兄ちゃんの中学デビュー戦 | 君に書く物語

君に書く物語

ASD(ADHD+アスペルガー)な息子と定型発達の妹&弟。
AC母さんの凸凹な育児日記


テーマ:
こんにちは、のっちです(о´∀`о)
いつもご覧下さいまして有難うございます♡

 

自閉症スペクトラム(混合型ADHD+アスペルガー)

兄ちゃん(現在12歳)と不注意優勢型ADHDの娘ちゃん

(9歳)と定型発達のチビくん(3歳)

アダルトチルドレンな母さんの、凸凹した育児ブログです。

兄ちゃんを出産した2006年より記憶を辿って書き綴っています。

 

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧



相撲大会のシーズンに入りまして、

今年度初の大会に行って来ました。


兄ちゃんにとって、

中学生大会のデビュー戦。

冬の間にどれだけいい稽古をしたかで

そのシーズンの成果が決まると言います。



私へのミッションは

車で片道2時間半、朝7時集合という

結構なハードスケジュールでしたが(苦笑)

結果…ヘロヘロになりました。





***

 



 

冬の間にさほど体重が乗らず、

(それでも5kgは乗せましたが…)

身長ばかり伸びていた兄ちゃん。


中学生になると学年は関係無くなり、

基本的には体重別の階級戦となりますが、

中には無差別級の試合もアリでして、

今回の大会は無差別級、

他県から強者が集まる大きな大会でした。



そんな大会、兄ちゃんの対戦相手は




体重差20キロオーバー

身長差10センチ

隣接県で1番強い3年生




始まる前から負け戦のフラグが

既に立っていましたよ…滝汗



「えー、俺今日勝つつもりだったのにー滝汗

絶対勝てないよー!」



と軽く凹む兄ちゃん。



「や、可能性はゼロでは無い真顔


仮にそうだったとしても、

胸を借りるつもりでどーんと

思いっきり当たって来なさい!


どんな事、好きな事をやっていいから、

兎に角思いっきりね!ウインク



と言いましたら、

兄ちゃんも吹っ切れた様で、

「分かった!真顔

と頷いていました。




先に団体戦があって、対戦相手の子の

試合を見ていたのですが、




張り手一発で

相手を土俵の外に

吹っ飛ばしていました。





「……滝汗滝汗滝汗





親子共々無言。。。




「…でも相手の相撲を見れて良かったデレデレ



と言う兄ちゃん。




そんな後に個人戦1回戦が始まり、

兄ちゃんは75試合中の24番目。

アップを済ませて待機しているうちに

兄ちゃんの試合になりました。



名前を呼ばれて土俵に上がる兄ちゃん。



「兄ちゃーん!頑張れー!」

と大声で声を張り上げる私。




あ、相手の子、で、デカイ…滝汗滝汗

兄ちゃんがか細く小さく見えるよ…。




どうか大きな怪我をしません様に。




そう祈りながら土俵の上の兄ちゃんを

見つめました。





はっきよい!!




兄ちゃんが飛び出しました。



立ち合いが遅い、当たりがまだ弱く、

もっと腰を落として低い位置から当たれと

いつも先生から言われている兄ちゃんですが、

タイミングよく良い位置に3点で

思いっきり当たりました。

(注:相撲では両手、おでこの3点で当たる、押すなどが

基本的な姿勢となります。)



体格差があり過ぎて後ろ廻しに手が伸びず、

左手で前廻しを掴みましたが、

相手からの張り手を左耳と頬にモロに食らう。

それでも倒れず堪えて踏ん張る兄ちゃん。


体制が少し崩れたけれど、相手の懐に

入り直し、おっつけをして相手の上体を

起そうとする兄ちゃんに次は喉輪が来ました

(注:「おっつけ」とは相手の差し手を自分の

手の平から肘を使って、下から上へ絞る様に

押し付けるor相手の肘を掴んでねじ上げる事で、

「喉輪」は喉を押す事です。)




それでも堪える兄ちゃん。

一瞬目を覆いました。




「兄ちゃん!腕!切れー!」

(注:相手の肘を張って振り払う事)

思わず叫びました。




切ろうとしても既に体勢は海老反りに

なっていたので、そのまま土俵際まで

追い詰められ、土俵の俵を踏み台にして

体を起こそうとする兄ちゃん。




「回れー!!」

(注:土俵の俵に沿って素早く摺り足をし、

相手の横や後ろを取って形勢を変える事です)



兄ちゃんが回ろうとした瞬間、

相手の上手が上に上がり、

兄ちゃんはふわっと浮き上がり、

弧を描いて土俵の上に倒れました。




決まり手は「上手投げ」でした。




「あーあ、負けちゃった笑い泣き

勝ちたかったんだけどなー」



砂を払いながら兄ちゃんは晴々とした顔で

応援席に戻って来ました。



「凄くいい相撲だった!

あの相手にあそこまで出来たのは

天晴としか言えないよ!

よくやった!!」



兄ちゃんの相撲に殆ど褒めた事が無かった

私でしたが、こればかりは褒めちぎりました



兄ちゃんの力は中学でどれだけのレベル

なのかを知る良い機会になりましたし、

1年生の洗礼を受けた兄ちゃん。

 


「1年生のうちは勝てないだろうけど、

この間にもっと稽古して強くなる!」

 

 

帰りの車の中でそう決意していました。





頑張れ、兄ちゃん!

次は県大会だ!ウインク






更新の励みになります!

応援ポチして頂けたら嬉しいです(´∀`人)

 

 


発達障がい児育児ランキング

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

のっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ