サーフゲーム用シングルフックの開発。 | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2018-03-04 09:00:00

サーフゲーム用シングルフックの開発。

テーマ:ブログ

サーフゲーム専用シングルフックの開発を進めております。

磯に比べ、サーフゲームはフックがボトムに多く干渉します。

エサ針の代用ではなく、専用設計フックが必要だと感じています。

 

 

 

 

 

初公開になります。

通常サーフ用のシングルフックがようやく完成致しました。

ボトム干渉によるフックポイントの劣化を防ぐため、フックポイントを内側に入れ込んであり、組み糸の長さで理想の傾斜角を出すためにシャンクは短い形状です。

線径は1.35mmに設定いたしました。

ジャンプライズトレブルMMHと同等の耐変形強力がございます。

 

※ジャンプライズトレブルMMHはがまかつ社に設計を依頼しております。MH線材と比較し線径を116%アップ、またフックポイントを内側に入れ込む事により検証比で125%線材90度角度相当の耐変形強度を持ち合わせております。(※がまかつ社のMH線材との線径比較、上記耐変形強度の比較の記載に関してですが、開発に着手した段階でがまかつ社弊社担当より正式に比較の公開、掲載許可を頂いた上で発表をしております。)

 

 

 

 

 

また対ヘビーボトムサーフ用のシングルフックの開発も進めております。

画像はテスト中の物です。

線径は変えずにフックポイントの入れ込みを大きくすることにより更にボトム干渉によるフックポイントの劣化の抑制が期待できます。

実際に大きな効果を発揮、体感しております。

しかし角度をきつく設定した場合、浅いバイトに対してのフッキング率が下がってしまう傾向にあります。

深いバイトに関しては一切影響を感じませんが、小型サイズの軽く早いバイトに対しての対応力が下がってしまう感は否めません。

ヘビーボトム用のシングルフックは更に深いテストが必要です。

シーバスロッドの硬度レベルで使用した場合、ジャンプライズシングルフックは真鯛や10キロサイズまでの青物にしっかりと対応できる強度があると感じています。

青物タックルでの使用は一切考えておりませんのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストは様々な魚種を相手に行なっております。

使用条件はドラグ値1.5~2.3キロ負荷の範囲でモンスターバトルの硬度レベルでまでの使用では変形や折れは現在ございません。

 

飛びキング105HSのテール2本セッティングをメインに考えて開発しておりますが、チャタビー85のテール1本アシスト、ぶっ飛び君95Sやかっ飛び棒130BRのシングルフック仕様にも完全対応させるべく調整を行なっております。

メタルジグのテールフックにも良いのではないかと思います。

 

組み糸&リング構成に関してはほぼ決定しておりますが、春のテストで最後の詰めをしっかりと行ないたいと考えております。

 

インスタグラムを始めてみました。

今後、当ブログは開発テストやお知らせに絞り、日常の出来事はインスタグラムの方でアップしていきたいと思っております。

是非覗きに来てくださいね。

 

 

井上友樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。