)を敷き、「色を塗った面」を上にして プラバンをオーブントースターで焼く。

縮んだものがこちら
(プラバンは作業スピード命なのでブレブレですいません…www)




中にカーネリアン(100均のセ●アさんにありました)を入れて、花びらを閉じていきます。
(「色を塗った面」が内側になるように)

※火傷防止のため、必ず手袋をして作業してください。
(100均の薄手のドライバー手袋がおすすめ)

少し冷めると扱いやすくなるのでその頃を狙って成形してください。優しく指先で触ってネ!


※失敗した!いびつになった!と思ったらもう一度焼き直せば修正できます。

最初は難しいですが、何個か焼くとコツがつかめると思います。
あまり構えず気軽にやってください。趣味は楽しくてナンボです(´ワ`)



完全に冷めたら完成!


上から見るとこんな感じです




【パーツ用加工】
正直、これが一番大変_(:3」∠)_

キリで地道にヒートン用の穴をあけます。つらい…
(;w;)

※ルーターで穴をあけようとすると、回転が速すぎて摩擦でプラバンが溶ける…
ドリル部分にこびりついちゃうんです…

追記 電動ドライバーで解決しました!
回転が遅いので、プラバンも溶けず、だいぶ楽に穴があけられました(´ワ`)

焼く前に穴を開けておく、という方法も教えて頂きました!ありがとうございます!






※無理やりヒートンをねじ込むと、ヒートンがねじ切れてプラバンに刺さったまま折れるか
プラバンがパキッと割れるかの2択_(:3」∠)_




ヒートンを刺したら透明な接着剤で補強します



色んな色で


加工すればアクセサリーなんかにも




プラバンホオズキの作り方はオリジナルですが、
手順はこちらの本を参考にしています。

プラバンの革命的な本ですよ!

プラバンでつくる本格アクセサリー

ユキノリ(塩野幸紀)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス