窓口の周りにはさっきまで誰もいなかったのに、いつの間にか長い行列ができていた。

スーツケースを預け、劇場に渡すお土産でも買おうかな、とみやげもの屋の方に歩いていくと、向こうから知っている顔が…あっ!花植さんだ!

そう、照明家の花植さんが見送りに来てくれたのだ。

「(家が)ここから近いんですよ」

という花植さんだったが、近いとか遠いとかは関係ない。

ありがたい。内心じーんとした。

そういえば、劇団員の川本麻里那も前日に「行きます」と連絡をくれた。

そういえば、大学演劇部の同期のニシムラくんも起きられたら来てくれると言っていた。

みんなありがたい。

 

急いでみやげもの屋に行き、受け入れ先の劇場さんに渡す「ういろう」を買った。

母が「あんこは喜ぶ」と言ったのを真に受けた。そうだ、あんこは裏切らない。

他に母に言われたのは、「粉はやめろ」という言葉だ。

粉はそう、鞄を開けられた時にやばい粉だと勘違いされたらコトだからだ。

だからわたしは粉系の洗剤をやめ、液体系の洗剤をスーツケースに入れていた。

ここで葛藤したのが、花植さんから手作りのどくだみ茶を貰うか?だ。

花植さんのどくだみ茶は本当に美味しい。

だが、手作りなので個包装されているわけではない。

花植さんがせっかく持ってきてくれたのに…

そんなこんな悩んでいると劇団員の中元志津が現れた。

劇団きってのバイリンガルだ。できるならイギリスについてきてほしい。

そしてその志津はわたしに「ゆず煎茶」と「みかん番茶」をくれたではないか。

(のちにこのお茶はわたしを助けることになる)

なら、花植さんのどくだみ茶も…と思っていると、ニシムラくんが現れた。

ニシムラくんは18歳の時から顔が変わっていない。

18歳で出会った時から40過ぎのような顔をしていたが、

今は40過ぎなので年相応だ。たぶん80になっても一緒の顔だろう。老け知らずだ。

ニシムラくんは早朝でも同じ顔をしていた。

そこで川本の声がしたのでそっちを見ると、

一緒に劇団員の松井真人、木下佑一郎、真崎鈴子が走って来たではないか。

 

みんな、なんていいヤツなんだ。

 

と思ったのと同時にこうも思った。

 

こんなに見送りに来てくれるということは…マジで危ないのか?

 

などとドキドキしていると、川本がわたしの好きなヨーグレットをくれた。

これは粉じゃない。大丈夫。

するとニシムラくんが「じゃ、これも」やたら大きな包みをくれた。

見ると入っていたのはしるこサンド、ういろう、朗読CDなど。

これも粉じゃない。が…でかい。

スーツケースは預けてしまったし、もう入らない。どうしよう。

いつもなら喜んで貰うところだったが、しるこサンド(箱)がでかすぎる。

もし入国審査の時に「その中身はなんだ?」と言われて「しるこサンドです」と答えても、

「しるこサンド」を上手く英語で説明できる自信がない。

だがせっかくのしるこサンドだ。持っていこう。

ニシムラくんから貰った袋は手に持っていくことにした。

そうして残念なことに花植さんのどくだみ茶だけを諦め、わたしは検査場に入っていった。

日本の検査場は通ったことがある。まだここは本番じゃない。

わたしの本番はこれからだ。

 

見えなくなるまで手を振ってくれるみんなに手を振り返した後、

この渡航のために買った大きなショルダーバッグ(それまでショルダーバッグなど持ったことがなかった)を斜めにかけ、弟から貰った大きなリュックサックを背負い、そして右手に大きなしるこサンドの入った袋を持ったわたしは、いざ飛行機に乗り込んだ。

まずはセントレアから羽田へ。

さわやかなおねえさんが迎えてくれた。おまけに飴ちゃんもくれた。

ああ、とうとう旅立つんだ。

みんなありがとう。行ってきます!

 

飛行機が動きだした。

ああわたしはとうとう愛知県を離れ…

離れ…

ない。

それどころか止まった。

飛行場のど真ん中で。

飛行時間はとっくに過ぎている。

まさか見送りのみんなもわたしがまだここに留まっているとは思わないだろう。

しばらくして、機長の声が聞こえて来た。

 

「えー、ただいまセントレア上空、非常に強い横風が吹いております。この飛行機が耐えられるの風は29ノット、ただいま35ノットの風が吹いております。もしかしたら引き返すこともあるかもしれません」

 

おい、待て待て。

戻ってたら間に合わないじゃないか。

いや、でも羽田からの飛行機は11時30分。

今はまだ8時。

間に合う。間に合うはずだ。

とにかく飛んでくれれば。飛んでくれさえすれば。

風よやめ。やんでくれ。

 

ところがそこから約1時間。

飛行機はまったく動く気配がない。

 

まだ愛知県すら出てないのに…

ここで早くもロンドン行き断念?