ウズベキスタン料理いただく | 篠崎友華里のユカリイズム~yukarizumu~

篠崎友華里のユカリイズム~yukarizumu~

タレントを生業とする篠崎友華里の日々、興味のあることを「ゆるく」紹介するブログです。
犬と世界と日本のお土産がメインです。

先日、以前から気になっていた、名古屋で唯一のウズベキスタン料理レストランに行きました。

 

その名もTABASSUM(タバスム)です。

 

 

このお店、営業してるのが、金、土、日曜日だけなので、中々タイミングが合わなくて、やっと訪問出来た!

 

お目当てだったプロフは土日しか出していないみたいなので、サラダケバブセットをチョイス。

糖質は控えめにしたいのに、ドリンクはコーラにしちゃったよ。

 

 

ジューシーな鶏肉にソースが美味しい!

 

ケバブはウズベキスタンでもよく食べられているんだって~。

 

 

やっぱ、炭水化物が欲しくなって、ウズベキスタンのパン、ノンをオーダー。

 

このパンは、タンドール窯で焼かれる中央アジアではお馴染みのパン。乾山みたいなものでパンに模様を付けるのが特徴ね。

フランスパンとも違う、パリパリだけど、ちょっと重めのパンで美味しい。去年、訪問したウラジオストクでも沢山売られていて、その時に食べて以来、大好物なのよね。

 

タバスムさんのノンもまいう~~。

 

 

ゆかりちゃま以外はお客さんが全員、外国人だったのもあって、お店のオーナーさんがゆかりちゃまにお茶のサービスをしてくださった。

 

やった~~ウズベキスタンの綿花柄のティーカップに注がれたお茶だ~。

ウズベキスタンはお茶の国、チョイって言うみたいです。

 

 

しかも、ウズベキスタン名物、ドライフルーツ付き!

 

これはオーナーさんの実家で作られた正真正銘のウズベキスタン産のレーズン!甘み凝縮で美味しい~。

 

 

大須で長くケバブ屋さんをやっていたオーナーさん、ウズベキスタンの素晴らしさを名古屋の人にも伝えたいと、このお店、タバスムを名古屋の本陣にオープンさせたんだって~。

 

人懐っこいウズベクの人は、日本人とも相性いいと思うし、料理も美味しい!文化も素晴らしいので、お店にもぜひ、沢山の方に行って欲しいい。

また食べに行きま~~す。ごちそうさまでした!