一般貨物 巡回指導の直前に出来ること | 運送業・建設業許可・会社設立 埼玉県上尾市の行政書士 諸井佳子のブログ

運送業・建設業許可・会社設立 埼玉県上尾市の行政書士 諸井佳子のブログ

建設業・運送業許認可申請・会社設立 創業融資 起業セミナー
  埼玉県上尾市の行政書士 諸井佳子 


運送業・建設業許可申請
埼玉の行政書士 諸井佳子です。

ブログにご訪問下さいまして、
どうもありがとうございます。

 

この度本を出版しました。

 

緑ナンバーを取りたい方、

運送会社の経営を目指している方、

運送会社管理部門の担当者様、

運送会社新入社員の方、

 

また新人行政書士で、

運送業に興味のある方にも

おススメです。

 

"運送会社に一冊あると便利"

とのお声も頂いています。


退院後も休みなく仕事をしています。

もうすっかり元気ですニコニコ


退院の日、病院から自宅に寄らず、

直接事務所に直行。


仕事後に自宅に帰ったら、

義母から、

"あなた主婦でしょームキー"とお叱りをあせる

まぁ、いつものことです。




先日、顧問先運送会社の

巡回指導に立ち会いました。


巡回は何度も経験していますが、

慣れないものですね。


運送会社に巡回指導が入る際には、

1ヶ月前位に通知が来ます。


そこには、用意しておく書類が

記載されているので、

ひとつひとつチェックをしていきますが、

当日までに出来ることを

まとめてみました。


※虚偽の報告や文書の偽造は、

もちろんご法度です。


1.帳票類の記載、押印漏れがないかの確認


 点呼した運行管理者の印が抜けていたり、

運転者台帳に日付などの記載漏れがないか。


2.健康診断を受けさせていないか。


 運送会社に限らず、社員の方の健康診断は義務付けられています。まだの方がいる場合は、予約だけでも。その場合、予約票を印刷しておきましょう。


3.社会保険に入るべき方は、指導の日までに入って頂きましょう


 入りたくない人がいるので、現実的には難しい場合も。


4.営業所や車庫の移転、休憩施設の面積変更、役員変更、利用運送の有無など、事業に変更はなかったか。


 あった場合は、速やかに申請、届出をしましょう。


5.会計書類、給料明細などが税理士さんの手元にある場合は、送ってもらいましょう。労基の書類(役所の受領印があるもの)は社労士さんからも。


6.点検記録がディーラーさんの所にある場合も、上記と同じ。


7.報告書類を提出していない場合は、すぐに出しましょう。


8.営業所に看板は掲げているか、約款・運輸安全マネジメントなどの掲示物も新しいものになっているか確認しましょう。


9.運行管理者、整備管理者選任届の確認と講習の記録(手帳)。


10.初任診断等を受けさせているか。いなかったら予約だけでも。


11.運転記録証明が無い人の分は、取り寄せる。


12.教育記録簿に抜けている部分はないかのチェック。


などなど。


注意点はまだ他にもありますが、

1ヶ月あれば、改善報告を出さずに済む項目もたくさんあります。


普段は日常業務に忙しく、

なかなか手が回らない部分も多いかと思います。


しかしながら、

改善項目を減らすことは、

輸送の安全に繋がる事なので、

巡回を機に数年に一度、

社内の状況を見直すのも良いことなのかもしれません。

(大変かと思いますが)





今日もお読みいただきまして、

どうもありがとうございました

 

 

 

 

 行政書士諸井佳子事務所

事務所ホームページはこちら
運送業についてはこちら 
建設業については
こちら 

女性の再チャレンジについては こちら

相続・遺言についてはこちら

パスポート申請代行についてはこちら