ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

東京フィルメックスにて「プリンス」を観てきました。


ストーリーは、

第1回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞したハッサン・イェクタパナー監督作品『ジョメー』(00)に主演したジャリル・ナザリのその後を追ったドキュメンタリー。1997年、17歳のアフガン人青年ジャリルは、タリバン政権下のアフガニスタンからイランにやって来る。様々な職を転々としていたジャリルの運命は、映画の主役に抜擢されたことにより一変する。ハンブルク映画祭のゲストとしてドイツにやって来たジャリルは、映画祭が終了してもイランには戻らず、難民としてドイツに亡命することを決意する......。

というお話です。


プリンス

第1回目のフィルメックスで上映された映画の主演男優のドキュメンタリー映画でした。第1回って、15年前って事ですよね。すごい歴史を感じました。私は、15年も前には、映画祭なんて、全く知らず、ぼんやり遊び回っていたころかな。イヤイヤ、勉強してたかな。(笑) その映画を観た方が会場に居たりして、映画祭って、凄いなぁと改めて感じました。


その1回目の作品「ジョメー」で、主演をしたジャリルは、アフガニスタンのタリバン政権下から逃げて、イランに入り、そこで映画の主役を貰い、その映画が映画祭を周る時に一緒に周り、世界を知り、ドイツという国に亡命して居を構えることを決意します。それまでの生活から変わりますが、自分の国が無くなってしまった彼には、自分の国が必要だったのかなと思いました。


家族が居る場所が家だと言いますが、でも、やっぱり、自分の国、自分が愛する国が必要ですよね。安心して生活出来る場所、安心して仕事が続けられる場所、そんなものは、最初からあるものだと、日本に居ると思いますが、自分の国が紛争地帯になっていると、そうでは無いんですね。ジャリルの考える事を全部理解する事は出来ませんが、この映画を観て、少しは、そういう国の人々の感覚が解ってきたような気がしました。


プリンス

それにしても、色々な国によって、人の価値観って違うんですね。ジャリルのところでは、結婚式で沢山のお金を使う事が、男のステイタスだと思われているらしいんです。そこでケチると、酷い男だと思われるみたいなの。不思議ですよね。だって、結婚式なんてやらなくても良いっていう国も多いし、フランスなんて、カップルの半分以上が結婚自体をしないっていう時代に、結婚式を大切にしていて、まして、外部の人間は入れないとかって、凄いなぁ。


このドキュメンタリーを見ると、価値観の違いだけでなく、生き方の違い、家族の繋がりの違い、沢山の違いを感じる事が出来ます。そして、それは、面白いと思いました。自分が思っている事が、全然違うのだという感覚って、面白いんです。楽しめると思いますよ。


プリンス

私は、結構、楽しめたのですが、ドキュメンタリー映画が好きな方や、中東の情勢や生活に興味のある方にお勧めします。ドキュメンタリーに慣れていないと、ちょっと、途中で疲れてしまうかも知れません。日本公開は解りませんが、もし、観る機会があったら、ぜひ、観てみて下さい。

ぜひ、楽しんでくださいね。カメ




東京フィルメックス 2014  http://filmex.net/2014/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京フィルメックスにて「ディーブ」を観てきました。


ストーリーは、

第一次大戦中、オスマン帝国支配下のアラビア半島西部ヒジャーズ地方。遊牧民ベドウィンの少年ディーブは、英国人将校に道案内を頼まれた兄とともに旅に出る。極秘任務を負った英国人将校の目的地はヒジャーズ鉄道近くの井戸。だが、一行は夜中に何ものかの襲撃を受け、英国人将校たちも、更には兄までもが殺害されてしまう......。
というお話です。


ディーブ


遊牧民たちは、とても人が良くて、英国人だろうが、誰だろうが、道案内を頼まれれば、快く引き受けていました。そこに、どんな目的があるのかなどは、彼らには関係無いんです。戦争があろうと、自分たちの生活を守り、続けて行くのが彼らなので、道案内を快く引き受け、出発します。


ディーブ

順調に進んでいたのですが、夜になり、何者かの襲撃を受けます。敵は、英国人が目的のようですが、一緒にいたディーブと兄も、襲われてしまいます。何の関係も無いディーブと兄は、必死で応戦し、朝まで戦いますが、結局、兄は殺されてしまい、ディーブは、井戸に落ちてしまいます。


ディーブ

襲撃してきた集団は、目的を達成し、居なくなり、ディーブは、なんとか井戸から這い上がるのですが、ラクダも無く、その場所から帰る事が出来ません。途方に暮れている所に、何故か、先ほどの集団の一人が怪我をして、フラフラとラクダに乗ったまま戻ってきます。


ディーブは、そのラクダを捕まえ、逃げようとするのですが、一人では上手くラクダを扱えず、逃げる事が出来ません。仕方なく、敵である男を助けて、自分も一緒に抜け出すしかないと諦め、男を助ける事に。そして・・・。後は、映画を観て下さいね。


ディーブ

この時代の社会の変化を良く描いていて、盗賊かと思った集団も、本当は、国の変化によって、そういう仕事を引受けなければならなくなったり、ただ、悪い奴では無いんです。戦争では、どちらも正しいですからね。でも、ディーブは違います。彼は、昔から変わらず、同じ生活を続けてきたし、戦争に関係していないんです。それでも、影響を受け、家族を亡くしたり、命の危機に見舞われたりしてしまう。


ディーブ

どんなに自分たちには関係が無いからと言っても、そういう訳には行かないという現実が描かれていて、そういう思いをした人々は、沢山いたんだろうなぁと考えさせられました。発展する事は、全てが良いとは限らないんですね。古いまま、生活を続けたい人も居たんです。可哀想だと思いました。


ディーブ

ディーブの少年が可愛くて、私は、この作品、結構、気に入りました。でも、単館系だから、日本上映があるかどうかは、ちょっと解りません。私は、まぁ、お勧めしたい映画なんですけどね。もし、公開されることがあったら、ぜひ、観てみて下さい。

ぜひ、楽しんでくださいね。カメ




東京フィルメックス 2014    http://filmex.net/2014/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京フィルメックスにて「ツィリ」を観てきました。


ストーリーは、

ホロコーストの生存者である作家アハロン・アッペルフェルドの同名小説の映画化。第二次大戦中のウクライナ西部。家族を収容所に送られ、一人逃れてきた若いユダヤ人女性ツィリは、チェルニウツィーの森に身を隠す。やがてツィリは収容所から逃れてきた男マレクと出会い、一緒に暮らし始めるが、マレクは食料を求めるために村に向かい、そのまま戻ってこない。隠れ家を出たツィリはパレスチナに向かう人々の集団に出会う......。

というお話です。


ツィリ

アモス・ギタイ監督の新作ですが、今回、あまり引き込まれなかったな。私、良く理解が出来ませんでした。映像は、とっても美しいのですが、何となく、私は、ダメでした。

ツィリは、森の中で、1人、食べ物を探し、寝床を作り、火をおこし、生活を始めます。映画は、そこから始まるのですが、彼女は、ユダヤ人で、収容所から逃げてきて、その森に姿を隠しているという設定なんです。草の実を食べ、小さな薪を集めて寝床を作って、ナチスから隠れて生きて行けるように、生活の場を作っています。


ツィリ

そんなツィリの場所に、やはり収容所から逃れてきた男マレクが現れます。最初は、ツィリも恐がって、話もせず、近寄りもしなかったのですが、段々と近づくようになり、その男と暮らし始めます。しかし、森の中だし、ナチスから逃れるために、それほど自由に動き回れる訳では無いので、食糧も少なく、寒い日々も続きます。マレクは、食糧を手に入れる為に村に向かい、そのまま戻ってきません。


ツィリ

ツィリは、またも一人になり、仕方なく、森から出てみると、パレスチナに向うユダヤ人の集団に出会います。どこの村から来たのか聞かれても、ツィリは答えられず、何となく、一緒にパレスチナに向かうことになるのでしょう。先に、しあわせがあるのか、悲劇があるのか、全く解らないけど、でも、新しい世界に旅立つことは、民族の未来につながるのではないかと思えました。


ツィリ

スミマセン、私、この映画の意味が、良く解らず、良い感想が書けません。ユダヤ人が苦しんで、そしてパレスチナに逃れたということは解ります。ツィリという女性が、ユダヤ人の象徴として考えていて、パレスチナに移動し、イスラエルを作ったということだと思うのですが、その事実以外に、何も感じられなかったんです。何でだろう。


ツィリ

私は、自分が、全く共感出来なかったし、理解出来なかったので、お勧めは出来ません。アモス・ギタイ監督の作品、結構、好きで、今まで、フィルメックスで何作も観ていたんですけど、今回は、ダメでした。もし、気になったら、観てみて下さい。

ぜひ、楽しんでくださいね。カメ




東京フィルメックス 2014    http://filmex.net/2014/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。