ルカがくれたもの | kazu&yuki I love DANCE❗️

kazu&yuki I love DANCE❗️

JDSF-PD所属の現役ダンススポーツ選手です!ダンススポーツを拡めたい社交ダンスを拡めたいブログを通じてダンスの良さをお伝えしていきたいと思っています‼️

引越し前はこちら⬇︎
https://blogs.yahoo.co.jp/sattekydance

イメージ 1

先日ルカのレッスンについてカズが記事を書きましたが
なかなか好評だったようです(笑)

昨日のワークショップでも朋美先生から
ルカにブログのことを伝えたらとても喜んでいたと伺いまして
こちらとしてもその10倍くらい嬉しいです(笑)

さて。

私も実はたくさんルカからもらったものがありました。

カズがピックアップした

TRY
DO
Iam

は、まさにカズにとってはうってつけの
まさに今これに気づかないとあんたは一生このままだよという
ブレイクスルーポイントでした。

私は
私にとってのブレイクスルーポイントになった
ルカからのメッセージをお話してみたいと思います。

今回初めてのレッスンでしたので
ルカは何度も「初めてレッスンするから」と言いました。

なぜ自分のレッスンを受けようと思ったの??

(カズ、すぐに答えられずモゴモゴしてる!!
私耐え切れずに一言「大好きドキドキ」)

何を困ってる?
どんなヘルプが欲しい?

私はタイミングが悪いと答えました。

(この時点で朋美先生の通訳のありがたみをかなり感じる)(笑)

その後お互いの年齢の話なんかして
ちょっと空気が和んだ後
フォックストロットを1周踊りました。

ルカに会うまでそれはそれは緊張してました。
踊り始めるまでも胸がドキドキしていました。

でも不思議でした。

少し遅めのフォックストロットがかかり
「あー音楽遅いー。カズ、音楽に乗れるかな」と
心配しながらポジションに入ったら

なんか、柔らかい??雰囲気ある??
???なんだかわからないけどゆっくりの曲に
かなり頑張らなくても乗って踊れて
ちょっとSFの雰囲気出せてるんじゃん!と
思ったらかなりリラックスして踊れたんですよね。

考えたらこれからして奇跡なんですよね(笑)
ルカマジック(笑)あの空間そのものがルカになってたんですね。



そしてここでルカが放った魔法の言葉。

「悪くない。好きなフィーリングだよ」

この瞬間私の周りにはバラの花が咲いたのでは??
と思うほど顔が高揚するのを感じました(笑)

二人で顔を見合わせ無言で「良かったね」と。

そしてそのあと
ルカはカズに
君の優先順位の一番は?と聞きました。

モジモジ・・モゴモゴ・・(笑)
そしていつものように私を見てる(笑)
(あなたがあなたの言葉で答えなさい!!)

カズはホールド・・・姿勢・・・・シェイプ・・
これがキレイであること、大きく見えること
と答え

ルカは私を見て「君は?」と。

私は一言。

「音楽」と答えました。

カズにとってスタイルは結構なコンプレックスで
脚が短い、腕が短い、あたまがでかい・・などを羅列し
だからルックスには相当憧れてるというような補足をしました。

ルカはこれについては

自分の努力でどうにも変えられないものに
こだわる必要はないと言いました。

考えたら簡単なことですが
これがほかの人に言われたんじゃだめなんですよね。


そしてルカ自身がそうしたものにこだわらず
人に勝てる部分を極めたからスペシャルになったんだと言いました。

すべて大きくうなづくしかないお話です(笑)
でもこれもルカが言って
ルカから聞いたから意味があった。


そして。

そのあと。

ルカはオープンメッセージと
隠されたメッセージという話をしました。


私はこのルカの話を聞いて
私たちが今まで散々苦しんで来た不協和音の根本が
はっきりわかったのです。


要約すると・・・

口で言っている「こうしたい!」と伝えてる言葉が
オープンメッセージ。
それに対して心の中で無意識に思っている
隠されたメッセージ。

私が分析するにカズの場合だと

「ここはこうしたい!」

(けど・・・これはブロークンでは??)
(こうしたいけど力を入れちゃだめだ・・・)
etc・・・etc・・・・とにかくこれが多い(笑)

そしてルカは
人にはこの隠されたメッセージが伝わるんだと言いました。

このことは
レッスンが終わって練習してより確信しました。

私がなぜ
カズが一生懸命になればなるほど、
私のこうしたいに答えようとすれするほど、
気分が悪くなるのか。
多少踊りやすくなってもけしてOKを出さなかったのか。

全部この隠されたメッセージだけが
伝わっていたからなんですね。

ルカはトライしなきゃいけないことは
踊り終わってから考えろと言いました。

まさに私はそのタイプ。
踊っている最中は何が起こるかわからない
ワクワク感だけで踊りたい。

多少のミスバランスなんかなんでもない
それさえもチャンスにすることが面白い。
そういう踊り手なんです。


ここが。
カズと私の間にある壁でした。

そしてその隠されたメッセージは
オーディエンスにも伝わると・・。
オープンメッセージよりもより強く伝わるんだと。

そしてレッスン後の練習でルカマジックが消え(笑)
いつもの消極的なカズに戻りそうなときに
この話をカズにしました。

2人で大きく納得した瞬間でした。

いつも彼の潜在意識を指摘しても
「違う!」と言ってなかなか受け入れてくれませんでした。
(これは表面上は受け入れているように見えても
受け入れていないのが私にはわかるのでさらにムカつきました)

これもやはりルカが言わなければ駄目だったんですね(笑)

それがルカの力。
スペシャルな人間の力。

私は人をほめるのが苦手な人間です。
カズのこともけしてほめません。
本当はこれがうまくできれば違ったのかもしれませんが
私は自分の気持ちに正直に動くことしかしたくないので
これについて一切努力しませんでした。

でもこれでこの努力はいらなくなりました。

隠されたメッセージが伝わってるよと
あなたがやりたいと言ってるのは口ばっかりだよと
そう言えばいいようになりました。

そしてこれは私がカズのネガティブ思考に浸蝕されないためにも
大きな効果があった気付きでした。

このオープンメッセージと隠されたメッセージの話のあと
カズが記事に書いた

TRY
DO
Iam

の話をしてくれたのです。

たった1回のレッスンで
カズの潜在意識、私との関係、カズに足りないもの
何もかもを見抜かれてしまいました。

すごい人でした。

初めてだからテクニックの話はしないと。

お互い知り合わなければ無駄になる。

「今日のこのことを君が身に付けて来たら
次回はまた別の話をしよう」

最後にルカはそう言ってレッスンを終えました。


カズが変わって
またルカのもとに来る。

私はそう強く思ってスタジオを後にしました。

彼と再会するのが今から楽しみで仕方ありません(笑)

イメージ 1