動画更新、そして2020年からの新たな挑戦!! | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2019-02-22 13:53:11

動画更新、そして2020年からの新たな挑戦!!

テーマ:ブログ

ジャンプライズTVに最新動画をアップ致しました。

 

湖のような海面からモンスターヒラスズキが炸裂。パワーフィネススタイル攻略。

 

https://www.jumprize.com/jumprize-tv-1/

 

ベイトの有無にもよりますが、タックルや考え方の進化で凪でもハードプラグでヒラスズキを狙って獲る事が出来る時代になりました。

仕事や家族の関係で釣行日が限られてしまう方は天候や海況を選ぶ事は出来ません。

発売はまだ先になりますが、オールウェイク105パワーフィネスのポテンシャルは本当に素晴らしいものがあります。

 

オールウェイクシリーズですが、110スーパーマルチ、107ハイパーフュージョン、そして105パワーフィネスで完結します。

 

110スーパーマルチ 4月末

107ハイパーフュージョン  10月末

105パワーフィネス  2020年3月予定

 

105パワーフィネス、ベースは既に完成しております。

この105パワーフィネスでオールウェイクとして私が今作りたいものは全て作り終えました。

原材料が進化し、大きく性能が向上出来ると感じられるまで次のモデルは作りません。

それだけ今の構成には絶対の自信を持っています。

 

年内にジャンプライズ自社製造工場がついに完成します。

このタイミングで2020年から大きな挑戦をします。

今までは私の作りたい物だけを原材料に一切制限をかけずに自由に開発して来ましたが新たな挑戦が始まります。

 

話は変わりますが、私はシマノ社のツインパワーが大好きです。

ステラの6割程度の価格で購入できるにも関わらず、超高性能。性能的に言えばステラの90%は実現している。

これは本当に凄い事だと思う。

GTもキハダもヒラマサもヒラスズキも・・・ステラの方が良いには決まっているけど、ツインパワーでも不満に思う事はなく全然獲れるし耐久性も高い。

この素晴らしさを伝えたく、私はツインパワーSWを使い続けています。

 

オールウェイクは制限をかけずに製作した竿。原材料が高いからどんなに頑張っても60000円が限界。

私が次に目指すのは、比較的購入しやすい価格帯なのに性能は非常に高く誰もが安心して使用できるツインパワーSWのようなロッド。

 

全工程国内生産でブランクス性能は可能な限りオールウェイクに近い構成を採用。

ガイドはSIC、リールシートは特注ではなく富士工業のDPSの既製品。

 

試作のイメージでは↓

 

破断強度 オールウェイクと比較し95%

感度    オールウェイクと比較し90%

操作性   オールウェイクと比較し90%

 

8.5フィートのパワーフィネス~107モンスターバトルまでのコストパフォーマンスモデルを7機種試作し、価格帯は32000~39800円で抑える予定です。

海外生産ではなくもちろん全工程国内生産。

 

昔は高弾性派だった私ですが、2013年にあるきっかけで中弾性ロッドの長所に魅了され、とことん追求してから早6年が経ちました。

試作数に比例して知識は増え続けます。

もっともっと中弾性ロッドの素晴らしさを色々な方に体感して頂きたいという気持ちが強くなりました。

突き詰めれば突き詰める程、中弾性は本当に最高の素材なんです。

 

決められた枠の中で最高の物を製作する。

今はワクワクの毎日。開発者として次の新たな楽しみ方かもしれません(笑)

 

 

1550810771363.jpg1550810693057.jpg

 

 

DAM精密採点DXG100点シリーズ

 

アンパンマンたいそう  ドリーミング

木蓮の涙  スターダスト☆レビュー

 

 

※インスタグラムの方ではフィールドテスト含めた最新情報を公開しております。

jumprize_inoue_official

よろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上友樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ