明日早朝にメノルカに発つ次男「「マヨルカがMajor メノルカはMenor 大きい島と小さい島、なんだよ。でも水はメノルカの方が断然きれいなんだって!」ってうきうきが止まらないハート

 

メノルカはバルセロナから飛行機で55分の右下

image

赤い枠は8月に長男が招かれているToulonのちょっと先の島。もっと先まで行くと、有名なサントロペとかサントマキシムがある。次男が行くメノルカはスペインで、左にある島が義父母が毎年行ってたマヨルカ、その左隣がこれまたパーティピーポーで有名な(?)イビザ。長男はその前に再来週からアーカッションってボルドーから海沿い...去年彼がコロニー(サマーキャンプ)で行ったあたりに出かける... 遊びっぱなし

 

 

 

次男は飛行機だし15歳。旅行はまだ大人同伴だけど、長男たちは基本、自分たちで。8月上旬のToulonの先の島へ行くのにも、電車乗り継いで8時間!! 行きは一人だから乗り継ぎ心配だけど自己責任。去年ボルドーから戻る時は空港近所に一人で泊まって飛行機で帰ってきたけど、私が電話した時眠ってたからな!「やっベー飛行機ミスるところだった」もやもや

 

可愛い子なので旅をさせた (←その時の話)

 

 

また話がズレました...タラー

 

 

で、その電車の予約。招いてくれるママと私も含め他3人のママのwhatsapp。この4人息子たちが高1から仲良し4人組で、拡大版で男子7人とか、今日帰ってくるコスタブラバは21人の男女パーティ仲間... でもコアな仲良しはやっぱりこの4人組

 

勿論ママ同士もよく知っていて

 

フランス人は... っていろんな(ネガティブな)話があるけど、学校の友達のママたちを見る限り、あんまり当てはまらない。皆さん教育熱心、厳しいところは厳しく、精力的にスペイン語習ったり、感心するのは今回のコスタブラバもだけど、苦もなく「送っていくよ」ってこれはママに限らずパパも多い。パーティ好きってのは典型フランス人か 笑。これも大抵場所を提供してくれて、子供たちがお酒にスナックをお金出し合って買い込んでみんなで片付けまでやる

 

今日までのコスタブラバも、食料とかは近所のスーパーから大量デリバリー。でもこちらからお酒とかパパやママたちが子供たち乗せるついでに運んで。こういう親御さんたちのマメさにほんと敬服

 

うちは「遊びに行くんだから、自分でバスで行け」って事が多いけど、確かに普段も車なら20分、バスだと1時間かかる場所だったり。大抵「XXのママが乗せていってくれる」って。コスタブラバも仲良しママが4人乗せて行ってくれた。って、2時間運転、落としてまた2時間!すごいわ〜

 

で、電車なんかも私は、長男に予約させてお金はパパ、なんだけれど。whatappで「電車の時間これがいいわ」「予約完了!」とかね、すごい

 

この4人組の3人がリヨン(長男以外の二人はプレパ)、もう一人は結局カナダ。なのでね、そうだよ、彼女たちにリヨンのアパートのこと聞けばいいじゃん(もう二人ともアパート決まってる)

 

灯台下暗し

 

特に一人はリヨン出身なので。聞いてみたら...

 

笑っちゃうけど、ガンガン。リスト送ってきてくれて「急いで!もういい物件はあまりないわよ!」一人はエージェントのリンク送ってその後にボイスメールで

 

待ってちゃダメよ。エージェントなんて当てにならないし、学生アパートに直接連絡した方がいいわ。時々、まだエージェントに出てない物件もあるから」。彼女は学校決まって速攻で週末使ってリヨンに出向いて、その足でアパート決めた強者。まだ国境開いたばかりだったわよ

 

オットにそのボイスメール聞かせて...オットも「ふーむ」

 

このテキパキさが本当すごい。皆さんフランスで育っているから「フランスは何やっても時間かかるから!」「当てにならない」って身に染みているんだろう 笑

 

その点で、うちみたいなスイス人&日本人は「だって待てと言われたから待ってる(必ず返事くるから)」のが弱点

 

スペインはこの辺りは良い意味で期待を裏切ってくれた。いや、スペインでなくてカタルーニャか。カタルーニャはスペインではないって引っ越した当時言われたけど、かなりテキパキ

 

なので最近では長男に「なんでもバルセロナみたいにうまく行くと思ったら大間違い。病院だって簡単にはかかれないよ。電話の契約だってすぐできるかわからない。なんでも時間かかるよ、だってフランスだからね!」的な... 

 

長男もフランス人友達からいろんなフランス評は聞いていて。まあそれもあって、お友達でも「パリは嫌」(やっぱりパリ以外出身のフランス人はパリジャンが嫌って人も少なくない。なんていうか、パリとそれ以外のフランスの壁は思う以上に高いらしい)ってパリに進学する人、意外に少ない

 

*って別にパリに敵意ないですよタラー

 

 

ほんでね

 

アパート決まったのおおおおうキラキラ

 

フレンチママたちがくれたリストからではなかったけど、オットがwaitingに入れてた物件。確かにフレンチママたちが早く早くって急かしてくれたから、プライオリティを  アパート>>>仕事にしてくれた2日間

 

しかも、決まったアパートは仲良し4人組のひとりの彼女ハート ふふふ。オットは、そのうち長男の彼女になったりして、とか笑えない冗談を!

 

まあ、その彼女のいる仲良しBoyのママに「彼女と同じレジデンスよ」って報告したら、TOPグッ(Goodみたいな感じ)って来たけど

 

長男もフランスに進学して、ようやくフランス人とフランスの洗礼受けるんだろうなー。頑張れ

 

 

ってまた長くなっちゃったよ。毎日短く終わらせようとしてるんだけど、あちこちそれて長くなる、すんませんアセアセ

 

 

 

フレンチブルドッグひろば

フレブルひろば

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村