ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

今日も働いてしまった・・・o(;△;)o エーン

映画が観たい~。どうしてこんなに時間が無いんじゃ~。


2月こそ、なんとか映画三昧にしたいんだけど、どうかなぁ。今日は、実家に帰ってきて、CATVで”嫌われ松子の一生”を観ています。”図鑑に載っていない虫”もやってるなぁ。やっぱりどちらの映画も面白いなぁ。

観たことありますか?どちらも笑えるんだけど、やっぱり”松子”は衝撃的でしたね。あの中谷美紀がすごい体当たりの演技で、ビックリです。昔から彼女のファンでしたが、この映画で、更に好きになりました。


そういえば、私、演劇も機会があれば観る様にしているのですが、久しぶりに、ぴあに”劇団新幹線”の情報があって、先行チケット販売があったので、購入してみました。”劇団新幹線”、すごく面白いし、すごい俳優さんばかりが出ますよね。ゲキシネでは観たことがあるのですが、チケットは、だいたい気がついたときには完売していて、観れないんですよねー。今回は、たまたま、早めに気がついたので、購入出来ました。やったぁ!!

まだ公演は先だけど、楽しみに待っています。また、観たら、感想を書きますね。


明日こそ、ゆっくり休みたいなぁ。カメ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いやいや、仕事の後、飲みに行ってしまい、帰ってきて寝てしまいました。今、起きたよ~!!(^_^;)


今年も、2月のユーミンの苗場スキー場コンサートツアーに行ってきます。30周年記念ということで、申し込みをいくつかしたのに、ハズレばかりで、やっと一つだけ当たって、行けることになりました。

新幹線で行く1泊2日のツアーなので、とても楽です。年に一回だけスキーをすることが出来るので、コンサートだけじゃなくて、スキーも楽しみなんですよ。昔は、毎週のようにスキー場に行っていたのに、最近はパワーが無くて、年一回で充分になってきました。

実は、すごいユーミンファンという訳ではないのですが、もう10年以上友達と行っているので、同窓会状態になっていて、辞められないんですよねー。ついつい、毎年行ってしまう・・・。面白いし、楽しいからいいんですけど、やっぱり高いです。1泊2日で4万3千円ほどで、この値段だったら、海外に行けるでしょ。

それでも毎年行っちゃうのは、何か魅力があるんですよねー。楽しみ~。


そういえば、マイケル・ジャクソンの”THIS IS IT”のDVDが届きました。嬉しい~。2枚組です。早く観たいのに、ゆっくり観る時間がない~。もー、明日も朝から仕事だし、なんとかしたいなぁ。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) .../マイケル・ジャクソン

¥3,990
Amazon.co.jp

明日は、DVDでも観て、ゆっくり感想でも書きたいなぁ。早いとこ、仕事を終えて、帰ってこよっと。カメ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は、”息もできない”の試写会に行ってきました。東京フィルメックスの最優秀賞だった作品で、ああー、観ておけば良かった~と悲しんでいたら、お友達が誘ってくれたんです。幸せ~!!


ストーリーは、

偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でもそこから運命が動き始めた。「家族」という逃れられないしがらみの中で、生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる取り立て屋の男サンフンと、傷ついた心を隠した勝気な女子高生ヨニ。歳は離れているものの、互いに理由もなく惹かれあった。ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動き始める・・・。

というお話です。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!-息1

すごく激しくて、暴力が支配しているような内容なのですが、描いているのは家族のあり方です。家族の絆と、絆があるが故に怒りと憎しみを忘れられないという、深い悲しみと愛を感じました。この映画が、フィルメックスの最優秀賞と観客賞だったのも頷けます。


なんていうのかなー、深いところから主人公が叫んでいるような、そんなイメージがこちらに訴えかけてくるんですよ。現在でも問題となっている家庭内暴力=DVによって、家族がどこまでも辛い思いをするということ、そして、それがどこまでも続いていってしまうということ、そんな悲しい連鎖も描いていました。そんなことがあってはいけないんですけど、現実には起こっている。それを止めたいという愛が伝わってきました。
監督のティーチインがあって、監督がおっしゃっていたのですが、韓国のDV問題は、国からの”こうあるべきだ”という押し付けの政策によって、家族の父親が精神的に圧迫され、耐えられなくなって家族にDVを働いてしまうという事があったように感じている。だから、暴力を振るわれる妻や子供も可哀想だが、父親も可哀想なのだと話されていました。とても考えさせられる考え方です。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!

今、日本でも、DVは結構問題になっていますよね。色々な理由があると思うけど、好きな人に暴力を振るうって、やっぱり病気なんだと思うんですよ。それは、自分でも判っていて止められないのではないかと思います。もし、そういう自分を見つけたら、ちょっと視点を変えて、ほかの事をやってみたらどうかなぁ。私も、どうしようもなくて、物に当たるとかってありますよ。皿を割ったりすると、それで少し解消したりするし、人に迷惑かけるより、何か解消法を見つけないと、自分を壊すことになっちゃう。


ゆきがめのシネマ、試写と劇場に行こっ!!

監督&主演のヤンさんです。ちょっと、太ったのかな。


この映画も、ネタバレしたくないけど、結局っていう結末にたどり着きます。でも、希望の光が少しだけど最後に見える映画でした。

現実には、出来れば幸せになりたいですよね。自分を見直そうって考えた映画でした。

とても良い映画です。私は、お勧め出来ると思いました。感動できます。カメ


息もできない Breathless - goo 映画
息もできない Breathless - goo 映画


「息もできない Breathless」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。