オールウェイク99モンスターバトル、テスト順調♪ | 井上友樹のJUMPRIZE日記
2017-03-27 08:00:00

オールウェイク99モンスターバトル、テスト順調♪

テーマ:ブログ

 

年内発売を目標にしているオールウェイク99モンスターバトルのテスト釣行。

 

 

 

 

 


このロッドに求めているコンセプトは難易度の高い地形における接近戦攻略です。

ぶっ飛び君95Sやかっ飛び棒130BR、そして飛びキング105HSを使用した遠距離攻略を重視するシチュエーションにこのロッドはあまり向きません。
飛距離を求めるのであれば105マルチや108モンスターバトルのロングレングスロッドを使用した方が当然有利になります。

ただし、全国各地の様々な地形を見ていくと遠距離戦がほとんど必要なく接近戦のみで勝負が決まる地形は多い。


このようなフィールドでは狭いスポットの中で小さいルアーから大きいルアーまで幅広く、イメージ通りにルアーを運ぶテクニカルな釣りが求められるのでロングレングスはマイナスになってしまう事が多々あります。

難しい地形の接近戦では勝負を一気に決めてしまえるロッドが理想です。


求めた要素は下記の通り。

1.小型ルアーも扱える繊細さ。
2.ブレのないピンキャンティング能力。
3.ヒラスズキの大型、青物の中型を余裕を持ってリフト出来るパワークラス。

 

上記3要素の融合です。


オールウェイクに採用している構成の特性上、魚が掛かれば曲がり込みます。

99モンスターバトルはシャープさを強く実感でき、また反発力を強く感じるブランクスなのですが、相反して綺麗に曲がりこむ。

もちろん魚もバレにくいのが魅力です。

油断が許されない手強い接近戦での究極系ロッドを求めて設計しました。

今回のテスト釣行も近距離戦で難しい地形を数ヶ所セレクトしてじっくり進めてきました。

 

 

 

 

 

 

 

ピンスポットからベビーロウディー95Sリアルイワシで腹パンヒラスズキがポンポンと3連発!

 

ベビーロウディー95Sはシンペン使う感覚でゆっくり漂わせる事が出来ればオンリーワンの武器になります。

 

グリグリ巻いたら駄目よ。フックはMMH#3に変えてあります。

ちょい魚が少ない状況でしたが、居るところには居ました。

 

 

 

 

 

 

波がなくてポポペンにも出ない状況でチャタビー85ブルピンイワシをボトムまで落として巻いてきたら何とか一本食いました。

 

自分的に非常に満足な食わせ方でした。

定番のMMH#4にシングルフック仕様。

 

 

 

 

シャローエリアのちょい波のシチュエーション。

小場所なので30m投げれば十分。

 

ポポペン95Fでポツポツ水面炸裂たまにヒット!

 

6発出て2本だけ・・・(笑)

 

1mも水深ない場所なのでポポペン95Fが期待通りの活躍。

曇天だったのでレンズキャンディーグローベリーが良かった。

 

 

 

 

大きいのも釣れた♪

宴会用に持って帰ったら81センチ5.9キロありました。

 

ベビーロウディー95Sリアルイワシ。

 

産卵絡みのヒラスズキって強い流れを嫌う傾向があるからちょろ波の小場所で良くデカイの出るんですよね。

そんな時はやっぱりベビーロウディー強いんですよ。

 

 

 

 

 

 

50m先の払い出しを色々なルアー流したけど、食わなくて最後にぶっ飛び君ライト95SSのインナーグリッター入れたら一発で食った!!

 

これには大満足。

インナーグリッター、やっぱり低活性の条件不足でも効果ありますね。

 

ぶっ飛び君ライト95SSの再生産分は強化ホログラム、インナーグリッター製法を導入しリニューアルします。

5月に出荷予定です。

 

オールウェイク99モンスターバトルの最終テストは順調です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

井上友樹さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス