バックアッパー95Ⅱの製品版テストで良型青物。 | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2018-04-04 08:00:00

バックアッパー95Ⅱの製品版テストで良型青物。

テーマ:ブログ

イベント&開発期間も終了し、4月からは実釣テスト期間に突入。

無風、ベタ凪だった為、バックアッパー95Ⅱを持ち、地磯をランガンしてきました。

 

私は沖磯よりも地磯ランガンスタイルが好きです。

朝から晩までノンストップで地磯を歩き、一日の平均は約25000歩になります。

魚を探して歩く事の面白さ。

見つけた時の苦労が報われた感、また嬉しさは格別です。

 

 

 

 

このエリア一帯の状況はあまり良くないとの話でしたが、ランガン中に運良く青物の群れに遭遇できました。

歩いた甲斐がありました。

バックアッパー95ⅡにPE2号、リーダー40ポンドシステムで良型青物を相手に何処まで負荷をかける事が可能なのか?

潜らせて方向転換させないよう、一気に水面まで浮かせ、ロッドを立てたまま空気を吸わせ弱らせてしまうファイトスタイルを実践しました。

地形が難しいポイントほど、このファイトスタイルは有効だと感じます。

映像で確認しましたが、この時の5~7キロサイズでファイト時間は12秒~25秒でした。

結束さえ完璧であれば今のPE2号(※YGKウルトラキャストマンフルドラグ使用)は本当に強いです。

 

 

 

 

良型のヒラマサ、ブリがララペン150Fに炸裂。

開発中の試作シングルフック、また試行錯誤中の新シングルフックシステムが抜群に有効でした。

良い群れを捕える事が出来、素晴らしいテストになりました。

食べる分だけキープし、他はリリース。

 

グリップ脱着システムだからこそ可能な急角度ファイト、敢えての無理な抜き上げ等、様々な検証が出来ました。

今回の模様はバックアッパー95Ⅱの発売前に動画にて公開致します。

 

【使用タックル】

バックアッパー95Ⅱ(ジャンプライズ)

ツインパワーSW5000HG(シマノ)

ウルトラキャストマンフルドラグ2号(YGKよつあみ)

D-SPEC40ポンド(YGKよつあみ)

ララペン150F

 

 

春のベストシーズン、まだまだ各地を転戦し試作した様々なアイテムの有効性を検証していきます。

 

 

井上友樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。