たまにはサッカーの事など(え?しょっちゅう?σ(^_^;))
 
息子たちは多分物心つく前からサッカーには触れていて。スイスはイメージないかも?だけどサッカーも盛んです
 
6月からWカップ始まりますからね〜!(って、米英仏...ロシアでのWカップ、一抹の不安が... 大丈夫かな政治とか)
 
ジュネーブでは小さい庭もあったので、小さいゴール置いてあって、長男がよく蹴ってました :) 
 
バーレーンでもインドアサッカー(外は暑すぎ!)で
でかかった、バーレーンの家... 懐
 
ちゃんとチームでやるようになったのはこの頃から。英語全くわからなくて、固まる長男に当時のコーチ、アンディ(ナイジェリア人)とアベル(シリア人)この二人はフランス語も話す人たちで、本当によくしてもらい。今になるとシリア人のアベル...どうしているんだろう
 
次男はまだ小さかったので、サッカーというか... なんか飽きちゃって別の事してたな 笑
 
そこから長男が8歳、次男5歳くらい...でマニラへ
Makati Football Clubというチームに6年
image
 
特にやんちゃ坊主の次男は、飴と鞭で本当にいい経験をさせていただき。シンガポールにも遠征でき、去年はデンマークにスウェーデンの大会にも。今年もまた7月にこのフィリピンのチームに次男が参加して一緒にスウェーデンにGO! 
 
2010年にマニラに引っ越した当時は、フィリピンではまだまだサッカー人気低くて。子供用のサッカーシューズですら、種類がなかったです。スイスや日本に行った時に買ってきて。その後、段々と盛んになっては来ていますが
 
やっぱり絶対数が少ない。強いチームも少なくて、勝つチームは決まってるのがフィリピン。でもマレーシアのジュニアチームとか国を挙げて力を入れてるのを見れたり。アジア頑張っているな〜とは思うものの
 
本場バルセロナに来て、息子たちは近所でお友達もプレイしてるチームに入って
 
最初に感じたのは、とにかく 1 選手の絶対数が違う。2 環境が違う(日本でいう)町単位に公共のサッカー場、しかも人工芝!がある。区単位じゃなくてね、町単位。つまり町単位でサッカークラブ持ってるってのに驚き 3 クラブチームはFIFAルールに従って、子供達もまるでプロみたいな扱い。クラブに入るにもトライアウトがあり、クラブ移るにも勝手にはできない。逆にそのチームではちょっと...だと、子供でも来季は別のチームへって (゚Ω゚;) 厳しい世界です 
 
image
 
長くなるので続く
 
 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村