展覧会を見に「シンガポール」に来ています!

今年の8月に行われた「東京での展覧会」の対になる(セットの)展覧会ですね(^^)。

 

本当は、東京の展覧会の方に参加したので、「シンガポールは行かない」予定にしていました。でも、(展覧会会社さんから)ツアーの案内が届き、また担当者さんと「スケジュールの調整」をしたら、「がんばれば行ける!」ことが判明し、急きょ、職場にもお休みをもらい、2泊5日のスケジュール(笑)で行くことに(^^)。

12日の日は、仕事が終わってから、夜発の飛行機の便でシンガポールへ出発!

昨日の13日の朝到着し、ぶじ、入国審査なども終え、MRT(電車)で市内のホテルに移動します。早々にホテルのチェックインをすませ、スーツケースを預かってもらって、市内の観光(写真撮影)に向かいます!

 

おぉ、順調に来てます!今回は、(イギリスに続き)「今年二度目の海外」なので、(前回よりは)スムーズにことを運ぶことができました(^^)。

 

(わたし)シンガポールは、「今回で3回目」となります!(実は)「初めての海外旅行がシンガポール」で、その後、地球一周の船旅で1日立ち寄り、そして、「今回が3回目」となります!(^^)

 

わたし、「マーライオン大好き」なんです(笑)。今回の旅行に先立ち、「どこを回ろうか」と考えネットで調べてみたら、なんと「政府公認のマーライオンが5体あるらしい」ことを知ります!もう、びっくり、マーライオンは、「マーライオン公園のマーライオンしか知らなかった」ので、これは、もう、「マーライオン(写真)ゲットして帰るしかないな!」と思い(笑)、予定を立てたというわけ。

 

ちなみに、5体とは、1.マーライオン公園の(一番メジャーな)マーライオン、2.その後ろ向かいにあるらしいリトルマーライオン、3.セントーサ島にある(ビックな)お父さんマーライオン、4.政府の施設敷地内、5.どこかの展望台かなんかに行く山の途中にあるらしい、ということのようです(ネットで得た情報です)。

 

そして!当然のことのように、(まずは)ホテルから「マーライオン公園」に向かいます!

 

まだ朝早い時間ということもあり、人気も少なく「写真(気軽に)取り放題!」です!!(喜)

 

そうしてゲットした「マーライオン2体(写真)」は、こんな感じ!↓

 

{5C9E5AE7-C1A9-4930-95CD-A97A86BD50DA}

そして、徐々に人も増えてきます!今日は、(おまけに)「日曜日」ということもあり、マーライオン公園の前の道が、「市民マラソン?」か何かのコースになっているようです!もう、ひっきりなしに人は通るは、外はだんだん暑くなるわで、10時半頃にはすっかり「バテて」いました(笑)。

 

そうして、「次どこ行こうか」と考えて、(あまりに暑いので)夜行く予定にしていた「ナショナル・ギャラリー・シンガポール」に(涼むのを兼ねて)向かうことにします!

 

あらかじめ、ホテルからギャラリーへの道のりは調べてあって、この日も途中で通りすがりました。それで、問題なく到着。

 

ちなみに、まだナショナルギャラリーはできて間もない?らしく、こんな感じの外観でした!↓

 

{F7A6A932-0267-49CF-9FEB-A4B463472CCB}

とてもステキです。中も「フラッシュたかなければ」写真撮影もOKとのこと。これは嬉しい(喜)。

 

そうして、(外国人用の)「一番安いチケット」を購入し、早速、館内を見て回ります!

チケットは、「シール」になっていて、そのシールを服などに貼ることで、館内チェックとしているようです。

 

館内は涼しくとても落ち着いた雰囲気で、ゆっくり回れる気がします。2F(だったかな)のギャラリーを見学している時、「小さい子どもたちのアート教室」かなんかが開かれていて、みんな順番に「自分の作ったアート作品をみんなの前でおひろめ」とかしていて、とてもかわいかったです!(^^)(正直)思わず「写真撮りまくりしたい」衝動に(少し)かられましたが、ここは(美術館)シンガポール。(いきなり写真撮って)子どもたちをびっくりさせたくはなかったし、「無断で写真撮るような」マナー違反的なこともしたくなかったので、(遠目から)様子を伺いなから、わたしはわたしで、順番に作品を見ていきます。

 

「色んなタイプ」の作家さんが居て、楽しめました。「書画」も大きいのがあって、ビックリしたりします。中国系の絵画?と言ったほうが正しいかも?

 

はい、そんなして、ゆっくり回っていると、係の女性の方が話しかけてきて、作品の説明とかしてくれたりしました。でも、わたし、「英語苦手(適当にしか使えない)」ので、一生懸命(有意義そうな)お話をして頂いても、「ほとんど(簡単なのしか)わからない状態」でした(苦笑)。それで、正直に「英語は少ししか理解できない」と伝えます(笑)。そして「日本人か?」と確認されます(^^)。ここ、シンガポールは「黒髪のアジア系の人たちが大半」なので、油断すると、(遠慮なく)ペラペラな英語で話かけられてもよくわかりません(^^;)。

 

こんな時は、さすがに「もうちょっと英語理解できたら」とか思ったりもしますが、まぁ、仕方ない(語学赤点だったので:笑)。

 

そうして、この後、まだナショナルギャラリー内の屋上(レベル6)などに上がって写真を撮ったり、(流れてくる写真画面の中から)お気に入りの絵画で「コラージュ作品」を作ったりして(自分のメールに送れる)楽しみます(^^)。

 

このあたり、もっと詳しく書きたいところですが、もう「展覧会会場に行く」準備をしなければいけない時間となってしまったので、今日のところはこのくらいで。

 

シンガポールの記事は、また書けたら書きたいですね(^^)。

 

それでは、また。