相原幸典のブログ 優秀なる表現者への道

相原幸典のブログ 優秀なる表現者への道

エイベックスアクター専任講師の独り言です。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


3ヶ月もブログを書いていないと、質問が多くなってきて、

質問を整理するのに時間がかかります。

今回は、100通以上質問があった、「滑舌」について書きます。

まじめに書くからね(ほんじゃあ、いつもはまじめじゃ無いのかって言われると(笑))

まずは、いったい、滑舌とはなんぞや?

滑舌は、


漢字的アプローチだと、

「滑」

氵→みず

骨→頭皮むき出しの人骨+月(肉の塊)



「舌」

丸い刃物(彫刻刀のような)の象形から、

なめらかに、活発で、とか言った意味合いになる。


「滑舌」を英訳するとSpeaking smoothly practice

同じように、「なめらかに話す(練習)」

ってことだ。


まず、ここを押さえて、実際に、どのようにpractice(練習するのか)するのか

考えてみよう。


滑舌に影響するのは、

1,歯並び

2,父母、周りの人のしゃべり方

3,舌の動き

に有るとされる。


1 については、歯並びの矯正をすると治ったりする。

2 については、父母に文句を言っても治らない(笑)

3 について、ここでは研究していくことにする。



私のつたない絵を見て欲しい。


言葉には舌に力を入れる場所がある。

舌の先っぽは、「サ行」「ラ行」だ。


先っぽの鍛え方は、実は簡単で、日常生活で、気をつけていれば、大体治るものだが、

日常をぼんやり過ごしちゃう人にとってみれば、「もっと良い方法を教えて」

と言うことになるだろう。


要は、舌圧を強くすることが目的なのだから、

多く、「サ行」「ラ行」が入っている言葉を練習するのが良い方法だ。


体の筋肉を鍛えるのと同じで、舌の「筋力」も意識すれば、意識しないときと比べると

10~20%の筋力アップ効果が有る。


日常全てを滑舌に費やすことができないのなら、


朝起きたら、5,6分で良いので、

サ行だけで実際に声を出して言ってみると良い。


例えば、「相原幸典」なら、全てサ行に変換して

さしささすしそし(あいはらゆきのり)

と言ってみる。


舌のどの位置を使っているか意識するのが肝心だ。
ラ行も

「あいはらゆきのり」を

らりららろりろり

舌先の部分の筋肉を鍛えるのだ。


朝の5分、これをやる。

歌なんか良いですね。

もしもしかめよかめさんよ~♫

なら

サ行で

そしそしさしそさせささそ~♫

とか


世界のうちでおまえほど~♫

ラ行で、

れらりろるりれろられろろ~♫



先端から2番目の「タ行」も同じなのだが、

メソッドを変えると、

タ行は微妙に、上あごから離れるチカラが必要だ。

なので、

舌を上あごに真空になるようにつけて、

思い切り、舌を鳴らす要領で鍛えてみましょう。


1番難しいのは、舌の奥の「カ行」でしょうか?

舌のチカラを使って、のどの奥から来る息をせき止めて、はき出す感じ。

A、言葉をカ行に変換して言ってみる。

B、以外と知られてない、腹筋を鍛える。(強くカ行を言ってるときお腹使うよね)

C、口を開けた状態で舌を口の外に伸ばし、半分に折るような練習をする。


Cについては、舌先を伸ばして口の奥に向かって、布団をたたむように

曲げられると舌の奥の筋肉が鍛えられますよ。


全ての言葉に通用するpracticeは、

舌を口の中で伸ばして、歯の表面を

「歯の形状が分かるように舐める様にゆっくり動かす」

これを、5分やってみてください。


滑舌は、やればやるほどよくなります。

早口言葉は、「どの言葉が苦手か判断する」材料になるくらいで、あまりお薦めしません。


意識して、「どの部位を鍛えているか」感じながら、日常的にやることです。


ほんじゃ、また、質問が貯まったら、応えます。



ペタしてねペタしてね


テーマ:
{D67AE915-E2C5-438C-B57C-B9E702D48FE0:01}

売り切れですがサイトはこちらここをクリック


いきなり質問がドバッと300通来ました(笑)

多分、何処かのサイトに紹介されたのかなぁ。


って事で、

ちょっと大学の先生らしく書きます(=゚ω゚)ノ


記憶する1番良い方法をサラッと。


記憶は大脳では

海馬→乳頭体→視床前核→帯状回

でまた海馬に戻ってきます。

現在分かっているのは

海馬で保持される記憶は30秒ぐらいだということ。

それ以降は光より速く(おそらく)

また海馬に戻って来る。


ってことは

30秒で記憶できるくらいの物を覚えて

繰り返すと記憶は定着する。

定着した記憶を

上手に取り出してくれるのが

前頭葉全野だ。

前頭葉全野は「眠る」とクリアーになるので、


30秒で覚えられる物を

いくつか選択し

繰り返す。

寝る。

起きて前頭葉全野が引っ張り出してくれる記憶が定着した記憶になる。


この原理はセリフ以外でも勿論、有効だ。

受験にもテストにも使える。


って事を書きたくなった、初春の夜。


本日の免許皆伝

繰り返す事は誰でもできる。
一度に覚えようとしないで繰り返す。

{C4353156-7CD2-4D53-A1B9-32059A4A1D4C:01}



テーマ:

コトバの雫~時がときどきドキドキ篇~


サイトはこちら↑


このavexのサイトではチケットはクレジットカードが無いと買えないので、

チケットのサイトを作りました。(03-ゴールデン劇場のチケット予約と思ってください。)


チケットご予約はここをクリック

小さな空間でやりますので、残り15枚です。あ、もう残り14になった。


お早めにご予約ください。

芝居の終わりには、私の演劇メソッドを30分ぐらいやります。



さて、
2016最初の

ブログは、


質問の多かった、オーディションの受かり方です。


まず、この画像を見てください。



コンビニのレシートが、777

おーいえい♪


湯河原のコンビニなんですが、なんか気持ちいいですよね。


こんなレシートとオーディションの受かり方と何か関係があるのでしょうか?



そもそも、人生に、「幸運」なんてあるのでしょうか?



物理学の先生からすると、(工学的には)10万回、経験をすると

幸運と不運の関係が1:1になるそうです。



10万回の経験はそうそう無いですよね?


なので、大概は、「運がいい人」と「悪い人」に分かれてしまう。


例えば、宝くじ。


10万回買えば、「運」は半々になる。


注意点は10万枚買うのではなく、


買う機会を10万回にすることです。



で、先ほどの、画像に戻ります。

私は、ほとんど毎日、このコンビニで、コーヒーを買います。


回数にして、365日、毎日ですから、365回。


10万回には届きませんが、777円のレシートをゲットできました(笑)

考え方を変えてみましょう。




Chance(ちゃんす)というものが、あるとしましょう。



チャンスが、僕たちのドアを叩くと言い換えた方がわかりやすいかな?



あなたは、ドアを持ってますか?



ドアが無いのに、叩いて貰うチャンスを待ってませんか?


まず、ドアを作りましょう。それも沢山。

そこからです。


オーディションに受かるには、


オーディションを受けないと話になりません。


そして、物理学の先生のコトバを信じれば、


10万個のドアを用意したら、運に左右されない。



10万回、オーディションを受けましょう。



これが、オーディションに受かるコツです。


え?それじゃ答えになってない?




それでは、幸運を研究しているワイズマン博士の説を一つお知らせしておきます。



「幸運な人と不幸な人を調べると、


幸運な人は不幸な人に比べて、笑っている」



ほなまた。


テーマ:


まずはお芝居の宣伝。

「コトバの雫」

それも1ステで終わっちゃう。

まさに、ライブ。

そして、続き物なのです。

10月16日 1回目

11月20日その続き

12月4日そのまた続き。

毎回、前回のあらすじから始めるという、実験劇場。

10月16日分は、今日までの予約です。03ファンの人も、

エイベックスファンの人も、チェック!(2回目からの予約もこちら)

詳しくはこちらコトバの雫のご予約はこちらをクリック






さて、表題。

「ときめくとは?」


随分前にも書いたのですが、今回の芝居のテーマでもある、

「ときめく」

について、今一度考えてみたいと思います。


「ときめく」は辞書を引くと

動詞カ行5段活用

「胸がドキドキすること」


とある。


そんなことは、小学生でも分かる。


もう少し、深く探ってみよう。

語源は

イヌイット語で

「心臓がとくとくする」ことをいった。


ドキドキはとくとくだったのだ。

「とくとく」が、「ときとき」になり、

そういった状態になることを、「ときめく」というようになったのです。

漢字で無理に書けば、「時めく」


「時」も心臓の絶え間ない活動を元に出来た概念なので、


心臓が、「とき」となった状態のことを「とき」「めく」というのだ。


「めく」は

ざわめくとか、

春めくとか、

じわ~~~とそのような状態になる感じ。


では、「時」の漢字の成り立ちは?と気になる(私の性分です)


調べると、




およよ(古)



寺に保存しておく


が、原義であるという。


なので、


「手に長く置いておく」のが「持」(もつ・・・の「も」)


で、

長い間、保持しておくのが「時」という漢字なのだとか。


「持つ」も「時」も同じ概念ならば、


ほな、相原の登場(笑)



「ときめく」とは


「ドキドキした状態を長く持ち続けること」


なのでは無いか?



更に意訳すれば、


「ときめくとは、一瞬、胸がドキドキすることでは無く、

長い時間、ドキドキしている状態が続くこと」


と言える。


なんとか、私も、

「長くドキドキしたい」ものである。


ほなまた。



テーマ:



エイベックス・ライフデザイン・ラボ~演劇部はこちら

一回目の実験を、昨日行いました。

なんとした濃密な時間。

ときめきを

せつなさを

呼び起こしたことか。

研究員の皆様、ありがとうございます。

10月生は募集締め切りましたが、今日から11月生を募集します。

上のリンクをクリックしてください。

また、10月16日(金曜日)に、私の主宰する03-ゴールデン劇場とエイベックス・ライフデザイン・ラボ~演劇部とのコラボが実現しました。


つまり、今年も03の芝居があります。10月16日に!!!!!!!!



それも、続く限り、(私が元気ならばずーっと(笑))

なんと、一ヶ月に1回、エイベックス・ライフデザイン・ラボで

お酒を飲みながら(もちろんソフトドリンクでもOK)

芝居を披露させていただきます。



詳細は、またここでお知らせいたします。


マスコミ等でこれから取り上げられていくと思います。

その先行解禁をブログでさせていただきました。


おーいえい♪



それではここからがUltimate Lesson


今日の実験でも、明らかになったのですが、

私たちは、何か、時間を無駄に生きてることがある。


ただ、だらーっと


漫然とテレビを見、音楽を聴き、


お酒を飲み、時間を過ごしてしまっている。


自戒を込めて、そう思います。


で、

私の好きなコトバ・・・。

そして、ずっと読み続けてくださっている方には、

直ぐおわかりだと思う、あの「コトバ」


Want


欲する。


ここにたどり着きます。私のメソッドの根本にあり、

よく誰かにパクられるのですが(笑)←御下品失礼



欲すると言うコトバ。



これは、辞書を引くと、とても興味深い語源にたどり着きます。

Want



~が欠乏している

が、原義で、

そこから、

欠乏しているのを補う→欲する


になったのです。



と言うことは、


I want you

を直訳すると、

私は、あなたが欠乏している。

意訳すると、

私にはあなたが欠乏しているので、補いたい、だから、あなたが欲しい


となります。


本日の免許皆伝

欠乏したら貪欲に補填しましょう、表現することを。


ほな、また。





テーマ:



何も冒険をしなくて、何が楽しいのか分からない。

人生が2度あれば、一回目は安定した生活で良いと思う。


しかし、私たちの人生は、一回しか無い。


冒険しよう。

恋をしよう。

手を繋ごう。

助け合おう、積極的に。



ならば、是非とも(もはや一杯かもしれないけど)


まずは、ここをクリック。


鬼怒川の氾濫を見て、心が痛んだ。

救助される方々と、自衛隊、消防、安全保安庁の救助映像をみて、


特に苦しかった。

多分、3・11の震災を体験しているからであろう、とてつもなく心が痛んだ。

私たち日本人は心になんらかの傷害を背負っているのだと痛感した。


と同時に、

憲法9条を思い出さずにいられないのだ。


ここに添付する。


もう一度、私たちは考えなければならない。


  1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


特に2項。

何度も読み返して貰いたい。

中学生程度の学力があれば、容易に読めるはずだ。


なんと解釈しようが、どうひねり出しても、

陸海空軍である、自衛隊を私たちは保持している。


さあ、英知を結集して考えましょう。

自衛権についてどう付属した解釈をしようが、


自衛隊は陸海空軍であると思う。


ではどうするか?


議論して、自分なりの結論を出し、

次の選挙に反映させて欲しい。

デモをするとかでは無く、(デモをするのも民主主義の一部だが)

選挙で結果を出すのが、民主主義の基本だ。



あら、話が表題からそれてる(笑)


お酒の所為だろうか。


許してください。






では、表題。

昨日、「大和言葉」を自己PRの仕方で推奨した。


こんな言葉も大和言葉なんだと、知って貰いたくて、今日もキーボードを叩いている。


PRに必ず役に立つ。

「打ち上げ」と一度口に出して貰いたい。


打ち上げ・・・。


少し滑舌を緩くすると・・・

「うたげ」にならない?



うたげ→宴



そう、打ち上げとは大和言葉で、語源を


宴→うちあぐ


に持つのです。





芸能界でもよく使われる、「打ち上げ」


一般には


みんなよく頑張った。だから、ここでいったん、終了して、

努力をたたえ合おう。


と言った意味で使われるけど、


元々は、「うちあぐ」から来ているのです。



だから、騒げば良い(笑)



と言ったように、


大和言葉には、「さり気なく」意味深いものが含まれているのです。

どんどん、PRに使うべし。


そんなことをエイベックスで教えてるんですが、


教え子の宣伝もさせてください。

現在、ドラマ、バラエティー、写真集でも人気の、

西谷麻糸呂ちゃんです。



演技のLessonでも、ぐっと迫るものがあります。

大女優になるかも。


本日のUltimate Lesson

大和言葉には、「しなやか」な響きがある。

人の心を穏やかにする響きがある。

ならば使うべし。


テーマ:


エイベックス・ライフデザイン・ラボ演劇部はこちら

しばらくブログを書かないでいたら、

お約束の、質問が100通になったので、

(*私は質問が100たまると、一番多い質問にお答えすることにしているのです。)

10月開講のエイベックス・ライフデザイン・ラボの宣伝とともに、

書いてみようかなぁと。

上にリンクさせてありますので、興味のある方は、是非。

普段はエイベックスオーディションに受かってきた人や、

事務所単位で教えたり、

ワークショップ(今、いっぱいです)で教えたりしておりますが、

ここが一番新しい、実験場です

人生、所詮、2万日。

勝負かけてみませんか?


それでは、自己PRの仕方。


この質問が、一番多いので、お答えします。



そもそも、自己PRと言う言葉自体が間違いです。


PRはpublic(ぱぶりっく) relation(りれーしょん)

の頭文字なので、


自己PRを直訳すれば


自分の公の関係性


となっちゃいます。

自分の公って何でしょうね?

変な日本語ですね。


ですから、今日は、

PRの仕方を書くことにします。


まず、私たち審査員は、それほど、PRについて重要視していないので、

「軽い気持ちで」

PRをしてください。


ほら、ハードルが下がったでしょう?(笑)


自己紹介なんて、「さら~」っと言っちゃえば良いんです。


とはいえ、

皆さんの悩みの種が、「自己紹介」なんですよね。


それでは、


アメリカの概念を使って、

「何を」


話せば良いか、考えてみましょう。





自己紹介を辞書で引くと、


1,SelfーIntroduction(せるふいんとろだくしょん)→自分の導入部。目次みたいなもの。

2,preface(ぷれふぇいす)→内容紹介

3,foreword(ふぉわーど)→他人が書く内容紹介

とあります。


私たちは、これをすれば良いのですよ。きっと。


自分で、自分の目次を言い、自分の内容を言い、他人から見た自分を言う。


例えば、


まず、1について。

直感的に5分間で、

私は○○です。


の○○を20個書く。


これはとても大事なので、


ブログを読むのを止めて、


今書き始めましょう。


ほら、よーい、スタート。
















































20個書きました?


私なら、


脚本家です。

演出家です。

元俳優です。

泳ぐのが好きです。

走るのが好きです。

中年太りです。

演技トレーナーです。

気が弱いです。

最近、高いところが苦手になりました。

読んでない本が沢山積んであります。


ここで10っこ


論理的です。

AB型典型です。

きれい好きですが、掃除が苦手です。

財布をよくなくします。

気が小さいです。




ここまでで15


安定した生活を求めているかもしれないヤツです。

老眼がすすんでます。

自分の才能を疑ってます。

自信家です。

嘘つきです。



これはクーニーさんとマックパーランドさんが見つけた自己心理学に基づいた

「自分の目次」です。

最初に書いた10の私は、


表面上の私。


誰に見せても良い私です。着飾った私と言っても良い。



この辺まではすらすらと書けたのでは無いでしょうか。


次の5つの私は、本当の私。


人に見せたくない私です。


そして、最後の5つの私が深層心理の自分でも認めたくない私です。



自己紹介に最後の5つを入れるかどうかはあなた次第。


これで、1の目次は完成です。


最初の10は消して、


その後の10に注目して、


pick upすれば、


結構、面白い、自分の目次が出来たはずです。

私ならば、

「どうも、わたしは、嘘つきで、安定した生活を実は求めていて、老眼がすすんでいる男らしいです」

とでも言えば良い。


次に、2。



自分の内面に触れてみましょう。


それは1で出したものを説明すれば良い。




嘘つきな部分と、

安定した生活を求めている自分と、

どのくらい老眼がすすんでいるか、実例を挙げて喋れば良い。


そして、3。



周りの人に自分のことを聞いてみる。

同じように20っこ出して貰いましょう。


恐いけど(笑)


そして、自己紹介のとっておきの秘技。


それは、言葉です。

言葉の中に、「いくつかのきらめく言葉を入れる」


それには、


大和言葉がいい。


日本古来からある言葉です。


私みたいな、おじさん審査員には、特に有効です(笑)


綺麗な言葉はここに書いてあります。




皆さんが知ってる、「贈る言葉」という歌の

最初に、

「暮れなずむ街の~♫」ってありますよね。


「暮れなずむ」って何でしょう。


こういった言葉が、この本には載ってます。(私が書いた本ではありませんが(笑))



暮れなずむ・・・夕日が暮れていくのを抵抗している様


自己紹介の最初に、


「暮れなずむ夕日を見ながら、私はなんで俳優になろうとしているのかと考えながら、

このオーディションに足を運びました」


と言えば、おじさん審査員は、ちょっと目を細めて、あなたを見てくれます。


本日のUltimate Lesson


自己紹介には、大和言葉をつかえ。


そして、隠れている自分を紹介しろ。





ほなまた。







テーマ:



取り立ての(撮りたて?)の湯河原、吉浜海岸の東雲。(しののめ)

今日は、PM2.5が日本中を覆いそうですね。

我が家のテラスからの眺めも少し霞んでいます。


このゴールデンウイークは毎日、Lessonが立て込んでまして、

正直、ぐったりしてます。

実は水泳も1日サボりました。


いかんいかん。

と気合いを入れるために、

今日は、PM2.5対応マスクをして、7㎞ほど

朝ランしてきました。

で、菖蒲湯に浸かって、一息ついているところです。



さて表題。

I Love you

を夏目漱石は「月が綺麗ですね」と訳したそうだ。

文豪、夏目漱石に異議を唱えるわけでは無いが、

おしゃれすぎてる(笑)

都市伝説と言っても良いかもしれない。


都市伝説によれば、

漱石が英語の教師をやっている頃、

生徒が、

「我君を愛す」と訳したのを

「この文脈で、日本人がそんなことを言うはずが無い。

月が綺麗ですね・・・とでも訳しておきなさい」

と言ったとか。


どうでしょう?(笑)


ひねくれ者の漱石のことです。

「愛してます」というより、

「月が綺麗ですね」とシャイに告白をした方が

訳としては正解だとしたのかもしれません。

都市伝説だな~


これと対になっているのが、

二葉亭四迷の

「死んでも良いわ」という訳だ。

これには根拠があって、


ツルゲーネフの「片恋」の和訳で、そう書いたそうだ。

本文第16章該当部分の四迷訳と原文は以下の通り

死んでも可(い)いわ……」とアーシャはつたが、聞取れるか聞取れぬ程の小であつた。
 (— Ваша... — прошептала она едва слышно.)

これによると、英語のloveにあたる Bawaは yoursであるから「あなたのもの」が直訳である。

文豪二人も苦労して意訳していたのだ。どちらも

都市伝説と言って良いかもしれない。




では違うアプローチ。

日本ではもともと「愛」という概念は無く、

「いつくしむ」(慈しむ)とか「いとしむ」(愛しむ)とか

と言った意味で、現代で使われている「愛」とは違う。


ほな、漢字としての「愛」はなんだろうと考えてみた。



まあ、こんな感じである。

「旡」は、思いを巡らせ、後ろ髪を曳かれるように振り返る人の象形。 「旡」は、腹一杯食べ、食に飽いてウーンと後ろを向いた人の象形。

これを意訳すれば、

「その人がいなければいても立ってもいられない、

そんな状況の人がいて、

心を奪われ、なんとか自分に好意を抱いてもらえないかと

相手の心を探り、振り返った姿」

を「愛」というのである


勝手に結論させていただく(笑)



で、私風に

アイラブユーを訳せば(もちろん前後の文脈等あるだろうが)


私はあなたのことを思うと、

胸がドキドキして、精神安定剤を飲まなければ、

パニック症と勘違いしてしまいます。


ではどうでしょう。














文豪の足下にも及ばない(笑)



さて、Ultimate Lessonですが・・・


あと少し質問メールが来れば、


客観的な俳優と

主観的な俳優の

さらなる演劇的飛躍を書きます。


mailちょ!


ほなまた。


ペタしてね


テーマ:


本当に久々に、田中美麗ちゃんの演技Lesson・・・

Lessonちゅうか、実験室だな・・・

をやった。

さすが、月9女優。

実験室の雰囲気が、ガラッと変わった。


田中美麗ちゃんのtweet

和やかな雰囲気の中にも、


「田中美麗に負けるもんか」

という意気込みや、

「田中美麗に対する憧れ」



稽古場兼

スタジオ兼

実験室を埋め尽くす。


楽しい実験だった。


そのうちの一つを披露して、

今日のブログ兼、

Ultimate Lessonにしたい。



「音楽メソッド」


これも、きっと私しかやってないメソッドだ。


どこかの誰かがやっていたら、


元は私だと思って貰いたい(笑)


そやつは、盗作です!!!



元祖は私です(笑)


そういえば、欲求メソッドって私がやり出して、


直ぐ盗まれたっけなぁ(笑)


商標登録しようかな。




音楽メソッドの概要。



セリフなら何でも良い。


出来るだけ様々な解釈が出来るダイアログ(2人の意味ある会話)


が、良いと思う。

例えば、


A「本当は家に帰りたいんでしょう?」

B「なんでそう思うの?」

A「・・・顔に書いてある」

B「ばれたか」

とあるとしよう。


このセリフの表現方法は無限にある。

解釈や、背景も、様々考えられるし、

正解なんてもちろん無い。



古い演劇論なら、

「役の気持ちになる」

とか言って、

「感情が入ってない」

とか、

「役になりきれてない」



「否定すること」から始める。

演出家や指導者の解釈を押しつけて、

自分の(演者)表現を曲げてでも演じなければならない。



私はそれが嫌なのだ。


否定から入るなんて、


エンターテインメント(entertainment)の

根本から外れている。



前にも書いたが、

entertainment(エンターテインメント)


の語源は、

enter(中に、間)

tain(保つ)


二つ合わせて、

「招き入れて保つ」→「楽しませる」

だ。


楽しませるのに、


否定から入ったんじゃ、


「自分が楽しくない」


でだ、



役の気持ちなんてどうでも良い。


①音楽をランダムに流す。


②音楽を概念ととらえ、音楽からのイメージを表現する


③「会話」を上手く繋げようとせず、音楽に頼る感じ。



これが楽しいのだ。entertainmentなのだ。


例えば

ド演歌が流れるとしよう。


演歌の音楽に合わせて、


「演歌風」にセリフを言う。


アップテンポなら、

「ダンスフル」にセリフを言う。


吉田拓郎が流れれば、


「結婚しようよ」風にセリフを言う。


この実験に加わったものしかわからない、

成果が現れるのだ。


細かいところでわからないことはご質問いただくか、


高い実験料を払って、要請ください(笑)


本日の免許皆伝

脚本はアリストテレスの言葉を借りると

1,認知

2,苦難

3,逆転

の要素から出来ている。

そして、

「脚本を再現(ミーメーシス)」ことが芝居の任務だ。

脚本を再現すると

芝居の構成である、

1,音階

2,リズム

3,言葉

を満たすことになる。


その根本を否定から入ってはいけない。

自由な解釈で大きく間違えることを

恐れてはいけない。

ほなまた。


ペタしてね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス