ここにいて 優美に咲いてくれ | 続・ゆかりの被調教日記

続・ゆかりの被調教日記

ニューハーフヘルスグループ(旧:アルテミス・華月・艶嬢)にてキャストとして働かせてもらっている雌犬志望の仔犬な男の娘でニューハーフの卵である秋葉(あきは)ゆかりのブログです。
やらしいことからおかしいことまで述べるのでお気をつけください。


テーマ:

高田馬場店の雌犬志望の仔犬、秋葉ゆかりです。現在絶賛療養中です。

 

周囲に「はよ病院行け」と言われ早数日……。ようやく本日かかりつけの先生に診てもらいました。

べ、別にかかりつけ以外行きづらかったわけじゃないんだからね!///

 

3連休の発熱と、以降の下痢を説明してからの触診……///

いけないいけない職業病職業病。というかお腹だけですから!

 

結果はウイルス性の胃腸炎とのこと。なんとなくわかってました、だってわたし昔からストレス溜まるとお腹から免疫力落ちるんですもん……_:(´ཀ`」 ∠):_

 

というわけで復帰は最短で来週半ばくらいになりそうです。申し訳……申し訳……_(:3」∠)_

 

 

「ここにいて 優美に咲いてくれ」

 

数年前に動画投稿サイトで流行ったボーカロイドという音声合成ソフトを使用した、『グレイシア』という楽曲の一節です。というか楽曲の投稿日時を見てみると……!!!そんな前の曲だったか(@Д@;

 

 

歌詞はこちら

 

この曲を知った初めのころは

 

「排気ガス浴び続けてヒトリ
次第に朽ちてゆく この体」

 

「永遠の命なんてどこにもないけれど」

 

といった退廃的・刹那的な部分の歌詞や、メロディに惹かれて聞いていましたが、最近改めて歌詞をじっくり吟味していると自分に刺さってくるものが多いなぁと思うようになりました。

 

「街中はアスファルトで染まる
一輪の花も咲けやしない」

 

今の輝けてない自分と重なって見えてしまいますし、

 

「誰かの目に 映れるように
精一杯の笑顔を振りまくんだ」

 

努力しないと指名が取れない現実の厳しさも。

 

でも、マイナスばかりではないです。

 

「グレイシア いつまでもこの夢希望ない世界を
路上の片隅で照らしてくれ
永遠に君の願いは叶わないけれど
ここにいて 優美に咲いてくれ」

 

わたしの願いが叶うかどうかはともかく、私が今ここに居ていい理由があること、

 

「グレイシア 私に居場所を与えてくれた
愛も 希望も 夢も 全部、全部
その名前に込められていて
永遠の命なんてどこにもないけれど
明日の光を 見届けに行こう」

 

願い叶わずとも、明日の光(希望や幸せ?)を見届けに進んでいくべきだと、

そう教えられた感覚です。

 

 

 

復帰までもうしばらくお待ちくだされ……_:(´ཀ`」 ∠):_

秋葉ゆかりさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス