好調にテスト進行中です。 | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2018-11-27 16:08:32

好調にテスト進行中です。

テーマ:ブログ

 

11月25日にイシグロ中吉田店様で開催されましたジャンプライズイベント。

貴重な連休にも関わらず、お越しくださった皆様。ありがとうございました。

多くのお客様が最後まで残ってくださり、大変盛り上がりました。

感謝の一日でした。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

磯からヒラスズキ、青物を相手に様々な実釣開発テストを進めております。

様々な取り組みをしており、新ジャンルルアー、特殊設計ルアー含め、現段階で公開出来ない事が非常に多いです。

全アイテム非常に順調で、ぶっ飛び君75Sに採用した新機能に関して言えば従来獲り切れなかった魚の何%かを確実に獲っていける性能を持ち合わせています。

従来業界には全くなかった考え方と構造ですので、小型回遊魚~大型回遊魚、港湾シーバス~ヒラスズキまで・・・おそらくかなり幅広い分野で活躍するのではないかと考えております。

 

 

 

 

ヒラスズキは大時化よりも適度な波が一番釣れます。

最近は凪気味の風のある日が大好きです。

 

凪で適度な風があれば、やはりプチボンバー70Sが一番釣れます。

適度とは体感で5~8mくらいまでの範囲でしょうか。

上記の魚は全てプチボンバー70Sで獲った魚達です。

使用ロッドはオールウェイク110スーパーマルチと105パワーフィネスを状況に合わせて使い分けテストしております。

 

ぶっ飛び君75Sで釣った魚達の公開は現段階ではNGです。

特殊設計は拡大して見ればすぐに分かってしまうので。

プチボンバー70Sとぶっ飛び君75Sの使い分けで攻略範囲は大きく広がりました。

 

少しウネリを伴う凪や、風が8m以上吹く日はプチボンバー70Sよりもぶっ飛び君75Sの方に分があります。

 

 

 

 

上記の魚達は全てオールウェイク105パワーフィネスで仕留めた魚達です。

ルアーは全てプチボンバー70S。

ぶっ飛び君75Sの画像の公開は来年春までは控えます。

モザイクかけるとせっかくの格好良い魚の顔が死にます。

それが大嫌いなのでやりません(笑)

 

105パワーフィネスですが、110スーパーマルチよりも更に繊細なティップを採用していますので、凪の状況下では滅法強い。

逆に風のある日にコントロール性能を高めるのであれば110スーパーマルチの方が良いかなと思います。

 

105パワーフィネスは凪の日のサーフゲームで最強の武器になりそうな予感。

あと究極のショア真鯛ロッドになると思います。

プラグで真鯛を狙う際はメタルジグや鯛ラバ系のフックが組み糸タイプの物と同じブランクス構成では絶対に駄目です。

 

 

 

 

 

スーパーシャローでは、やはりポポペン95Fは強い。

シンキングスイマーを入れられない水深80センチ程度のポイントでは、これしかないです。

105パワーフィネスはとにかく乗りが良い!

ティップ構成は本当に大事で、ちょっとした構成の差が実釣では大きな差になります。

 

人によって考え方はもちろん異なりますが、現在の私の中での結論は最新の樹脂技術で構成された30tメイン構成の中弾性ロッドが外洋では一番だと思います。

今はもう中弾性メイン構成のロッド以外は考えられません。

一昔前とは考え方も釣り方も全てがガラッと変わりましたが結果が伴っていますからおそらく現段階ではこれが正解なのでしょう。

 

引き続き開発テスト、進行させていきます。

 

 

 

 

1543301894841.jpg1543301857526.jpg

 

 

DAM精密採点DXG。

新しい100点シリーズ。

 

home 木山裕策 

空と君とのあいだに 中島みゆき

 

 

※インスタグラムの方ではフィールドテスト含めた最新情報を公開しております。

jumprize_inoue_official

よろしければ見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上友樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス