LUCA MAGIC! | kazu&yuki I love DANCE❗️

kazu&yuki I love DANCE❗️

JDSF-PD所属の現役ダンススポーツ選手です!ダンススポーツを拡めたい社交ダンスを拡めたいブログを通じてダンスの良さをお伝えしていきたいと思っています‼️

引越し前はこちら⬇︎
https://blogs.yahoo.co.jp/sattekydance

ご無沙汰しておりますカズです。

本日行ってまいりました、グレートチャンピオン
ルカ バリッキ先生のレッスン。

今日のご報告記事は、カズが担当してみたいと思います。


ルカのオーラ凄かった。

今回は、家泉朋美先生が通訳をしてくださったので
今ままでの外人レッスンよりも数段会話が出来ましたし
テクニックではなく、メンタル面のお話を沢山する事が出来ました。


僕の目を見て話してくれるのですが
凄まじいオーラで圧倒されっ放しでした。

種目はフォックストロットを見てもらいました。

これは僕もユキも一致していました。
やっぱりルカのレッスンならまずはフォックストロットかなと。

聞いてませんがユキもそんな思いではなかったのかなと思っています。



まず1周音楽に合わせて踊りました。


自分的には色々事に意識が周り
やりたい事がかなり出来たかなという感覚でした。

こんな感じの踊りでどうでしょうか?
とルカの顔を見ました。


ルカは

悪くない。
好きなフィーリングだよ。と。

よし!これは良いんじゃないかと
心の中でガッツポーズしていました(笑)


ところが次の言葉で驚愕しました。

やろうとしている事を考えながら踊ってるでしょ?

とルカは言いました。

えっ?考えてますよ。

あそこはこうして、ここはこんなふうに.
全体的には腰が抜けないようにとか。


考えた様になかなか上手くいったのですが駄目なんでしょうか?

僕はこんな思いでした。

ルカは続けて、考えながら踊ってるから
伝わってくるものが無いと。

やりたい事は理解できるけど、伝わってこないんだと。

そう言いました。

ガーン。

頭を打ち抜かれました。

たった1周見ただけで僕の本質
考えていることまで全て分かってしまいました。

流石グレートチャンピオン。
全てが見えてしまうのですね。


これは常日頃ユキに指摘されてた事なのですが
なかなか自分自身では理解出来ない部分でした。


ここから今日のレッスンは、メンタル面のレッスンになりました。


ルカ曰く、メンタルには3つ有ると。

1つ目は、TRY。やろうとする。
2つ目は、DO。 やっている。
3つ目は、I am。自分自身。


この3つだと。

どれも良い風に感じられるでしょ?

正解は、TRYは最悪。

DOはまあそれよりはまし

1番目指すべきは、I am だと。これが最高。

なんのこっちゃですよね?(笑)

要約すると、TRYはやろうとしているから
頭の中ばかりで動いていて、実際は身体には伝わらない。
だから悪いのです。

DOは考えると同時に今やっているので
まあTRYよりはまだまし。

頭と身体半々てとこですかね。

そして最高のI am。自分自身。

自分自身そのものがフォックストロットだと。
自分自身そのものがストロングなんだと。

つまり自分がなりたい自分になりきる、
踊り出す前に頭を使うこと(イメージする事)は完了していて
なりきった自分で踊る。

つたない文章力で上手く伝えられているのか不安ですが
こういう事なのです。


僕はTRYにどっぷり浸かっていました(笑)

そしてユキに出来てないと言われるほど
もっとやろうもっとやろうとはまって行ってたんです。

どおりでユキと話が合わないわけですね。

だって3つ目を求められているのに
1つ目を一生懸命やってたんですもんね。

考えて見ると、ずっと言われていたんです。
ユキにも、阿波先生にも。

頭を使っているうちは出来るようにならないと。
この事なんですね。ほんとに目からウロコです。

実際にルカからI amになってやってみろと言われて踊ってみると
なんと頭も身体も軽いことか。

こんなんしてみちゃおうかなとかこんな音楽どうかなとか
アイデアまで勝手に浮かんでくるんです。

そして、その踊りに対してのユキの反応も上々。

なんと通訳して下さっている朋美先生にまで
おー全然違うよ。と言っていただけました。

これは本当にルカマジックですね。
正直テクニックは何一つ教わってません。
メンタルだけでここまで変われるのか、魔法のようです。

それと同時に、メンタルの重要性をはっきりと認識させられました。

また、I amになる為には自分の外からのもの
例えば一緒に踊る選手の存在やジャッジの目、
更に床の滑り具合など
そういう外的要素は受け取らない事。感じない事。

周りから感じないで、自分はどのように踊りたいのか
どうしたいのかだけを選択して行くこと。
これも大切だと教わりました。

今回今までの解決出来なかった問題が
一気に取り払われたようなレッスンになりました。

ルカが誠心誠意僕に伝えようとしてくれたからだと思います。

本当に受けて良かったです。

それから、ルカとここまでしっかりと話が出来たのも
朋美先生が通訳をして下さったお陰です。

本当にありがとうございました。
次の時も宜しくお願い致します。

今度は11月に来るそうです。

日程が合えば是非受けたいと思います。
今度はどうな事を話してくれるのか、本当に楽しみです。

ユキと阿波先生が口をすっぱくして言っていた事が
少しは理解出来たように思えます。

今回のレッスンを期に一皮剥けるように
I amを追求してみたいと思います。


高橋 一昌

イメージ 1

追記・明日の9/30と10/3の2日間。ルカのワークショップ開催します。
両日とも2人で参加できないので申し込まなかったのですが
今朝朋美先生からルカから「ワークショップに来るように伝えて欲しい」
と言われたとメッセージいただきカズだけ受講してきます!
ルカが先生たちの踊りに興味を持ったみたい…とありました。
嬉しー(T ^ T)

このワークショップは競技選手ならソロでも参加OKですので
希望がありましたらお問い合わせください。