↓↓↓就職人気ランキングはコチラの記事で確認↓↓↓

       就職人気ランキング

↑↑↑就職人気ランキングはコチラの記事で確認↑↑↑

$SKT88のぺぇじ-朝日新聞


朝日新聞社 決算発表(の代わりの記事)(↓クリックしてみてください)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100524-OYT1T00881.htm

--------------------------------------------------------------
朝日新聞社、営業赤字40億…3月期連結決算

 朝日新聞社が24日発表した2010年3月期連結決算は、景気低迷で企業からの広告収入の落ち込みが響き、本業のもうけを示す営業利益が40億円の赤字(前期は34億円の黒字)に転落した。

 営業赤字は、連結決算の公表を始めた00年3月期以降で初めてだ。

 税引き後利益も33億円の赤字(前期は139億円の赤字)と、2期連続の赤字だった。売上高は、連結対象から子会社が外れた影響などで前期比12・5%減の4702億円だった。

--------------------------------------------------------------
↓↓↓就職人気ランキングはコチラの記事で確認↓↓↓

       就職人気ランキング

↑↑↑就職人気ランキングはコチラの記事で確認↑↑↑


$SKT88のぺぇじ-ニトリ



ニトリ 決算発表(↓クリックしてみてください)
http://www.nitori.co.jp/ir/financial_information/6phc1300000001ea-att/20100329tanshin.pdf


□ 経営成績
--------------------------------------------------------------
(1)経営成績に関する分析
(当期の経営成績)
当連結会計年度における我が国経済は、政権交代による新たな経済政策が期待される中、雇用環境、所得環境の悪化や設備投資の低迷は依然続いており、状況は厳しさを増しております。
当家具・インテリア小売業界におきましても、消費者の節約志向と生活防衛意識の高まりなどから個人消費は低迷しております。また、業界の垣根を越えた競争が激化する中、価格や商品、サービスに対する消費者の選別がより激しさを増しており、経営環境は引き続き予断を許さない状況となっております。
このような情勢のもと、当社グループ(当社及び連結子会社)といたしましては、商品面での競合優位性確保に向けた海外からの開発輸入商品の拡大に引き続き注力するとともに、自社企画開発商品の品質向上へ向けて海外生産工場への生産管理の指導・教育を継続的に実施いたしました。また、9月に品質保証体制の整備を目的としてニトリメンバーズカードの導入を行い、カード提示による品質保証手続きの自動化を実現いたしました。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
商品面では、昨年度に引き続き2月、5月、8月及び10月に「追加値下げ」を継続実施し、より低価格で品質が維持された商品を提供し続けることで、お客様から支持を頂いております。また、システムキッチンの全国展開や小型家電の品種拡大を進めた他、ソーシング活動の一環としてインド等の国々の産地開拓を引き続き行いました。
広告宣伝活動としましては、全国ネットのテレビCM枠とチラシ紙面の販促企画を連動させた重点販売商品の集中訴求を行い、お客様の認知度向上と販売促進に関する費用の低減の両立を図りました。
店舗面では、関東及び近畿圏の更なるドミナント化を図るため、同地区を中心とした新規出店を行い、関東地区に7店舗、近畿地区に6店舗、東北、東海、九州地区にそれぞれ4店舗、北陸甲信越地区に3店舗、北海道、中国、四国地区にそれぞれ2店舗、計34店舗を新設いたしました。また、北海道地区で2店舗、近畿、九州地区でそれぞれ1店舗を閉鎖しております。これらにより国内店舗数は、平成22年2月20日現在で212店舗となり、経営の基盤は一層充実いたしました。今後も各物流センターを基点とした物流体制の効率化と新規出店を更に加速させてまいります。
また、海外出店として台湾の子会社(現地法人宜得利家居股份有限公司(出資比率100%))が新規に1店舗をオープンした結果、海外(台湾)は合計で5店舗となり国内外の合計店舗数は217店となりました。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
これらの結果、当連結会計年度の売上高は2,861億86百万円(前年同期比17.3%増)、営業利益は464億56百万円(前年同期比40.4%増)、経常利益は474億30百万円(前年同期比39.6%増)、当期純利益は238億38百万円(前年同期比29.9%増)となりました。
--------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------
(次期の見通し)
今後の見通しといたしましては、政府による景気対策の効果から業績の下げ止まり傾向が見られるものの、全般的に雇用や所得に対する不安が強いことから、大きな回復傾向は期待できず消費マインドは弱含みで推移するものと思われます。このような経営環境のもと当社グループは、より一層お客様の立場に立って品質、機能及び安さが維持された商品の開発と物流効率の最適化並びにお客様へのサービス向上に注力するためのマネジメント体制の改革を推進するとともに、経営基盤強化のため積極的な新規出店を行っていく方針であります。
通期の連結業績見通しといたしましては、売上高は3,158億円、営業利益は493億円、経常利益は506億円、当期純利益は288億円を予定しております。

--------------------------------------------------------------


□ 経営方針
--------------------------------------------------------------
(1)会社の経営の基本方針
当社グループは、家具・インテリア用品販売の小売事業を通して、より多くの人々にチ欧米並みの豊かな暮らしチを実現してもらうことを経営理念としております。
そのため、ナショナルチェーンの確立により、より多くのお客様に、品質が維持された商品をお求めやすい価格で提供すること、並びに住空間をトータルコーディネートする楽しさを提案することを基本方針としております。
(2)目標とする経営指標
当社グループは2012年までに、国外を含め店舗数340店舗を目標として積極的な店舗展開を進めてまいります。また、売上高経常利益率14%を目標として設定し、安定的な収益の確保を目指します。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
(3)中長期的な会社の経営戦略
当社グループは、「欧米並みの住まいの豊かさを、日本の人々に提供する。」というロマンを実現するために、「2012年(平成24年)340店舗、2016年(平成28年)500店舗」という店舗展開計画を柱とした中期経営計画を策定しております。中期経営計画の主な内容は、

①市場をリードする商品開発の強化と育成
②500店舗達成に向けた新フォーマット構築
③品質改革によるお客様満足度の向上
④商品供給システムの改革
⑤店舗オペレーションシステムの改革
⑥組織/マネジメント体制の改革
⑦戦略的事業分野の推進
⑧CSRの実践
であります。

当社グループは、以上のような中期経営計画の達成に向けた諸施策を実行することにより、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に邁進していく所存であります。

--------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------
(4)会社の対処すべき課題
長期的な経営戦略上、業界における競争力を更に向上させることが必要と考えております。
そのため、商品の調達から物流、販売といった一連の業務について、当社グループのマネジメント技術を計画的に高めることを課題としております。
また、将来的に多様な人材の確保・育成が必要となることから、評価・報酬・教育に関する総合的な人事制度改革も重要と考えております。
今後も、更なる業務システム改革及び商品情報・人材の強化を進め、競争に対処できるローコスト運営に努めてまいります。

--------------------------------------------------------------