韓国大統領諮問委員会

「日本が輸出規制したのは、韓国が凄いから」

https://sincereleeblog.com/

2019.08.08

 

KorePresidentialWhyRestrictedExportKoreaAmazing2

KorePresidentialWhyRestrictedExportKoreaAmazing1

이제민 " 한국 이 日 따라 잡자 수출 규제 " .. 직속 기구 대통령 보고 | Daum 뉴스

韓国大統領諮問委員会、日本が輸出規制したのは、韓国が凄いから2

韓国大統領諮問委員会、日本が輸出規制したのは、韓国が凄いから
 

李済民(LeeJae-min,이・재민

"韓国二日追いつくとすぐに輸出規制"

…直属機構大統領報告/聯合ニュース(Yonhapnews)

2019/08/08

字幕ー設定ー字幕(1)ー自動翻訳ー言語


 

日本は侍、忍者精神が透徹した国だ。
前で笑うが、振り返っては人に背中を刺す民族だ。
いつも忘れずにおこう。
 

私達がうまく行って自分たちより上にあることが

明らかに見えるので理性を失うだろう

-日本は永らく韓国が日本を追い越して

全てのものが韓国のせいであり、

韓国のために日本が大変で危機が訪れるという

詭弁をならべて内部の問題を外部(韓国)で投げようとすることだ。

そろそろ倭寇(wakouJapanesepiratesof the Middle Ages

彼らの本性が徐々に輪郭があらわれることで考えられますね

わが政府も強力な対応措置お願いします


 

明らかな原因分析はやめて何かちょっと対策を出せ
検討して時間みな行く


 

韓国が凄いから、日本が怖気づいて韓国を潰そうとしている」という意見。

前から個人(ネチズンなど)中心でそんな話をする人はいましたが、

なんと大統領直属の委員会で、

まったく同じの報告書を作成、

文在寅MoonJae-in,문・재인大統領に報告したことがわかりました。
 

どういうことが書いてあるのか、聯合ニュースの記事から引用してみます。

 

李済民(LeeJae-min,이・재민

「韓国が日追いつく輸出規制」直属機構大統領見

https://news.v.daum.net/v/20190808133905215

(ソウル=聯合ニュース)イ・サンホン記者=honeybee@yna.co.kr


 

「日韓国交正常化当時、垂直分業体制持続意図」
「安倍の日本、予期しない結果に戻すし。政治・経済区分できない日本」
「韓、安保米国-交易中国依存状態。米国中国の対立に大きな打撃」


 

大統領直属機関である国民経済諮問会議

李済民(LeeJae-min,이・재민)副議長は

8日、韓日国交正常化以来、

経済の各分野で日本を追い越す韓国を以前の状態に戻そうと、

日本が韓国の輸出規制措置を取ったという分析を出した。

 

イ副議長はこの日の午前、

文在寅MoonJae-in,문・재인大統領主宰で開かれた

国民経済諮問会議の全体会議で、

日本が韓国をホワイトリストから排除した原因

安倍の日本は意図していない結果をもとに戻そうとしている

と述べた。

 

彼は、

韓国は2次世界大戦後の世界的な自由貿易秩序に

すぐに便乗することで、発展途上国の中で、先進国に変身した唯一の国になった」、

 

「そうできたのには、

1965年の韓日国交正常化がある程度は役に立ったのも事実であり、

当時の日本当局者は、

韓日間の垂直分業体制を作り、それを持続するという意図を持っていた」

と説明した。

 

彼は

「韓国はその後、多くの分野で日本に追いつき追い越すことができた

日本は自由貿易秩序に適応し生きなければならない立場で

韓国がそうなることを防ぐことができなかった」、

「日本の当局者の観点から見ると、意図していない結果だ」

と言及した。

 

過去の経済的な依存関係を脱皮している

韓国に対する警戒心と危機感のせいで、

日本の安倍晋三政権が自由貿易に反する

非常識で無理な手を使ってきた、という認識であるわけだ・・>


 

続いて、この副議長は、

「冷戦終結後、中国経済の高度成長は、韓国が成長を持続するために役立った」

「韓国は中国が最大の輸出市場であり、投資対象になり、

その結果、安全保障、アメリカ、交易は中国に依存した状態になった」

と話した。

 

それとともに

「そんな構図で、韓国は主要国の中で、

米国・中国の対立から最も打撃を受ける国になった」

と診断した。

 

彼は、

「韓国経済は、世界経済の古典的困難を経験するうえ、

日本の輸出規制に伴う不確実性加わった状態」

「この問題がいくつか重なって、

政治・経済を区別していない日本の行為で、

私たちが苦労している

と明らかにした。

 

 

 

ムン大統領、国民経済諮問会議の招集(ソウル=聯合ニュース)

ハン・サンギュン記者=

文在寅MoonJae-in,문・재인大統領が

8日午前、大統領府で開かれた国民経済諮問会議のに

李済民(LeeJae-min,이・재민)諮問会議の副議長との立場である。


 

この副議長は、

「当面の問題について政治・経済を網羅対応策が必要であり、

おそらく政治側解決されなければならない部分が多い」

「しかし、最初に、

経済の方の解決策を見つける必要がありということは言うまでもない」

と強調した。

 

彼は

「経済の対策は通商戦略・産業政策・マクロ経済政策に分けることができる」

「当面の問題が通商問題なので、ここで先に集中しなければならない」

と助言した。

 

また、

「通常と不可分関係産業政策を調べる必要があり、

短期的に景気下降に対応して、

長期的に世界経済の不確実性に対処するために

マクロ経済政策を見てなければならない」

と付け加えた。

 

続いて

「このような困難のもとでは、根本的に世界秩序の変化という要因が置かれている」

「単に経済的要因ではなく、政治・経済が相互に作用した結果だ」

と述べた。

 

彼は

「過去西欧の重商主義、東アジアの朝貢貿易の時から

政治・経済は不可分の関係にあった」

19世紀の自由貿易は、英国の覇権と、

20世紀の自由貿易は、米国のヘゲモニーと不可分の関係にあった」

と説明した。