暮らしを楽しく哲学する
森のユカフェの友香ですニコニコ


チャクラを整える曼荼羅WSをオンラインにて開催中です。詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。



さて先日の夏至&蟹座新月の日に宇宙会議を開催しました。


数えていないのですが、おそらく10回以上は開催している宇宙会議。(今度ちゃんと数えてみよう!)



今回も久枝ちゃん、やまじゃ、私の3人で開催しました。3人での開催は4回目です。(写真は昨年1月の「宇宙トーク!」にて^^;)


宇宙会議で終始一貫して久枝ちゃんが話してくれる言葉。


自分がこの世界の創造主


大切なことがこの言葉にすべて集約されている気がします。


それを実体験とともに、今地球でどう実践していけば良いのかを心地よい波動とともにわかりやすく伝えてくれます。それはまるで宇宙学校の校長先生のようニコニコ(お気に入りのさくらんぼのポーチと💕)


一方やまじゃと私は宇宙学校の研究員ってところかな?笑


地球は宇宙の縮図という感覚があるのだけど、やまじゃ曰く地球は一度に多くの経験ができる宇宙でも人気の星。地球に生まれている魂はかなりの難関を突破してきたそうです。


宇宙における地球という視点でみたとき、地球はこれからまた「新たな段階」に入っていくのだろうと思います。


宇宙会議でも繰り返し語られてきたことだったのだけど、「よりクリアにより確実に」という感じがします。


外側に見えるものはすべてただの景色
そこにフォーカスをしない



今回の久枝ちゃんのお話しはさらに深く、「身近な人の死」がテーマでした。


身近な人の死を前に「怖れや不安」を感じない人はいない。ついあたりまえにそう思ってしまいがちですが、久枝ちゃんが実際にこの1、2ヶ月で経験したことはまるで違っていました。


それは怖れや不安の世界とはかけ離れた愛と平和とやすらぎと感謝に満ち溢れている世界でした。


あまりにも美しく完璧で、この宇宙会議のために経験してくれたの?と思うほどでした。


前回3月下旬に開催してわずか3ヶ月でこんな深い経験をし、それをわかりやすくまとめて話すことができることに衝撃を受けました。


一方思い出されるのは私自身の経験でした。
22年前に経験した母の突然の死に際し、あらゆるネガティブな感情を体験しました。


「怖れ」「不安」「悲しみ」「絶望」「後悔」「怒り」・・・。


まるで先の見えないトンネルのように長く向き合う経験をしましたが、きっとそのときの私がその世界を「創っていた」のだと思います。


そして、それはそれで意味があった。なぜなら私は母が亡くなるまで「生きること」に価値をあまり感じる事ができない人間だったと思うからです。


母が若くして突然亡くなることによって「生きるとは?」の問いを置き土産として置いてってくれたのかもしれません。


久枝ちゃんは身近な人の死を体験することによって「整えるということ」を存分に経験しやり遂げたのだなあと思います。同じことが起きても人によっては不安や悲しみでいっぱいの時間を過ごしていてもおかしくないと思うのです。


「整えるということ」を久枝ちゃんは「身近な人の死」を通して完璧にやりたかったのでしょう。


人の寿命はある程度決まっている
それを他の人が変える事はできない



本当にそうだと思います。


母が亡くなったとき、「もっとこうしていれば」「もっとああしていれば」と後悔の念が次から次にたくさん出てきました。でも、それは何の意味もないことでした。


もちろんそれをやることによって「意味がない」とわかる経験を私がしたかったのかもしれないし、同じような経験をした人の気持ちがわかりたかったのかもしれないけれど・・


ただ苦しむだけ苦しんだだけで誰の何の役にも立ってない。もし誰かの役にたつとするのなら、「自分が何もしてあげられなかったという自責の念は必要ない」「寿命はある程度決まっている」とはっきり言ってあげられることくらいかもしれません。


もし仮に私が亡くなり、身近な人が「もっとこうしてあげていたら」と悲しみに暮れていたら、私だったら「そういうの余計なお世話よ。あなた自身が幸せに生きて。そしてたまに思い出してもらえたら嬉しい」と思うような気がします。


少なくともこれからの地球ではかつて私が経験したようなことは本当に必要がない。ぶっちゃけてしまえば「古いやり方」なんだなあと思います。コロナはそういうものを一掃しろ!!と言っているようにも思えますびっくり


やまじゃ曰く「コロナは私たちがやり残した事に気づかせるためのもの」とのこと。


私にとっては怖れや不安を経験することで本当に生きたい世界に気づくという遠回りのやり方ではなく、自分が世界を創造するという新しいやり方を確定するためのものだった気がします。


外側に見える何かに意識を向けた瞬間自分からズレる感覚もより明確にわかるようになりました。以前よりも簡単に望みが叶うので、怖れや不安でいっぱいでもそれが叶ってしまうのですね。


「私がどうあるかがすべて」


見える世界は自分の内側の反映。
本当にそうだなあと思います。


やまじゃはこんな風にも言っていました。


コロナだと恐れとか不安とか人の感覚もみんな焦っているように見えるけど、それも1つの景色だし、焦ることが間違っているわけではないけど、自分は焦りの中で生きたいとは思わない。何を選択すれば今心地よくいられるか?を常に大切にしていきたいと思う。


何が正しくて何が間違っているという世界ではなく、自分が心地よいなあと思える喜び溢れる豊かな世界に身を置きたい。


それはどんな時も、どんな状況でも創ることができるのだなあと思います。


コロナによって世界は一変し、怖れや不安が一気に世界を覆ったようにも見えるけれど、その世界に意識を向けることがいかに古いやり方なのかも思い知らされたなあと思います。


どんなことが起きても私は私の世界を創ると確定する


少し前ヒーリングレッスンでも自分の中の「豊かな世界」を五次元の波動の中で観るという経験をしました。その世界は自分が三次元の世界で創造していたのとまるで違っていて、自分でも驚きでした。


私の中にこれほどの豊かな世界があったのか!!と。


宇宙会議のときはすっかり忘れていたけれど、今この記事を書きながらあの美しすぎる光景を今思い出しています。


宇宙会議後半は参加者さんに星のメッセージをお伝えしたり、クリスタルボウルの誘導瞑想やさくらんぼ&おやつタイムを楽しみました。



やまじゃは透視リーディングやチャネリングなど幅広くいろいろできる力を持っていて、手を見てリーディングすることもできます。今回は参加者さんのホロスコープから受け取ったこととチャネリングを組み合わせてお伝えしていました。


濃厚な3時間もあっという間。
次回は秋分の日前後に季節のフルーツ「ぶどう」を持ち寄って開催予定です。


宇宙会議、ありがとうございましたドキドキ



☆*☆*☆*☆*☆



虹森のユカフェオンラインメニューのご案内

クローバーfeelstarカード体験(60分3000円)

占星術のキーワード(10天体、12星座、12ハウス、アングル、アスペクトなど)をカードにしたfeelstarカードを体験して頂けます。オンラインでは私の方でお出ししたカードを画面でお見せし、一緒に読み解いていきます。

さらにfeelstarカードを使って占星術を深めたい方はfeelstarカード講座がお薦めです。

カードを並べてご自身の星を読み解き、星からのメッセージを人生に生かして頂けたらと思います。また付録のアストロダイスを使って気軽に占いもできるのも人気で、質問を作ってカードを転がし、カードを並べて読み解くだけで楽しみながら占星術を学ぶ事ができます。

お申し込みは、◎お名前◎生年月日(西暦から)◎出生時間(午前午後を明記してください)◎出生場所(市、区まで)◎ご希望の日時(平日、土日など)をお知らせください。








■個人セッション&レッスン他

■森のユカフェ販売品
ドキドキおうちあそびカード、陶芸雑貨、アートなどの作品はこちらで販売しております(2020年1月16日に新しいページを作りました。これから作品を増やしていく予定です。良かったらフォローお願いします。)


■森のユカフェ掲示板
ドキドキ森のユカフェメニューご予約可能日&イベントリクエスト可能日はこちら(最新スケジュールは直接お問い合わせ願います)
ドキドキLINE@登録はこちら

⇨期間限定メニューなどを不定期配信
ドキドキアストロ研究会HPはこちら
ドキドキアストロ研究会メルマガ登録はこちら⇨星のつぶやきやアストロ研究会スケジュールなどを月1〜2回程度配信


クローバー直接のお問い合わせはこちらへ
peaceflower831☆gmail.com(☆を@にかえて送信してください)


クローバー森のユカフェにご興味を持ってくださった方はこちらをご覧ください。



https://youtu.be/TKFE0gv3l7I

 

曼荼羅塗り絵と夏至図曼荼羅塗り絵のオンラインWSをグループでやろうと思っていてふと夏至図を見るとそのままが出てた!占星術師あるあるかな?星を先取り体質みたいです。リンクYouTube