3月19日(月)

 

劇団から無事に東京公演を終えたとの報告あり。

ほんとによかった。お疲れ様でした。

劇団の本公演ツアーにまるまる居なかったことは今まで無かったので、ちょっとドキドキしていたが、劇団員、スタッフの皆様、現地で手伝ってくださった皆様、力をあわせて素敵な公演にしてくれたようだ。

ありがたい。わたしも頑張ろう。


午前はメールなどをひたすらやり取り。

昼から夕方まで前述の大学卒業公演、二番目の演目のリハを拝見。

前回と全然雰囲気が違う。

芝居の内容もそうだが、学生の在り方も演出の仕方もなにもかも違う。

ある意味勉強になった。

そのあと来たるプレイリーディングの準備など。


夜、近所のスーパーのレジに並んでいたら、ふと嫌な予感がした。

わたしが水を買おうとレジに向かうと、アジア系の女性が出口の方じゃなく入口の列を戻ってきたからである。

もちろんいるのはわたし。

これは…もしや…

 

「Are you Chinese?」

 

そう聞かれたので、いやわたしはジャパニーズですと答えると、女性はがっかりしたようだった。

そうか中国の人に聞きたいことがあったんだ、と申し訳ない気持ちになったが、嫌な予感が的中しなかったことにほっとしてレジに再び向かおうとすると、その女性はさらにこう聞いたのだ。

 

「チャイナタウンにはどうやって行ったらいい?」

 

やっぱりいいいいい!

そして結局日本人でも聞くんかい!

これで3度目の道聞かれ。

やはり2度あることは3度あった。

 

偶然にもこの間、チャイナタウンに行ったばかりだったわたしは、彼女にチャイナタウンの行き方を教えた。

女性は嬉しそうに去っていった。

ええい、こうなったら。

4度目も来るなら来なさい!

 


3月20日(火)

 

一日、プレイリーディング準備日にした。

台本を用意したり、プログラム校正したり、演出考えたり、必要なものを買いに行ったり。

で、ようやく近所のハイドパークに行く。


{5BFDCBDE-BFE3-4681-B0CE-49ACEFB654E3}

数々の映画やドラマに登場している公園。

キングスマン・ゴールデンサークルの冒頭でタクシーが入っていった場所だ。


{02AF51A2-F308-4025-B8E2-F9601FACC35F}

天気が良くて心地よかったので、ベンチに座りコーヒーを飲みながら演出について考える。

湖もあり、広くて気持ちがいい。

犬の声や家族の笑い声がする中、翻訳台本と日本語の台本を比べ読みしていたら、色々とアイディアが浮かんできた。

こうしてのんびり作品について考えるのって大事だ。

日本でもこのような時間をしっかりつくるべきだと改めて思う。

日本での自分の過密スケジュールを思い返す。