ステロイドホルモン治療とは? | 左側の眉毛を触ると「くしゃみ」が出るんです

左側の眉毛を触ると「くしゃみ」が出るんです

頭の中に「ぽん」(本名:脳腫瘍)が出来て、いろんな悪さをしてるけど、眉毛を触ると鼻の奥がくすぐったくなるという変な症状が…。


病気を暗く、辛そうに語るのは疲れるので、軽ーく楽しそうに書いてみたい。

そう思ってます。

僕が今やっている
「ステロイドホルモン治療」
って驚くほどいろんな病気に使われてて
「神の薬」などと言われるほど万能で
「使い方」さえ間違わなければ驚くような
効果が期待できる薬だそうです。(驚きすぎ)



これ全部見る必要は全くありません。
ザッと見るだけでお腹いっぱい。

【副腎皮質ステロイド適応疾患】

内科・小児科領域..(1)内分泌疾患:慢性副腎皮質機能不全(原発性、続発性、下垂体性、医原性)、急性副腎皮質機能不全(副腎クリーゼ)、副腎 性器症候群、亜急性甲状腺炎、甲状腺中毒症〔甲状腺(中毒性)クリーゼ〕、甲状腺疾患に伴う悪性眼球突出症、ACTH単独欠損症。(2)リウマチ疾 患:関節リウマチ、若年性関節リウマチ(スチル病を含む)、リウマチ熱(リウマチ性心炎を含む)、リウマチ性多発筋痛。(3)膠原病:エリテマトー デス(全身性及び慢性円板状)、全身性血管炎(大動脈炎症候群、結節性動脈周囲炎、多発性動脈炎、ヴェゲナ肉芽腫症を含む)、多発性筋炎(皮膚 筋炎)、強皮症。(4)腎疾患:ネフローゼ及びネフローゼ症候群。(5)心疾患:うっ血性心不全。(6)アレルギー性疾患:気管支喘息、喘息性気管支炎 (小児喘息性気管支炎を含む)、薬剤その他の化学物質によるアレルギー・中毒(薬疹、中毒疹を含む)、血清病。(7)重症感染症:重症感染症(化学 療法と併用する)。(8)血液疾患:溶血性貧血(免疫性又は免疫性機序の疑われるもの)、白血病(急性白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化、慢性リ ンパ性白血病)(皮膚白血病を含む)、顆粒球減少症(本態性、続発性)、紫斑病(血小板減少性及び血小板非減少性)、再生不良性貧血、凝固因子 の障害による出血性素因。(9)消化器疾患:限局性腸炎、潰瘍性大腸炎。(10)重症消耗性疾患:重症消耗性疾患の全身状態の改善(癌末期、スプルーを 含む)。(11)肝疾患:劇症肝炎(臨床的に重症とみなされるものを含む)、胆汁うっ滞型急性肝炎、慢性肝炎(活動型、急性再燃型、胆汁うっ滞型) (一般的治療に反応せず肝機能の著しい異常が持続する難治性のものに限る)、肝硬変(活動型、難治性腹水を伴うもの、胆汁うっ滞を伴うもの)。 (12)肺疾患:サルコイドーシス(両側肺門リンパ節腫脹のみの場合を除く)、びまん性間質性肺炎(肺線維症)(放射線肺臓炎を含む)。(13)結核性 疾患(抗結核剤と併用する)。肺結核(粟粒結核、重症結核に限る)、結核性髄膜炎、結核性胸膜炎、結核性腹膜炎、結核性心のう炎。(14)神経疾 患:脳脊髄炎(脳炎、脊髄炎を含む)(一次性脳炎の場合は頭蓋内圧亢進症状がみられ、かつ他剤で効果が不十分なときに短期間用いること。)、末 梢神経炎(ギランバレー症候群を含む)、筋強直症、重症筋無力症、多発性硬化症(視束脊髄炎を含む)、小舞踏病、顔面神経麻痺、脊髄蜘網膜炎。 (15)悪性腫瘍:悪性リンパ腫(リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病、皮膚細網症、菌状息肉症)及び類似疾患(近縁疾患)、好酸性肉芽腫、乳癌 の再発転移。(16)その他の内科的疾患:特発性低血糖症、原因不明の発熱。• 外科領域..副腎摘除、臓器・組織移植、侵襲後肺水腫、副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲、蛇毒・昆虫毒(重症の虫さされを含む)。• 整形外科領域..強直性脊椎炎(リウマチ性脊椎炎)。• 産婦人科領域..卵管整形術後の癒着防止、副腎皮質機能障害による排卵障害。• 泌尿器科領域..前立腺癌(他の療法が無効な場合)、陰茎硬結。• 皮膚科領域..★湿疹・皮膚炎群(急性湿疹、亜急性湿疹、慢性湿疹、接触皮膚炎、貨幣状湿疹、自家感作性皮膚炎、アトピー皮膚炎、乳・幼・小児 湿疹、ビダール苔癬、その他の神経皮膚炎、脂漏性皮膚炎、進行性指掌角皮症、その他の手指の皮膚炎、陰部あるいは肛門湿疹、耳介及び外耳道の湿 疹・皮膚炎、鼻前庭及び鼻翼周辺の湿疹・皮膚炎等)(重症例以外は極力投与しないこと。)、★痒疹群(小児ストロフルス、蕁麻疹様苔癬、固定蕁 麻疹を含む)(重症例に限る。また、固定蕁麻疹は局注が望ましい。)、蕁麻疹(慢性例を除く)(重症例に限る)、★乾癬及び類症〔尋常性乾癬 (重症例に限る)、関節症性乾癬、乾癬性紅皮症、膿疱性乾癬、稽留性肢端皮膚炎、疱疹状膿痂疹、ライター症候群〕、★掌蹠膿疱症(重症例に限 る)、★毛孔性紅色粃糠疹(重症例に限る)、★扁平苔癬(重症例に限る)、成年性浮腫性硬化症、紅斑症〔★多形滲出性紅斑(重症例に限る)、結 節性紅斑〕、アナフィラクトイド紫斑(単純型、シェーンライン型、ヘノッホ型)(重症例に限る)、ウェーバークリスチャン病、皮膚粘膜眼症候群 〔開口部びらん性外皮症、スチブンス・ジョンソン病、皮膚口内炎、フックス症候群、ベーチェット病(眼症状のない場合)、リップシュッツ急性陰 門潰瘍〕、レイノー病、★円形脱毛症(悪性型に限る)、天疱瘡群(尋常性天疱瘡、落葉状天疱瘡、Senear-Usher症候群、増殖性天疱瘡)、デューリ ング疱疹状皮膚炎(類天疱瘡、妊娠性疱疹を含む)、先天性表皮水疱症、帯状疱疹(重症例に限る)、★紅皮症(ヘブラ紅色粃糠疹を含む)、顔面播 種状粟粒性狼瘡(重症例に限る)、アレルギー性血管炎及びその類症(急性痘瘡様苔癬状粃糠疹を含む)、潰瘍性慢性膿皮症、新生児スクレレーマ。• 眼科領域..内眼・視神経・眼窩・眼筋の炎症性疾患の対症療法(ブドウ膜炎、網脈絡膜炎、網膜血管炎、視神経炎、眼窩炎性偽腫瘍、眼窩漏斗尖端 部症候群、眼筋麻痺)、外眼部及び前眼部の炎症性疾患の対症療法で点眼が不適当又は不十分な場合(眼瞼炎、結膜炎、角膜炎、強膜炎、虹彩毛様体 炎)、眼科領域の術後炎症。• 耳鼻咽喉科領域..急性・慢性中耳炎、滲出性中耳炎・耳管狭窄症、メニエル病及びメニエル症候群、急性感音性難聴、血管運動(神経)性鼻炎、ア レルギー性鼻炎、花粉症(枯草熱)、副鼻腔炎・鼻茸、進行性壊疽性鼻炎、喉頭炎・喉頭浮腫、食道の炎症(腐蝕性食道炎、直達鏡使用後)及び食道 拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の後療法、難治性口内炎及び舌炎(局所療法で治癒しないもの)、嗅覚障害、急性・慢性(反復性)唾液腺炎

副腎皮質ステロイドの使い方より



まさか自分がこんな風に突然難聴になり
このような治療を受けるなんて想像も
したこともなく「ステロイド」って聞くと
すごく効くけど、なんか怖い薬…程度の
認識というか思い込みくらいでした。


いまサラっと書いたけど「なんか怖い」って
イメージはかなり多くの人が持ってて
マスコミなどの情報の流し方などによって
かなり偏った見方をされがちなのかなと。


とはいうものの、イメージとしてどうしても
ネガティヴな「副作用」に目が行きがちに
なってしまうのは仕方がないのかも。


なので!実際に自分に使ってみてどうか?
副作用出るのか?
効果はあるのか?
辛い?
痛い?
キツい?
苦しい?
など正直なところを記録していこうかな。


今日7/3で入院4日目。
6/29に入れてもらった点滴の針は
今のところズレることもなく
痛みもなくて過去にないくらい快適。



太っとい左腕にしっかりと刺さっています。


昨日までの3日間、毎日3種類の点滴を
合計4時間ほどかけて体に注入。





一番上の「プレドニン」というのが
ステロイドホルモン治療剤のようです。


で、ぶっちゃけ耳は聞こえるようになった?


正直まだ聞こえません。


病院に来るまでは全く聞こえず
僕は完全に失聴したものだと思ってました。


でも、聴力検査をしてみると
ほんのわずかですが
ほんとほんのわずかですが
音がなってるのはわかる気がする。


7/1の点滴後の検査では「おっ!」って
思うくらい「聞こえたかも…」がはっきりと
してた感じですが、昨日の検査ではやはり
「うーん?聞こえるか?」って感じに。


相談をすると真摯に答えてくれる耳鼻科の
先生にストレートにぶつけてみると
ステロイド治療を始めて劇的に効いて
復活する人も中にはいるし、入院中は
全くだったけど、その後徐々にというのも。
最悪、何も変わらないということもある。
どうなるかは
「神のみぞ知る」
というのが正直なところのようでした。


そして気になる「副作用」ですが
最も気にされていた「血糖値」は問題なし。


三食のご飯の前に指にプチっと針を刺され
血液絞って血糖値の検査をされますが
数値は全く問題ないそうです。今のところ。


あと、めまいやフラつきは…ちょっとあるね。
それと一番驚いたのは「疲れやすい」


僕の入院部屋はナースステーションから
一番遠いところにあるんだけど
食事を終わった後に食器を持って
ナースステーション前の食器置き場に行って
ベッドに戻ってくると息が上がっちゃう。


太ってるし
運動不足だし
杖使ってるし
歩くのは得意ではないけれど、ここまで
簡単に息が上がることは流石になかった。


目に見える(自覚のある)副作用というか
影響としては今のところそんな感じかな。


免疫力が低下したり
ムーンフェイスと言われる顔のむくみ
みたいなものもあるよ的なものがネットには
たくさんあるけど、まあ、薬だからね。


病気にも効くだろうけど
他にも影響あっても不思議はないよな。


いずれにしろ「やる」と決めたからには
覚悟を決めてやるしかない。


結果ももちろん気になるかというか
その結果のために頑張るしかないよな。


事細かくレビュー出来れば良いんだけど
性格上難しそうなので、変化があったら
また記録しておこうかな。


まぁ、そんなにビビることないよ。
悪いところばかり見てたら
そこしか見えないし、見方を変えるだけで
「神の薬」にも「悪魔の薬」にも
なるんだと思うよ。


ステロイドの難しい話とかは
ネットの中にたくさんあるのでそちらを。


今日も点滴やりますか。