凪の中、ヒラスズキ実釣テスト。 | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2018-04-08 10:15:28

凪の中、ヒラスズキ実釣テスト。

テーマ:ブログ

少し風が吹いたので製品版のオールウェイク106モンスターバトルLIMITEDのテスト。

波高は0.5m予報でしたが、風が6~7m程度吹いたので、風表面のシャローエリアの薄いサラシを狙ってみました。

 

 

状況的にはご覧のような状況。

波が薄い状況時にヒラスズキ狙う際はシャロー+スリットを強く意識する事が重要です。

地形に着いているヒラスズキに対して、薄いサラシが発生するタイミングを合わせて小型のルアーを送り込む。

通常のミノー攻略では口を使わせるのは困難ですが、プチボンバー70Sやポポペン95Fであれば攻略する事が可能です。

根掛かりが多発してしまうような水深1m以下のポイントはポポペン95Fの独壇場。

水深が1m程度あるのであればプチボンバー70Sを流し込むのがベストです。

 

 

 

波、流れも足りない状況ではありましたが、プチボンバー70Sを居場所まで送り込む事でヒラスズキを複数キャッチする事が出来ました。

凪の状況下であっても、ベイトが絡めば120mmを越えるルアーでも反応します。

しかし今回はベイトの存在はありませんでしたのでやはりプチボンバー70Sのサイズ感と浮遊感が求められました。

まだまだ定着していないスモールシンキングスイマーを使ったヒラスズキ攻略ですが、非常に可能性を秘めた攻略法です。

 

製品版のオールウェイク106モンスターバトルLIMITEDはイメージ通り、きっちりとプチボンバー70Sを操作出来ました。

硬く曲がらないヒラスズキロッドでは10g程度の小型ルアーをイメージ通りに操作する事が難しいと思います。

凪だから釣れないではなく、凪で難しいヒラスズキをフィネスに攻略する楽しさを覚えるとヒラスズキゲームは更に楽しくなると思います。

 

 

【使用タックル】

 

オールウェイク106モンスターバトルLIMITED(ジャンプライズ)

ツインパワーSW4000XG(シマノ)

ヴァリアントPE1.5号(エクリプス)

D-SPEC30ポンド(YGKよつあみ)

ジャンプライズコンビリング#3(ジャンプライズ)

 

 

※インスタグラムの方では一足先にフィールドテスト含めた情報を公開しております。

jumprize_inoue_official

よろしければ見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

井上友樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。