荒川由貴のブログ〜華麗なるバシトウ・ダルジェントの物語 

荒川由貴のブログ〜華麗なるバシトウ・ダルジェントの物語 

日本画の制作をしています、荒川由貴です
制作発表のお知らせなどいたします
よろしくお願いいたします

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

 

個展を開催します。

『荒川由貴展〜華麗なる勝負師の物語Ⅱ』

 

 将棋棋士・囲碁棋士の勝負師の世界をテーマに取り組んでいます。

第二回となる『華麗なる勝負師の物語Ⅱ』では、知的で優美そして華やかな女流棋士を中心に、勇ましく果敢に戦う男性棋士の姿を描いた大作作品他、10数点ほど展示致します。

是非ご高覧ください。

 

 

ちなみにこちらは全体図。

人狼ゲームがお好きな香川愛生女流をイメージして描きました。

 

今回作品には室谷女流VS香川女流の大作作品(背景には男性棋士の方々が大勢)などがあります。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

2017年4月3日(月)~4月8日(土)

月曜日〜木曜日 午前11時から午後7時まで

(金曜日は午後9時まで。土曜日は午後5時まで)         

アートスペース羅針盤

〒104−0031

東京都中央区京橋3−5−3京栄ビル2階

Tel.03-3538-0160

将棋世界3月号、4月号にも個展告知を掲載いただきました。

4月号には加藤一二三九段特集が掲載されていて、同じタイミングに載せていただいてとても嬉しいです。

 

 

 

 

前回個展に続いて今回も将棋ファンのAさまにデザインいただきました。とてもお世話になりました。

 

たくさんの方のお世話になり皆様に感謝しております。

残りの制作期間、一筆一筆心を込めて描きたいです。

 


テーマ:
囲碁棋士大橋拓文六段といえば最近アルファ碁の活躍で、メディア出演などにひっぱりだこ!

コンピューター碁には以前から詳しく、詰碁の天才であり、ピアノの達人という、多才なかた。
前に難易度の高いショパンのピアノ曲、「革命のエチュード」を聞いたときはしびれました!!!!

大橋六段には週刊碁を紹介していただいたり大変お世話になりました。
井山氏の七冠達成が実現なるかで、話題のつきない囲碁界、、、私個人としては大橋六段のタイトル獲得を楽しみにしております。


大橋拓文六段

自称??宇宙人の大橋六段。
そんな大橋六段をイメージして描きました。
『なるほど!ひかる手筋』とは大橋六段の著作のタイトルから。

href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160414/23/yukiarakawa0730/54/df/j/o0800056313620622468.jpg">週刊碁個展掲載

週刊碁に掲載されました!


週刊碁囲碁ガール

囲碁ガール特集に載せていただきました!





取材幽玄の間大橋カメラマン

特別対局室幽玄の間にて。取材の横で撮ってもらいました!!(大橋カメラマンありがとうございます!!)



週刊碁取材

日本棋院にて取材中。
日本棋院は地下に資料館を公開しており、囲碁の浮世絵の展示などもありとても楽しめました



週刊碁幽玄の間

去年の個展にて。

大橋先生の今後の活躍も楽しみにしております!!



テーマ:
先日、日テレ『知られざるアノ人にあう!熱狂ファンワールド』に出演いたしました!

私は、度々絵に描いている香川愛生女流三段の熱狂ファンとして登場。
数日にわたる密着取材がありました。お世話になりました皆様ありがとうございました。

香川女流の魅力はなんといっても目力!!勝負師としてのまなざしも、あどけないおしゃべりをしているときも、まったく違う目をしていて、それぞれがとても魅力的です。とても惹きつけられます!





香川愛生


『華麗なる勝負師の物語』2015年 F15号
背景には頂点を目指す象徴で富士山を、将棋を指す人、絶体絶命ピンチの絶壁のひとなどが描かれています。




href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160205/20/yukiarakawa0730/ca/36/j/o0649096013559242937.jpg">

個展案内ハガキDM
将棋ファンのデザイナーのY.A様にご協力いただきました。





『盤上の戦』F8号 2014年
香川女流の勝負服は『赤』!!だとおききしました。




逆転勝利 香川愛生


『逆転勝利の海』F10号 2015年かの有名な冨嶽三十六景の絵が反転して背景に描いてあります。
逆転勝利は将棋ではしばしばみられます。そのひらめきの時を描いてみました。

資料協力いただきました直江雨続様、皆様、ありがとうございました。


番組内容などに関してはまたのちほど!!
今回の取材でますます香川女流のファンになりました。
新作では大きな作品の香川女流を描きたいと思案中です。

Ameba人気のブログ